紳士的なブログです

by suzukick

カテゴリ

全体
浦和レッズ
浦和レッズレディース
サッカー
日々の泡
なでしこリーグ
スフィーダ世田谷
女子サッカー
海外女子サッカー
フットサル
未分類

以前の記事

2016年 06月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

リンク

フォロー中のブログ

NAKAZAWA SCの...

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧

タグ:なでしこジャパン ( 18 ) タグの人気記事

なでしこジャパンワールドカップ出場決定と浦女の代表頑張れ!

サッカー女子日本代表(なでしこジャパン)が、7大会連続7度目のワールドカップ出場を決めました!
おめでとうございます( ´ ▽ ` )ノ

なでしこジャパンは、現在AFC女子アジアカップに参加しておりますが、この大会はワールドカップのアジア予選も兼ねているわけです。上位5チームがワールドカップ出場権を得るということだったかな。日本は、決勝トーナメント進出の4チームに入りましたので、無事に出場権を獲得したと。

しかし、アジアカップはこれから。なにせ日本はこの大会で優勝したことがありません。ワールドカップを先に優勝してしまうという逆転現象ということですね。前回ワールドカップチャンピオンとして臨む次回のワールドカップには、アジア王者として乗り込みたいもの。というわけで、チームの目標はあくまで優勝です。

海外組の招集がほとんど出来なかった今大会。大儀見選手も予選リーグのみの出場となっています。
女子サッカー詳しい方々からすると、新戦力の発掘や初選出された選手がいかに定着できるのかなども気になるポイントなのでしょうが、当方、なでしこジャパンのサポーターではなく、浦女好きのミーハーファン目線で観てますので、例えばヨルダン戦での、浦女選出の5人がスタメンというのは単純に嬉しかった。

代表への定着を考えると、本大会ともなれば、クマとか、あんちとかO野とか強力な海外組の選手たちがライバルとして立ちはだかってくることはわかっています。ワールドカップ出たくない選手などいないでしょうから、選手たちも相応の覚悟を持って試合に臨んでいることでしょう。

でもね、そんなこと関係なく単純に、この試合で、最終ラインから縦パスガンガン入れる高畑志帆。
10代とは思えない落ち着きぶりの乗松瑠華。
浦女でのプレーと同様に最後まで献身的に闘う後藤三知。
序盤からシュート意識も高く、ボランチから途中サイドバックにポジション変わっても存在感を見せ続け、アシストも記録した猶本光。
そして、2ゴールという結果を残してくれた吉良知夏。彼女たちのプレーぶりをこの舞台で観れたことに幸せを感じました。
そりゃ、願わくば、もっと大きい舞台でも観てみたいものですがね。まずは、アジアカップ優勝です。決勝トーナメントでも出場し、活躍してほしいです。

もちろん、他にも初招集された選手や出場機会のなかった選手たちの素晴らしいプレーにも期待。
例えば、昨日スタメンだったアルビレディースの小原由梨愛選手なんかに興味を持った方も多いんじゃないでしょうか。美人だしね(・Д・)ノ
なでしこリーグ見たことないサッカーファンにもアピールできるいいチャンスだよねぇ。みんな頑張れ!

AFC女子アジアカップベトナム2014

第1節 2014年05月14日 20:15 KickOff トンニャットスタジアム

オーストラリア 2-2 日本
(得点者)
21分 CAITLIN FOORD(オーストラリア)
64分 LISA DE VANNA(オーストラリア)
71分 オウンゴール(日本)
84分 大儀見 優季(日本)


第2節 2014年05月16日 20:15 KickOff トンニャットスタジアム

日本 4-0 ベトナム
(得点者)
44分 川澄 奈穂美(日本)
65分 木龍 七瀬(日本)
69分 大儀見 優季(日本)
87分 川澄 奈穂美(日本)

第3節 2014年05月18日 19:15 KickOff ビンズンスタジアム

日本 7-0 ヨルダン
(得点者)
25分 吉良 知夏(日本)
45+1分 中島 依美(日本)
49分 阪口 夢穂(日本)
69分 オウンゴール(日本)
75分 中島 依美(日本)
81分 阪口 夢穂(日本)→アシストは猶本光!
90+3分 吉良 知夏(日本)

