紳士的なブログです

by suzukick

カテゴリ

全体
浦和レッズ
浦和レッズレディース
サッカー
日々の泡
なでしこリーグ
スフィーダ世田谷
女子サッカー
海外女子サッカー
フットサル
未分類

以前の記事

2016年 06月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

リンク

フォロー中のブログ

NAKAZAWA SCの...

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧

タグ:移籍 ( 17 ) タグの人気記事

いらっしゃいませ。大滝選手

景気の良いニュースのなかったレッズレディースから久々に明るい話題が

[ 大滝麻未選手 加入のお知らせ ]
このたび、フランスのオリンピック・リヨンに所属しておりました大滝麻未選手が浦和レッズレディースに加入することになりましたので、お知らせいたします。

【選手名】    大滝 麻未(おおたき あみ)
【生年月日】  1989年7月28日生まれ(23歳)
【出身地】   神奈川県
【身長・体重】 172cm/62kg
【ポジション】 FW
【背番号】   26
【サッカー歴】  港FC→横須賀シーガルズ→早稲田大学→オリンピック・リヨン(フランス)
【代表歴】    U-19日本女子代表、U-20日本女子代表、ユニバーシアード日本女子代表、
         なでしこジャパン(日本女子代表3試合出場)
【フランスでの出場・得点記録】
         2011-12シーズン 公式戦7試合出場、5得点
         2012-13シーズン 公式戦16試合出場、13得点
         2シーズン合計 公式戦23試合出場、18得点

【獲得タイトル】 
        ディヴィジオン・アン 2回(2011-12、2012-13)
        フランスカップ 2回(2011-12、2012-13)
        UEFA女子チャンピオンズリーグ1回(2011-12)
        国際女子サッカークラブ選手権 1回 (2012)

【プレーヤーとしての特長】
恵まれた体格を持ち、身体能力の高いポストプレーヤー。クロスに飛び込むプレーが得意で、得点力に優れる。

【本人コメント】
「浦和レッズレディースに加入することができ、光栄です。チームの力になれるよう全力を尽くしますので、よろしくお願いします」


大滝選手は早稲田大学ア女で活躍し、フランスのオリンピック・リヨンに加入した経歴を持つ優秀な選手です。
個人タイトルとして
・関東大学女子サッカーリーグ得点王 2回 : 2008年, 2010年
・ユニバーシアード得点王 : 2011年
を取った即戦力のFWといえます。

大滝選手はなでしこジャパンにも選出されてはいますが、なでしこリーグでの戦いは今回が初めて。
にもかかわらず、なでしこリーグが大滝選手のサイン入りポストカード(もちろんリヨンの)をプレゼントで配布したほどの逸材です。

プレーヤーとしての特長にも書かれていますが、サイズもありポストプレーもこなせますが、足元の技術も確かなものがあります。
海外での厳しい経験をベースに、チームを変革させる触媒としての役割も期待しています。
既存の選手も有力プレーヤーの加入に刺激を受けて負けないよう緊張感を高めてくれたらなあ…

しかし、浦和レッズレディースがこのような状況であるにも関わらず加入を決断してくれたことには、本当に感謝です。
盟友の高畑選手もいることですし、早くチームに溶け込むことを願っています。
[PR]
by lifewithreds | 2013-06-28 17:30 | 浦和レッズレディース

暮らしとバレンシア 岩倉選手バレンシアに移籍

浦女に大滝選手加入の記事をあげようと思ってましたが、移籍情報がバレましたのでこちらを先に。

2012/2013シーズン アトレティコ・マドリードでプレーした岩倉三恵選手は、2013/2014シーズンは、バレンシアCFでプレーすることになったとのこと。

<参考リンク>
スペイン語ですが記事です

こっちもスペイン語。レッズレディースでプレーしていたことにも触れられています

挑戦しつづける岩倉選手。次シーズンも楽しみです。
まずは、チームの信頼を勝ち取って出場を!
チームツイッターアカウント:@VCF_Femenino

この情報は、時々日記さんから直接聞いていましたが、クラブからの発表があるまで待ってと言われてました…(虚構です
[PR]
by lifewithreds | 2013-06-28 12:48 | 海外女子サッカー

移籍の噂(山郷、荒川)

