紳士的なブログです

by suzukick

カテゴリ

全体
浦和レッズ
浦和レッズレディース
サッカー
日々の泡
なでしこリーグ
スフィーダ世田谷
女子サッカー
海外女子サッカー
フットサル
未分類

以前の記事

2018年 08月
2017年 09月
2016年 06月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

リンク

フォロー中のブログ

NAKAZAWA SCの...

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧

巻き起こせA・RA・SHI J1第5節 磐田戦

b0162674_15513598.jpg


2013 Jリーグディビジョン1 第5節@埼玉スタジアム2002
2013年04月06日(土) 19:04 KICK OFF
観客数:23,295人

浦和レッズ 2:1 ジュビロ磐田
(得点者)
26分:前田 遼一(磐田)
77分:森脇良太(浦和)
90+2分:原口元気(浦和)

(浦和出場メンバー)
18 加藤順大
46 森脇良太
4 那須大亮
5 槙野智章
7 梅崎司 86分→14 平川忠亮
22 阿部勇樹
13 鈴木啓太
3 宇賀神友弥 67分→11 関口訓充
8 柏木陽介 73分→10 マルシオ リシャルデス
24 原口元気
30 興梠慎三
(SUB)
1 山岸範宏
6 山田暢久
2 坪井慶介
29 矢島慎也


この試合に対する一般的な興味は、爆弾低気圧による試合開催の行方と前田遼一によるデスゴールの行方。
浦和にとっては、ミッドウィークに喫した手痛い敗戦を切り替えることができるかどうかがかかった重要な一戦。

結果的に、試合前、試合中は通常レベルの悪天候(変な表現ですが^^;)。去年の鳥栖戦の方が天気も試合も荒れたなあ…

磐田は浦和のサイド攻撃を警戒してか、横幅ビッチリの5バックで守備を固め、GKの川口は貫禄のいやらしさ、ウマさを見せてくれました。
前半の山場(浦和的に)は、やっぱり興梠のPK。ここまで貢献度は高いもののノーゴールの興梠。スタジアムにいる全ての浦和人が初ゴールの瞬間を期待し、盛大な拍手で送り出します。それで余計緊張させてしまったのか、川口に完全に読みきられPKストップ。川口は跳ね返りまでもきっちりナイスセーブ。磐田自体はそれほど怖くなかったのですが、この守護神は別格。いなければもっと楽に勝てただろうな。流石です。
その後当然勢いにのった磐田は攻勢に転じます。そして、全国の皆さん(サッカーファンのみではない)が待望のデスゴール!がついに誕生!
前田選手も長いトンネルを抜けることができたせいか、心からホッとした表情。
まあ、予想通り世間ではこのゴールに大騒ぎでしたが、浦和側からするとまるで騒ぐこともなく…こういった時に喰らうのが浦和の芸風だしね。
前半はこのゴールが磐田唯一の枠内シュートだったそう。

後半開始時に北ゴール裏から興梠コールが!PKの時にしてやれれば、結果は違ったのかもとは思いましたが…それを言ってもね。
1点を追う浦和は、後半もポゼッションでは磐田を圧倒しますが、最後のところが…このまま水曜の二の舞となってしまうのか?
と思いきやいつものサッカーを続ける浦和。選手たちも焦れる気持ちはあったと思いますが、全北戦での焦りからくる空回りを教訓とし、粘り強くボールを回し続けました。
そして、波状攻撃から得たCK。デカい顔の男がやってくれました。前半の失点に絡んでしまった自らのミスを帳消しにし、自らの誕生日を祝福する森脇のゴール!
ここからは正に浦和劇場。仕込んだネタなどではなく、選手たちの熱いプレーとそれを後押しするサポーターの応援。埼玉スタジアムならではの光景。最高潮の時に、決勝点が生まれました。原口元気のループシュートが磐田ゴールに吸いこまれると、スタジアム全体が震えるほどの大歓声(2万ちょっとの観客なのに!)

しかし、元気はココぞという時に決めてくれる。ユースっ子贔屓と揶揄されるかもしれないけど、浦和の象徴に成り得る存在だよねえ。色々と未完成なところも、また魅力なんだよね。

その後のロスタイムがとても長く感じました。
それ以上に長く感じたのは森脇のヒーローインタビュー!顔はでかいし、うるさいし、話は長いし、ホントにウザいキャラクター!最高です(^^)

試合後、ハッピーバースデーを歌うように求める森脇を追い返し、スゴスゴ戻って行く姿を確認した後に♪ハッピーバースデーを歌い始めるクルヴァ。喜んで戻ってきた森脇にブーイングをあびせるなんて、さすがのツンデレぶり。
最高のひとときでした。
b0162674_15513668.jpg


MVPとしてビッグマックを手にしたのは決勝点を決めた元気でしたが、影のMVPは啓太かなと。
1トップ2シャドーに左右のWB、更に両サイドのCBまでが攻撃参加する今年のレッズ。
試合終盤に最後方から上がっていく阿部ちゃんの貢献度も素晴らしいのですが、ひとりで広いエリアをカバーし、時にはカード覚悟の激しいプレーで危機の芽をつぶす啓太の働き。これはもっと評価されてもいいんじゃないかなー

最後にデスゴール騒動について。サッカーファンが呑み屋で話すようなネタですよ、本来。
それを必要以上にマスコミが取り上げて、サッカーに興味のない連中にまで拡散するとは…前田選手が気の毒でした。プレーに支障が出るレベルの騒ぎってどうなの?ダメでしょヽ(`Д´)ノ
日本代表のヨルダン戦の敗因はコレだな(´・ω・`)
[PR]
by lifewithreds | 2013-04-08 14:15 | 浦和レッズ