[PR]
by lifewithreds | 2014-05-19 12:27

なでしこジャパンWORLD MATCH(5/8@金鳥スタ)

本日、アジアカップに向けたなでしこジャパンの強化試合が行われます。

なでしこジャパンWORLD MATCH
なでしこジャパン(日本女子代表)  対 ニュージーランド女子代表
19:35キックオフ(予定)
大阪/キンチョウスタジアム


19:00からTBS系で中継があるそうですよ。

今回の注目は、浦和レッズレディースから選出された5選手!
A代表初選出は、高畑志帆、乗松瑠華、猶本光、吉良知夏の4選手。
追加招集で浦女キャプテン後藤三知選手も招集されました。

長らくA代表とは縁のなかった浦女ですが、「どうせ海外組がいないから選ばれたんだろう」とは言わせない活躍を期待。
しかし、ニュースなどで「なでしこジャパン」がとりあげられると、川澄、宮間、澤あたりの映像が定番でしたが、ちらっとでも浦女の選手が映っていると嬉しくなるものです。それが例え、猶本か光か猶本か…だけだとしても^^;

ここで各選手のコメントをJFAのサイトからご紹介
猶本光 選手
レベルの高い選手の方々と合宿できるので、たくさんのことを学んでチャレンジしたいと思っています。攻撃になった時にどんどんゴール前に顔を出すプレーをやりたい。なでしこジャパンはワールドカップにも優勝しているので目標であり憧れの存在です。でもアンダー世代の時よりもプレッシャーはありません。自分自身がどれだけ積極的に食らいついてやっていけるかだと思うので楽しみです。自分もアジアのタイトル獲得に貢献したいと思っています。

高畑志帆 選手
初めてのトレーニングは、同じチームでプレーできるとは思っていなかった選手も多く、最後まで緊張していた、というのが率直な感想です。日本のゴールを守る意識を常に持って、攻撃の起点になれるようなプレーを出したいです。セットプレーでの攻撃参加を含めて、ゴールまでいきたいと思います。

吉良知夏 選手
試合に出るチャンスがあったらどんどん仕掛け、シュートを打ち、得点に絡むプレーを見せたいです。同じポジションである大儀見選手からは、得点をとるコツを学びたいです。初めての合宿なので、積極的にコミュニケーションをとってトライしていきたいです。

乗松瑠華 選手
なでしこジャパンに入ることを夢見てやってきたので、(初選出は)嬉しいです。緊張もしましたが、ワクワクした気持ちがあります。なでしこジャパンの選手たちはみんな足元が上手く、パスやひとつひとつのプレーの質の高さを感じました。ついていくのに精一杯ですが、早く慣れて、自分の良さを出したいです。長所はキック力を活かした大きな展開。質の高いボールで流れを変えたり、一発でチャンスを生み出すプレーがしたいです。なでしこでの公式戦は楽しみです。ニュージーランド戦までの残り少ない日数でコンディションをしっかり整えて、自分のプレーもしっかりアピールして、試合に出たら自分の長所を出して、その中でいろいろなことを学びたいと思います。


合宿を見学した人にツイートからは、猶本選手はボランチで、後藤選手はFWまたはサイドハーフで、吉良選手はトップ固定で練習していたそうです。それぞれ得意なポジションで勝負させてもらえそうかな。
結果を出すことは大事ですが、持ち味を発揮しのびのびプレーして欲しいです。
[PR]
by lifewithreds | 2014-05-08 10:22 | 女子サッカー

暮らしと三知 代表選出おめでとうございます~

このところず~っと明るい話題がひとつもない浦女でしたが、ようやく本当に良いニュースが!
なでしこジャパン 対 ナイジェリア女子代表(9/26@フクアリ)という国際親善試合での日本代表に我らがキャプテン後藤三知選手が選出されました(^O^)v
浦女からの代表選手は本当に久しぶりです。(といっても矢野きょんいたけど・・・)