ニッカンにこんな記事が
b0162674_12413016.jpg


記事には間違った箇所もありますが、チャレンジリーグのエルフェン狭山に山郷、荒川両選手が移籍とのこと。山郷選手はプロ契約で。
ちなみに、監督が松田監督になり、新練習場ができるのは狭山のことです。

プロ契約の資金は「ちふれ」さんからなのか、大宮からなのかはわかりませんが、この記事が本当ならば、来季昇格を目指す狭山は相当な覚悟を持っているということ。単純に戦力としての上積みのみではなく、2人の素晴らしい経験もチームに還元できる素晴らしい補強であると言えます。

浦和側からすると、チームを締めることのできる数少ない選手がいなくなるということの影響は大きいのではないかと考えます。実際、ヤナギ、山郷がいない時のチームは芯が通ってない状態にも見えます。昨年のリーグ最終戦、福岡に敗れて放心状態のチームはぼーっとしたまま片付けに入り、スタンドへの挨拶に来る気配もありませんでした。そこに声をかけ、選手たちを動かしていたのが、山郷選手でした。
自分たちで動けるチームになるには時間がかかるとは思いますが、矢野きょんに一層の奮起を期待するしかないですか。

とにかくまだ公式発表ではありませんので、他の選手の去就も含め、今後の動向に注目しています。
しかし、今まではこういった報道すら無かったのに、女子サッカーを取り巻く環境は本当に変わってきたんですね。
[PR]
by lifewithreds | 2013-01-11 12:52 | 浦和レッズレディース

岩倉三恵選手、アトレティコ・マドリードに移籍

■12.09.30 [ 岩倉三恵選手の移籍先について ]
2011シーズン、浦和レッズレディースに在籍しておりました岩倉三恵選手が、スペインリーグ アトレティコ・マドリードへ加入することとなりましたので、お知らせいたします。


浦和レッズレディースオフィシャルページに本日、上記のニュースが掲載されました。
長らく音沙汰の無かった岩倉選手の去就ですが、ついにオフィシャルに出ましたね。

どうやら背番号は12番のようです。早速試合にも出ているようで何より(´∀`*)ウフフ

岩倉選手の情報を知りたい方にオススメ
アトレティコ・マドリード女子のツイッターアカウントはこちら @AtletiFeminas
当然スペイン語です。興味のある方は是非。私はmitsueしかわかりませんでした(T_T)

公式Facebookページもありますよ。
https://www.facebook.com/AtleticodeMadridFeminas


b0162674_23114322.jpg


b0162674_12121015.jpg


個人的な思いですが、今の浦女の4-1-2-3(4-1-4-1)のインサイドハーフかウイングで岩倉選手を見てみたいですね~良いアクセントになると思うんですよ。
ただ、もう彼女は次のステップに向かったわけなので、そっちを応援しないといけませんね^^;

2013.06.28追記
暮らしとバレンシア 岩倉選手バレンシアに移籍 記事はこちら
[PR]
by lifewithreds | 2012-09-30 15:34 | 海外女子サッカー

あの人は今・・・

レポートを見ると、どのような検索ワードで弊ブログにやってきたのかがわかります。

ここ最近だと、こんなワードが

なでしこリーグカップ・・・なでしこジャパンで女子サッカーに興味を持った人。今見れるのは、なでしこリーグカップですよ。INACや湯郷ベルの試合もありますぜ。生の澤選手、川澄ちゃん、キャプテン宮間を是非その目で。

他には、選手名を検索していらっしゃる方が多いです。弊ブログは浦和中心ですので、浦和レッズレディースの選手名がほとんど。

猶本光・・・U-20代表チームの(ヤングなでしこ)の中心選手ですから、注目株でしょう。
吉良千夏・・・正しくは「知夏」。良く間違われていますね。昨年のなでしこリーグ新人王。
安田有希・・・チーム1(浦和)の美人選手と言っても過言ではないかも。

このような感じですが、毎月のように検索ワード上位に入る人がいます。
それは、岩倉三恵さん。2011シーズンで浦和レッズレディースを去りました。現在は、藤田選手がその番号を引き継いでおりますが、その存在の偉大さには尊敬の念を持っているようです。

「7番ってすごく偉大な番号で、何度もチームを救ってきたミツさん(岩倉三恵/昨季でチームを離れた)がレイナス時代からずっとつけていたものなんです。だから、それを背負うからには、チームに貢献したいと強く思っていました。でも、チームとして苦しい状況が続く中で、私はなかなかプレーで表現できませんでした」
(浦女公式サイトから引用)

