紳士的なブログです

by suzukick

カテゴリ

全体
浦和レッズ
浦和レッズレディース
サッカー
日々の泡
なでしこリーグ
スフィーダ世田谷
女子サッカー
海外女子サッカー
フットサル
未分類

以前の記事

2018年 08月
2017年 09月
2016年 06月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

リンク

フォロー中のブログ

NAKAZAWA SCの...

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧

なでしこリーグの発展って

なでしこL・狭山、来季にもJ1大宮傘下に(スポーツ報知)

いずれこうなるのかなとは思ってましたが。

なでしこリーグをJリーグに組み入れた方がいいなんて言う人もいるんだよね。
Jリーグの女子チームで女子サッカーも安泰か・・・本当に?
そもそも、Jリーグの全てのチームで女子のチームまで運営しろといっても、その余裕を持ってるクラブがいくつあることか。結局、経営難→廃部の流れは変わらないような。

なでしこリーグがプロ化できれば、トップ選手たちのレベルも間違いなく向上できる。でも、トップ部分だけの改善を実現しても、そこに至る若い選手をどうやって育成していくのかが抜け落ちてしまったら、何の意味もないのでは?

今あるなでしこクラブをJクラブに移管するとか、女子チームを持たないJクラブに無理矢理チームを持たすよりも、今頑張っている地域のクラブを支援することによって、女子が安定してサッカーできる環境が作れれば理想的なんだけどなあ。
大きな問題としてある中学入学と同時にサッカーする場がなくなってしまうというのを回避しつつ、その先まで繋がっているクラブがいろんな地域に根付いていって、
トップリーグであるなでしこリーグはプロの選手達がプレイしてますよというのが夢も持てるし良いんじゃないかと思うんだけど。

そのために具体的にどうしたら良いのかってのは難しいんですがf^_^;)

そうそう、狭山の件。地元に愛される総合クラブを目指すとありますが、その場合の地元は「狭山市」ではなく「さいたま市」ってことなんでしょうね。
ということは、狭山市はクラブを失う事になる訳ね。
今までチームを支援してきたサポーターや地元の人達はどう思ってるのだろうか。
もともと大宮から監督スタッフが派遣されてきてクラブの雰囲気が変わって選手達にも戸惑いがあったり、入れ替わりがあったと聞くので、好意的に捉えている人ばかりではないんだろうな。

Jリーグクラブが女子チームを持つ事自体には反対しません。その余力があるところは是非やっていただきたいと思っています。確実にフットボール文化の幅が広がることになりますもの。
ただ、今まで頑張ってきた人達の思いをつぶすようなやり方は、ちょっと嫌だなあ・・・

自分も浦和レッズファミリーということで、レッズレディースの試合を見るようになった口なので、こういうお客をなでしこリーグに取り込むという点で、Jのクラブが女子チームを持つ意味はあると思うのですが、たまにレイナス時代から応援している人達にとって「浦和レッズレディース」はどう写っているのか考えてしまいます。移管が決まったときには、どんな気持ちだったんだろうって・・・

レイナス時代に運営のお手伝いをしていたという人と駒場で話したことがありました。
お客さんは相当増えたよねと感慨深げではありましたけど・・・実際今の状況をどう感じているのかまでは聞く事ができなかったのが、今思えば残念だな。

うまくまとまりませんが、みんなが幸せにサッカーできる(応援できる)道はないものですかね。
[PR]
by lifewithreds | 2012-01-14 00:30 | なでしこリーグ