GK
18 曽山 加奈子 ソヤマ カナコ (日テレ・ベレーザ)※
1 久野 吹雪 クノ フブキ (伊賀フットボールクラブくノ一)
12 山根 恵里奈 ヤマネ エリナ (ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)
      
DF
3 岩清水 梓 イワシミズ アズサ (日テレ・ベレーザ)
5 鮫島 彩 サメシマ アヤ (ベガルタ仙台レディース)
2 有吉 佐織 アリヨシ サオリ (日テレ・ベレーザ)
15 小川 志保 オガワ シホ (ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)
4 長船 加奈 オサフネ カナ (ベガルタ仙台レディース)
14 薊 理絵 アザミ リエ (ASエルフェン狭山FC)※
13 上野 紗稀 ウエノ サキ (ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)※
      
MF
8 宮間 あや ミヤマ アヤ (岡山湯郷Belle)
9 川澄 奈穂美 カワスミ ナホミ (INAC神戸レオネッサ)
6 阪口 夢穂 サカグチ ミズホ (日テレ・ベレーザ)
16 中出 ひかり ナカデ ヒカリ (伊賀フットボールクラブくノ一)※
19 川村 優理 カワムラ ユウリ (ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)
7 木龍 七瀬 キリュウ ナナセ (日テレ・ベレーザ)
20 吉見 夏稀 ヨシミ ナツキ (ノジマステラ神奈川)※
      
FW
11 大野 忍 オオノ シノブ (ASエルフェン狭山FC)
17 大儀見 優季 オオギミ ユウキ (チェルシーFCレディース/イングランド)
21 後藤 三知 ゴトウ ミチ (浦和レッズレディース)
23 菅澤 優衣香 スガサワ ユイカ (ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)
22 田中 美南 タナカ ミナ (日テレ・ベレーザ)


低迷する今年の浦和レッズレディースをどうにか引っ張ろうと奮闘する姿は涙なくして見れません…本当はそんなプレッシャーを感じさせずにのびのびプレーして欲しいんです。
個人的には早稲田大学を卒業した今シーズン、後藤選手は浦和に残らないんじゃないかとさえ思っていました。他のチームならもっと輝けるんじゃないかと…でも、残ってくれました。それだけでなく、キャプテンとしてチームを引っ張っていく覚悟まで見せてくれました。そして、変わらない全力プレー。サポーターから愛されないわけがないですよね。
代表では、チャレンジャーとして思う存分暴れて来てほしいものです。エゴイストになってでもね。

ちなみに後藤選手は、A代表で2試合出場、2得点の結果を残しているとのこと。しっかりとアピールして定着を!
b0162674_12494518.jpg


そう、浦和絡みで言えば、千葉で活躍中の上野紗稀選手も選出されています。本当に嫌な選手ですなあ(・∀・)がんばれよ~!見せつけてやれ!
[PR]
by lifewithreds | 2013-09-12 12:48 | 浦和レッズレディース

アルガルベカップ初勝利(デンマーク戦)

アルガルベカップもいつのまにやら第3戦。第2戦のドイツ戦では、田中美南選手が鮮烈デビューを果たしましたが、印象に残っているのは何故か海堀選手の姿…去年で安定したのかと思ってた分、いつもの姿があまりにも。゚(゚´Д`゚)゚。うみほる~

切り替えて、第3戦。試合前から3.11の試合ということで、サッカーに直接関係ない部分での煽りがたっぷり。
岩清水や鮫島、山根などが心に何かを持ってプレーすることは全然OKです。ただ、そんなところばかりプッシュして余計なプレッシャーかけるなよと。
試合中も事あるごとに、岩清水は東北出身、鮫島と山根はマリーゼに所属していた。鮫島は常盤木出身…など連呼。他にも常盤木出身の選手はいたけど、絵面の問題ですかね。