岩倉さんは、海外挑戦という報道がされて以来、その行き先が発表されていませんので、皆さん気になるところでしょう。
気長に待てば、いい知らせが届くかもしれませんね。浦女公式サイトで発表があるまで待ちましょう。

他にも、西田明美さんや田原のぞみ選手などがよくランクインしています。
西田さんは、チャレンジリーグ(スフィーダの永田選手とお友達とのこと)の会場で見かけられたりしているようです。田原選手は、チャレンジリーグのベガルタ仙台レディース(あの鮫島選手が移籍した!)で、順調に怪我から回復しているとのこと。実戦復帰にはまだかかるかもしれませんが、焦らずに頑張って欲しいです。

このように、皆さんかつて浦和に所属していた選手の動向って気になるもんですよね。
こうした選手の現在を知る「あの人は今・・・」みたいな企画があればいいですね。

参考までに
森本麻衣子さんのインタビュー(引退後のチャレンジも語っています)

法師人美佳さんは、埼玉県サッカー協会女子委員会の委員として活躍中です。


田代久美子さんは、栃木SCのレディース監督として活躍中です。

木原梢さんと北本綾子さんは、女の子のためのサッカースクール「モアスマイルズ」で活躍中です。

2012/08/24 追記
西田さんは、地元兵庫で先生をなさってるとか(ソースはこずさんのブログ
[PR]
by lifewithreds | 2012-08-16 20:37 | 日々の泡

移籍選手のお知らせ  田原のぞみ選手

このところの暗〜い記事もこれで打ち止めにしたいなあ。
岩倉選手の移籍と同時に田原選手の移籍も発表されました。
こちらも移籍先は決まり次第発表との事ですが、おそらくあのチームでしょう。

浦女オフィシャルより
◆田原 のぞみ (たはら のぞみ)
1988年4月9日(23歳) FW 157cm/55kg
兵庫県出身

田原 のぞみコメント
「この度、浦和レッズレディースを退団することに決めました。3月11日の震災から5月までの約2ヵ月間、色んな葛藤がありましたが、サッカーをやりたい気持ちを優先し、たくさんの方の協力を経て、浦和レッズレディースへ移籍させて頂く事が出来ました。
この時期の移籍は特例で、私は本当にやっていけるのかと正直不安ばかりでしたが、チームメイトやスタッフの方々、ファン・サポーターのみなさんに温かく迎えて頂いたおかげで、今日までやってこられました。本当に感謝しています。ファン・サポーターの方々には、温かい声援を本当にたくさん頂きました。
移籍して間もない私に、「これから一緒に頑張ろうな。」と、声をかけてくださいました。その時は、凄く嬉しくて、サッカーを続けて本当に良かったと思いました。
そんな矢先の怪我。チームに迷惑をかけてばかりで、何も返すことが出来ず、チームのみんなやスタッフの方々、ファン・サポーターのみなさんに本当に申し訳なく思います。
それでも、浦和レッズレディースの一員としていさせて貰えた事に本当に感謝していますし、誇りに思います。
チームを去るという決断に至るまで、本当に悩みましたが、今まで支えてくれた、応援してくれた方々への感謝の気持ちを胸に、これからは別の形で恩返しが出来たらと思います。
まずは怪我をしっかり治して、少しでも早く万全な状態に戻せるよう、頑張りたいと思います。短い間でしたが、大変お世話になりました。いつでも変わらない、たくさんの温かい声援をありがとうございました。」


田原選手にとっては、昨年は本当に激動の一年間だったと思います。シーズン前には誰も予想できなかったことがおきてしまいましたから。
それでも、田原選手はサッカーを続けることを決断し浦和にやってきました。もちろん、その時からできることならいずれ浦和から再移籍しようと考えていたと思います。
浦和に来てからも怪我の影響で思うようにはできず、苦労した一年だったと思いますが試合会場でチームのために仕事する姿を見かけ、声をかけるといつも明るい笑顔で「頑張ります」と言っていたことが印象に残っています。
b0162674_22564340.jpg

試合後の片付けのときに、小金丸選手とふざけて台車に乗ってる姿を見て、ああ浦和にすっかり馴染めたんだなほっとしたこともありました。

田原選手に関しては、移籍することを覚悟はしていました。また、移籍できる状態になったことは良い事でもあると思っています。
移籍によって、浦女の「のぞみ」濃度が下がってしまう事だけが気がかりですが(嘘
とにかく、田原選手にとってこれから移籍するチームでサッカーをすることにとても意味があるのだと思います。もしかしたら、彼女の人生にとってスゴく重要なことなのかもしれません。
いつか、浦女と対戦する日を楽しみにしています。
頑張れ、田原のぞみ!