2013年3月11日(月) 12:20キックオフ(現地時間)
@アルガルベスタジアム ポルトガル/アルガルベ

なでしこジャパン 2-0(前半2-0)デンマーク女子代表

(得点者)
17分:川澄 奈穂美
41分:大儀見 優季

(出場選手)
GK
12 山根 恵里奈(ジェフ)
DF
18 加戸 由佳(湯郷)
3 岩清水 梓(ベレーザ)
4 熊谷 紗希(フランクフルト)
5 鮫島 彩(ベガルタ)
MF
20 中島 依美(INAC)→26 田中 美南(ベレーザ)
13 宇津木 瑠美(モンペリエ)
14 田中 明日菜(INAC)→19 山崎 円美(アルビレックス)
9 川澄 奈穂美(INAC)
FW
24 永里 亜紗乃(ポツダム) →15 髙瀬 愛実(INAC)
17 大儀見 優季(ポツダム)→23 小川 志保(ジェフ)


試合結果は上記のとおり、今大会初の複数得点。
久しぶりに(佐々木監督の)なでしこジャパンらしいサッカーを見せてもらいました。
これは、第3戦となり大会に慣れてきたこともあるかとは思いますが、スタメンに従来の主力メンバーが多かったことの方が大きかったかと。
しかしながら、初代表では無いものの今まで出番が少なかったメンバーの中島選手、宇津木選手のパフォーマンスが素晴らしく今までの主力メンバーとうまく融合できていた印象です。

昨シーズン中島選手は所属のINACで途中交代で出場することが多かったような気がしますが、途中で入ってもすんなりゲームに溶け込み、しっかりと役割を果たす好選手という印象でしたので、代表でのこのプレーぶりも納得できました。今後は、所属チームでも活躍しそうな選手です。

守備もGKの出番がほとんどないくらいしっかりと抑えており、危なっかしい場面もほとんどなしでしたな。

しかし、あの中継はなあ。サッカーでプレー中なのに得点シーンのリプレイが多すぎ。流れを断ち切っていて興ざめです(´・ω・`)
そのうえ、川澄ちゃんなんかのアップショット多すぎ。ボールがどこにあるのかもわからんわ(♯`∧´)
スポーツ中継成立させたうえで、色々なことやってくださいよ、TBSさま。
[PR]
by lifewithreds | 2013-03-12 13:01 | 女子サッカー

2013アルガルベカップ初戦

今年も地上波で女子サッカーの国際大会「アルガルベカップ」が放映されます。ありがたいですなあ。
で、初戦の結果は…

アルガルベカップ 2013 GroupA
[1]第1節 2013.03.06 13:10 KickOff Mun. Stadium Bela Vista - Parchal

日本 0 - 2 ノルウェー
(得点者)
8分:ハンセン (ノ)
15分:ヘーゲルベルグ (ノ)


ま、惨敗ですね( ´_ゝ`)

日本のスタメンは、こちら。
GK21久野 吹雪
DF3岩清水 梓
DF7長船 加奈
DF16川村 優理
DF18加戸 由佳
MF9川澄 奈穂美 (Cap.)
MF14田中 明日菜
MF19山崎 円美
MF25川村 真理
FW11大滝 麻未
FW23小川 志保


見ての通り、代表初選出だったり、代表歴の浅い選手が多めでした。
このことからもわかる通り、今回の「なでしこジャパン」は新戦力に経験を積ませることを視野に入れた選出であることは間違いなく、特にこの試合では、そこを重視した選手起用であったでしょう。

結果を出しながら世代交代するってのはとてーも難題であることは、Jリーグのクラブを見ていても容易に想像出来ます。時代を築いたジュビロや鹿島もなかなかうまくできていませんよね。まして、活動の期間が限られている代表チームでは…
今の佐々木監督に課せられているタスクは、次のワールドカップ、オリンピックで勝てるチームを作ること。そのためには、澤をはじめとするベテラン勢に依存しすぎることはできません。
しかしながら、国際大会とはいえ、ポルトガルの地方で開催される試合を地上波で生中継。スポンサーボードには日本の企業ばかり。この環境で、結果度外視でとはスタッフ的には口が裂けても言えなませんな。
佐々木監督にかかるプレッシャーは以前よりも数倍、数十倍になっているのは間違いないでしょうね。

この試合も、苦しい闘いになることは想定の範囲。その上でリスクを背負って若い選手に経験を積ませようという意図だったんでしょう。しかし、前半早い段階での2失点は大誤算。早々に、高瀬、鮫島を投入する事になってしまうとは…

佐々木監督の作る「なでしこジャパン」というチームは相互理解の上で成立するものであり、個人の頑張りは重要でありますが、昨日来た選手がいきなり機能出来るものではありません。そこが、才能はあってもなかなか代表チームに定着できる選手が限られている部分でもあると思います。

結果だけ考えれば、澤がいれば、宮間がいれば、近賀がいれば、大野がいれば…と言いたくもなるでしょうけど、それがいないのが今大会の「なでしこジャパン」
そういうコンセプトなわけなのでね、散々各方面からプレッシャーをかけられている監督はじめスタッフ、選手達のことを、せめてファンくらいは生ぬるく見守ってあげたらいいんじゃないかと思います。
そのかわり、思い切ってやれよ。と後押ししてあげられたらなと。

そうそう、昨年のU20女子代表チームと比べたりしてる人もいますが、あのチームの方が上だとかは無いと思いますよ(個人の感想です


アルガルベカップについて詳しくは
うらじょ(なでしこジャパン、アルガルヴェカップ2013ガイド)(他力本願です(・∀・)ニヤニヤ
[PR]
by lifewithreds | 2013-03-07 12:37 | 女子サッカー

なでしこジャパン発表 ロンドンへGO

本日、ロンドンオリンピックへ向けてのサッカー日本代表のメンバーが発表されました。
今回の記事は女子(なでしこジャパン)についてです。

メンバーは下記のとおり
GK 
1 福元 美穂 (岡山湯郷Belle)
18 海堀 あゆみ (INAC神戸レオネッサ)
               
DF 
2 近賀 ゆかり  (INAC神戸レオネッサ)
12 矢野 喬子 (浦和レッズレディース)
3 岩清水 梓 (日テレ・ベレーザ)
5 鮫島 彩 (移籍手続き中) 
4 熊谷 紗希 (1.FFCフランクフルト(ドイツ) )
             
MF
10 澤 穂希  (INAC神戸レオネッサ)
8 宮間 あや (岡山湯郷Belle)
9 川澄 奈穂美  (INAC神戸レオネッサ)
6 阪口 夢穂 (日テレ・ベレーザ)
14 田中 明日菜  (INAC神戸レオネッサ)
             
FW
7 安藤 梢 (FCR2001デュイスブルク(ドイツ))
13 丸山 桂里奈 (スペランツァFC大阪高槻)
11 大野 忍  (INAC神戸レオネッサ)
17 大儀見(永里) 優季 (1.FFCトリビューネ・ポツダム(ドイツ) )
15 髙瀬 愛実  (INAC神戸レオネッサ)
16 岩渕 真奈 (日テレ・ベレーザ)


バックアップメンバー
GK 山根 恵里奈 (ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)
DF 有吉 佐織 (日テレ・ベレーザ)
MF 上尾野辺 めぐみ (アルビレックス新潟レディース)
FW 大滝 麻未 (オリンピック・リヨン(フランス) )


サプライズな要素のまるでないメンバー選び。
なでしこジャパンというか、佐々木監督のチームとして機能させるためのメンバー選びですねえ。まあ、代表チームとしては、至極まっとうな編成の仕方なのかと。

もちろん、選ばれなかった選手には、素晴らしいパフォーマンスを見せている選手も、底知れないポテンシャルを秘めている選手もたくさんいます。ただ、それは佐々木監督も重々承知のうえで代表メンバーには、選ばなかったということ。

なでしこジャパンはレギュラーとサブの差が大きいと言われていますが、この一年でサブの底上げはある程度できてきたように思えます。佐々木監督の志向するサッカー、世界で闘えると考えているサッカーは、一朝一夕で身につく類のものではありません。
なので、ここに直前で新しい選手を加えることは、非常に難しいということでもあります。
海外勢偏重だとか、リーグで活躍してない選手が選ばれてるとか、色々と目にしましたけどね、要は監督のサッカーを体現できる選手が、ドンドン海外進出していった結果、海外勢偏重に見えたりするんでしょうね。