2012.02.01追記
田原のぞみ選手はベガルタ仙台レディースに移籍することが発表されました。
多くの仲間とともにリスタートする事になりますが、ご活躍をお祈りいたします。
ベガルタ仙台オフィシャル
[PR]
by lifewithreds | 2012-01-28 09:47 | 浦和レッズレディース

移籍選手のお知らせ 岩倉三恵選手

西田選手の引退だけではないとは思っていましたが、なんと岩倉選手の移籍が発表されました。
移籍先は決まり次第発表とのことですが、先方の発表待ちだけなのかも・・・
レイナスを知る選手がまたひとり去ります・・・ってレイナスの頃見ていないお前が言うなって話ですが。

浦女オフィシャルより
◆岩倉 三恵 (いわくら みつえ)
1984年8月18日(27歳) MF 154cm/52kg
東京都出身

岩倉 三恵コメント
「ファン、サポーターの皆様、こんにちは。今シーズン、チームを離れ、新しい場所で挑戦することを決断しました。私はまだチームがさいたまレイナスだったころから、本当に長い間お世話になってきました。その頃から、変わらずにずっと応援し、サポートしてくださった方々もたくさんいます。そういった方々のおかげで、私は9シーズンという期間、このクラブで過ごすことが出来ました。自分自身、不甲斐ないシーズンを過ごすこともあったのですが、そんな中でも、いつも声をかけてくださった方々がいました。そういった方々のおかげで、どんな時も、どんな状況でも、諦めずサッカーに打ち込んでこられました。ファン・サポーターの皆様、クラブ・クラブ関係者の皆様、チームメイト、全ての人のおかげで、今の自分があると思っています。そんな中、自身の更なる成長を考えたとき、また違った環境に挑戦することで、さらに自分自身を磨いていけるのではと考え、決断しました。
このクラブやファン・サポーターの皆様へは、恩返しが出来ていないのですが、新しい場所で精一杯自分を磨くことで、少しでも報いになればと思っています。
チームを離れることにはなったのですが、このクラブで過ごした期間というのは、私の人生にとって大きな財産となったと思っています。今でも、クラブ・チームメイトへは格別な想いがあります。これからは、ファン・サポーターの皆様、クラブ・クラブ関係者の皆様、チームメイトへの感謝の気持ちを忘れることなく、新たな場所へ挑戦します。本当にありがとうございました。」


岩倉選手ですが、攻撃の切り込み隊長的なイメージで、閉塞した雰囲気を何度も打ち破ってくれました。
2010シーズンに最もブレイクした選手と言えるのではないかな。
2009年になでしこリーグを制したとはいえ、エース安藤梢のドイツ移籍、高橋彩子の引退などチーム陣容が変わっての2010年。試行錯誤が続き、攻撃陣もなかなか噛み合ない中、淀んだ空気を吹き飛ばすかのように活躍した岩倉選手。そのプレースタイルも痛快なものでした。
なでしこジャパンに選出されていなくても、こんな素晴らしい選手がいるんだと、最近女子サッカーに興味を持った人にお勧めしたい選手です。

サポーターにとって印象深いのは、2010なでしこリーグカップ決勝戦での涙でしょうかね。退場と決勝点となってしまったPK献上、そして自身も決定機を外してしまっていたと色々後悔の残る大会となってしまったのでしょう。でも、決勝まで行けたのは岩倉選手の力によるところが大きかったと思います。同様にこの年の全女で決勝戦まで行けたのも彼女の活躍に寄るところが大きい。

2011シーズンもアイナック戦でのビューティフルゴールに代表されるように、浦女の攻撃を牽引していた岩倉選手。終盤は、スーパーサブ的な扱いになってしまいましたが、途中交代で試合に出るときも必ず素晴らしいプレーを見せてくれました。
まだまだスタメンでやれるということは本人が一番よくわかっているための移籍なのかもしれません。
中堅選手の少ない浦和レッズレディースとしては、移籍させてはいけない選手だったのではないかとさえ思えます。
ただ、救いなのは引退ではなく、移籍のための退団であること。またあの突破をどこかで見せてくれることを楽しみにしています。
b0162674_21571224.jpg