ファン・サポーターとしては、贔屓の選手が選ばれてないと、腐りたくなる気持ちはわかりますけど、その選手を全否定された訳じゃないのでね。監督が変われば選ばれる可能性もありますしね。
とまあ、頭ではわかっておりますが、ちょっとモヤモヤしちゃうんだよねえ。
でも、なでしこジャパン応援してますぜ!
[PR]
by lifewithreds | 2012-07-02 20:27 | 女子サッカー

なでしこいろいろ

なでしこジャパンは、スウェーデンでオリンピックのために。
U-20代表は大阪でワールドカップに向けてそれぞれ頑張っています。

もちろん、こういった強化の取り組みは以前からなされていたのですが…
なでしこジャパンのワールドカップ優勝以降、女子代表(U-20含む)を取り巻く環境は一転。
多くの方がびっくりしているように女子サッカーの試合を地上波でリアルタイムで流すなんてね。
なでしこジャパンの選手の名前だけでなく、U-20の選手の名前もJリーグの選手より知られたりして。既に猶本光選手や田中陽子選手のことを覚えた人多いんじゃないかな。
ただ、女子サッカーの代表は、なでしこジャパンとU-20だけじゃない。もっと下の世代や、ユニバってのもいますよーなんてね。

このなでしこバブルはもっと早くはじけると予想していた人も多いかとは思いますが、
せめてオリンピックまではなんとか頼みますよ。
そして、オリンピックの結果で人気が本物になればいいなと思います。


で本日の試合
▽キックオフ:2012/06/18(月)13:00 | 日本時間:2012/06/18(月)20:00
▽スタジアム:ハルムスタードスタジアム(スウェーデン・ハルムスタード)

なでしこジャパン(日本代表) 1 : 4 アメリカ
(得点者)
モーガン(アメリカ) :3分
ワンバック(アメリカ) :10分
永里 優季(日本):26分
モーガン(アメリカ)  :60分
ワンバック(アメリカ):90+2分

【日本出場メンバー】
GK
1 海堀 あゆみ(INAC神戸レオネッサ)

DF
5 鮫島 彩(モンペリエHSC)
13 宇津木 瑠美(モンペリエHSC)
  →78分 19 髙瀬 愛実(INAC神戸レオネッサ)
16 矢野 喬子(浦和レッズレディース)
  →81分 14 田中 明日菜(INAC神戸レオネッサ)
2 近賀 ゆかり(INAC神戸レオネッサ)

MF
8 宮間 あや(C)(岡山湯郷Belle)
10 澤 穂希(INAC神戸レオネッサ)
  →56分 4 熊谷 紗希(1.FFC Frankfurt)
6 阪口 夢穂(日テレ・ベレーザ)
11 大野 忍(INAC神戸レオネッサ)
  →56分 7 安藤 梢(FCR2001デュイスブルク)

FW
17 永里 優季(1. FFCトリビューネ・ポツダム)
9 川澄 奈穂美(INAC神戸レオネッサ)
  →70分 22 丸山 桂里奈(スペランツァFC大阪高槻)
※交代選手は、必ずしも同ポジションに入ったわけではありません…念のため


途中からしか見ていませんが、アメリカはやはり強いです。ロングボールだけでなく、前からのプレス。素早い攻守の切り替え、あたりの強さ、鋭い出足、安定感抜群のGKとさすが世界No.1チーム。
日本が互角に戦えるようになったのはつい最近の事。
選手達も誰もアメリカを格下とは思っていないのは間違いありません。
実際に今日の試合では、コンディションの不良、テスト的な選手起用と日本側に言い訳要素はあったものの、結局はアメリカが強かったから負けた訳です。

ただ、この結果は佐々木監督の中では織込み済みで、課題を各自(選手だけじゃないかもねえ)に突きつけて、さあどうすると問いを投げかけているのでしょう。
選手達もその点はわかっていると思います。試合後の表情がそれを物語っていました。
それに、今日はボコボコにやられたものの、選手それぞれは、アメリカに対し臆する事無く対峙していました。本番ではどうすればやりかえせるのか、しっかりと修正してくれそうです。

唯一、宇津木選手の怪我が心配ですね。スロー映像ではかなり足が曲がって見えましたので。軽症な事を祈ります。
[PR]
by lifewithreds | 2012-06-18 23:10 | 女子サッカー

アルガルベカップ終了

2012アルガルベカップは、ドイツの優勝で幕を閉じました。
日本は、準優勝。結果よりチームの強化を重視していたとはいえ、ここまで来ると優勝して欲しかったのが本音です。
とは言え、ドイツ相手に2-0でリードされていても諦めず、その後二度も追いつき打ち合いの末敗れはしたものの、チームとしての粘り強さがかなりでてきました。

前半は、全体的に下がり気味で宮間、阪口のボランチコンビも機能していたとは言えない状況でした。永里、安藤の2トップもかなり下がって守備する姿も。
ボランチが重要であることは、現代サッカーでは常識かもしれませんが、なでしこジャパンのサッカーにおいても、正に生命線で、ここの出来で守備も攻撃にも大きな影響が出ます。チーム全体で連動していく闘い方ですからね。
ボランチからの活きたパスもなかなか入らず、またこの日は左サイドの鮫島選手も不調でとても不安定。守備はもちろん、得意なはずの攻撃にもうまく絡めていない様子。
この展開で2点リードされていては、諦めてしまいそうなところですが、今はのなでしこジャパンの気持ちは強かった。なんとか攻め手を模索し、まず1点を目指しました。
パスが主体のなでしこジャパンですが、中央をドリブルで突破した安藤がディフェンス2枚を引きつけて、左サイドの川澄にスルーパス。川澄は、落ち着いてディフェンスをかわしてシュート。良く決めましたよ。とても冷静でしたね。決めた川澄もすごかったのですが、攻撃にアクセントをつけ、アシストした安藤も素晴らしい(贔屓です♪( ´θ`)ノ

この一点は実際大きかったと思います。
後半になり選手交代により宮間がサイドハーフに移ると前半とは違ってパスワークにテンポが出てきました。これが同点ゴールに結びついたと思います。

守備陣も後半から入った熊谷が決勝の舞台でも堂々たるプレーを見せました。本当に冷静でベテラン選手のよう。かなりな成長を遂げたようです。すんでのところで失点を防いだりとスーパープレーもありましたね。

その後PKを与えてしまい再びリードされてしまいました。PKを与えた直接のプレーよりも、その直前にまた抜きされたのが、痛かった…
しかし、下を向かない選手達、不格好ながらもストライカーらしい仕事で永里が同点ゴール!さすが諦めない心!その永里選手、ワールドカップ時は、自分の持ち味にこだわり過ぎなところもありましたが、今大会、かなりフォアザチームに徹していたようなプレーぶりでした。面白いもので、その方が結果的にゴールに近づいたりするもんなんですなあ(・∀・)
このままPK戦かと誰もが思ったその瞬間、ドイツが更に逆転ゴール。完全に力負け…(´Д` )

それにしても凄過ぎる展開。マンガのようでしたよ。もう一度同点ゴールを!というには時間があまりにも無く、そのまま試合終了。悔しい敗戦となりました。
ただ、ドン引きカウンターで一か八か勝利を目指すのではなく、いわゆるなでしこのサッカーで打ち合う姿は成長以外の何物でもなく、ワールドカップ優勝時と比べて色々な意味でチームが大きくなったことを示していたのではないかと思います。

アルガルベカップ 2012 決勝
2012.03.07 13:10 KickOff 
アルガルベスタジアム

ドイツ女子代表 4-3(前半2-1) なでしこジャパン

(得点者)
20分 マロジャン
22分 オコイノダムバビ
35分 川澄 奈穂美
55分 田中 明日菜
88分 オコイノダムバビ(PK)
90分 永里 優季
90+1分 オコイノダムバビ 