J村試合後。

b0162674_21573039.jpg

最後のヒロインインタビューかな(鴻巣)

2012.10.01追記
岩倉選手の移籍先が発表されました。→アトレティコ・マドリード 記事はこちら

2013.06.28追記
暮らしとバレンシア 岩倉選手バレンシアに移籍 記事はこちら
[PR]
by lifewithreds | 2012-01-27 21:58 | 浦和レッズレディース

お帰りなさい。

待ち人来る。
フットボールの母国でもうちょっと頑張って欲しい気持ちもありました。プレミアの舞台に駆け上って欲しかった。
でも、帰ってきてくれたことは大歓迎いたします。

阿部勇樹選手、レッズに復帰(おひさる)

阿部ちゃん本人も色々な気持ちの中での決断だったんでしょうね。とにかく、浦和を選んでくれてありがとう。嬉しいです、とても。
あの日駒場で送り出したときに、もしかしたらJリーグに戻るときはジェフに帰るのかもなんてことがよぎったなあ。
b0162674_2246475.jpg

ブレブレだけど、駒場のスタンドに登る阿部ちゃん。

ホーム開幕は22番のユニで行こう。
[PR]
by lifewithreds | 2012-01-24 22:44 | 浦和レッズ

アレス永井アレース

横浜FCオフィシャルサイト - 永井雄一郎選手清水エスパルスより完全移籍加入のお知らせ

正直、ナギーはもっとあっさりと引退してしまうのかと思ってました。
かつて、GGRで数年後のビジョンを語るという質問にテレビに出る人(俳優)になりたいと答えていたし・・・
皮肉な事にその時一緒に出ていた都築(GKなので息長く活躍できるから、まだサッカーやっていると思うと答えていた・・・orz)の方が先に引退する事になろうとは夢にも思わなかったなあ。

この永井雄一郎という選手。Mr.レッズ福田正博のあとの9番ということで、なにかと叩かれる一面もありました。
イケメンなのも災いしてるとは思いますが・・・空を仰いだり、やる気が全面に出てこないところは確かにありましたが。
しかし、永井は永井なりに9番の役目を全うしたと思います。Mr.レッズの称号を引き継いだ訳ではないので、その点に関する批判はお門違いだったし。
個人的にはかなり好きな選手で、ムラっけがあるところも含めて見て楽しめるいい選手だったよね。皆さん、ご存知のように大舞台に強く記憶に残るゴールを決めているし、出ると何かしてくれるんじゃないかとワクワクさせてくれました。もちろん、期待はずれになることも多数でしたが・・・

そしてなにより永井のチャントが大好きだったな〜盛り上がるんだよねえ。清水に移籍したときに新しいチャントを聞いて、間違いなく勝ったなと思いましたw

とにかくサッカー続けてくれるのは嬉しい事。キングカズとの共演もあるかもしれないしね。
また、あの独特なリズムのドリブルで敵陣を切り裂くところが見たいよ。
[PR]
by lifewithreds | 2012-01-05 19:19 | サッカー

移籍先決まった(浦和レッズレディース千野)

移籍予定と発表されていたレッズレディースの千野晶子選手。行き先が千葉に決まりました。
生え抜きで期待されてのトップ昇格でしたが、厳しいポジション争いの中、出場機会に恵まれず悔しい思いも多かったとは思いますが、新天地での活躍期待してます。
試合前のこどものサッカー教室で面倒みてもらったりしたので印象に残ってる選手です。
今後も同じカテゴリーなので対戦もあるしね。法師人さんみたいに闘志むき出しでくる事を待ってます!

移籍情報といえば、マリーゼ、大量に退部のお知らせ。
東京電力女子サッカー部マリーゼ所属選手の退部について
けっこう主力も入ってたり。
何人かは海外挑戦という話もあるそうなので、みんながみんなサッカーを辞めてしまう訳ではなさそうですが。
男子もなかなか移籍先みつからなくて引退するケースも多く、サッカー選手にとっては厳しい状況ですね。
男女とも、多くの選手が長く現役でプレイできるようなサッカー界となればいいなと思います。
フットボール文化が本当に根付いたらそういう状況になるのかな?数十年かかるかな?
[PR]
by lifewithreds | 2010-02-02 22:54 | 浦和レッズレディース