この試合に限らず、今大会で得るものは大きかったと思います。

主力とサブのメンバーの差が大きかったなでしこジャパン。今回、サブのメンバーの中から試合で使える目処のついた選手も何人かいたのではないでしょうか。

ロンドン五輪に向けての課題もくっきりとなったことでしょうし、選手にとっても、やれたという自信と、修正すべきポイントがハッキリとしたことでしょう。
準優勝で終わったとはいえ、明るい結果になったのではないでしょか( ´ ▽ ` )ノ
楽観しすぎですかね。

あ、オリンピックでメダルは余裕だという意味ではないですからね、念のため。
[PR]
by lifewithreds | 2012-03-08 16:34 | 女子サッカー

アルガルベカップ2連勝

卒業弾だ!とはいきませんでしたね、京川選手。って本人がそんな意気込んでた訳ではないですが。

サクッと結果を。アルガルベカップ2戦目のデンマーク戦は、菅澤の代表初ゴールと、大野粘りのゴールで2-0で勝利しました。
無失点での勝利。これは良かった。
しかし、主力とそれ以外の選手との差は思っているより大きいということがくっきりとした試合でしたな。
昨年のなでしこジャパンとなでしこリーグ選抜の試合でも感じましたが、本当に主力との差は激しすぎる…解消されたのかなと思ってたんですがね。

菅澤のゴールは新戦力が見せたとも言えるかもしれないけど、近賀のクロスで勝負ありっぽかったしな〜もちろんきっちり決めた素晴らしいゴールでしたよ。ただ、あのゴールだけではまだまだなんだよな。

大野のゴールも、他の選手ではああはいかなかったのではないかと思われます。やはり主力として活躍する選手はさすがだなと。

代表当落線上の選手の一層の頑張りを期待します。

アルガルベカップ 2012 GroupB
第2節 2012.03.02 12:10 KickOff 
ベラ・ビスタスタジアム

なでしこジャパン 2-0(前半0-0) デンマーク女子代表

(得点者)
52分 菅澤優衣香
90+2分 大野忍

[PR]
by lifewithreds | 2012-03-02 23:20 | 女子サッカー

アルガルベカップ初戦

ザックジャパンの敗戦にお怒り気味の代表ファンのみなさんと、せっかくの企画をどうにか成功させたいTBSさんの過大な期待を背にアルガルベカップが開幕しました。

みなさんが一番関心をもたれたのはキーパーユニはピンクなのか?ということだったと思いますが、
非常に残念ながら前座試合の川島さんと同様黄色いユニでの登場となりました…orz

試合会場は、ナクスタ(メインスタンドのみ)、鴻巣、美作をあわせたようなスタジアムで、高画質のなでしこTVを見ているよう。なでしこリーグをまだ見たことがないなでしこジャパンファンの方々には良い予行練習となったことでしょう。

試合に関しては、低調な内容で勝利しただけということを仰る人もいるようですが、あれだけ選手を交代したことからも、大会を通して日本代表が何を目指してるかはわかりませんが、少なくともこの試合に関しては内容で圧倒し勝つということを目標にしてないんじゃなかったのではなかろうかと思います。

アルガルベカップ 2012 GroupB
第1節 2012.02.29 12:30 KickOff 
ベラ・ビスタスタジアム

日本 2 : 1 ノルウェー

(得点者)
17’ Isabell Herlovsen(ノ)
45+1’ 永里 優季(日)
65’ 川澄 奈穂美(日)


試合終盤には、期待の「セーラー服なでしこ」京川舞選手も出ましたし、久々の代表の伊藤選手なども使われるなど、それなりのテストはできたのかなと。
京川選手は機会があれば、もっと長時間見てみたいと思いました。そのためにも、あまりセーラー服…みたいな煽りはそろそろ勘弁してもらい余計なプレッシャーをかけないで欲しいところです。

しかしね、この大会に吉良千夏がいないのは非常に残念。こういう舞台で経験積んで更に飛躍して欲しいし、全国の人たちにそのプレーを見て欲しいんだよなあ。
悔しいけど、まだそういう評価ではないんだろうね、頑張ってぜひなでしこジャパンの一員になってほしいところです。
と最後はなぜか浦女ネタに…すみません(´・ω・`)
[PR]
by lifewithreds | 2012-03-01 12:35 | 女子サッカー