紳士的なブログです

by suzukick

カテゴリ

全体
浦和レッズ
浦和レッズレディース
サッカー
日々の泡
なでしこリーグ
スフィーダ世田谷
女子サッカー
海外女子サッカー
フットサル
未分類

以前の記事

2016年 06月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

リンク

フォロー中のブログ

NAKAZAWA SCの...

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧

第11回全日本女子フットサル選手権埼玉県大会(1日目)

8月9日、10日と全日本女子フットサル選手権埼玉県大会を観戦に春日部市の庄和体育館に行ってきました。
お目当てはSAICOLO。今年はまだ関東女子フットサルリーグを観に行っていないので、今シーズンのSAICOLOを観るのは初。加入した選手も数人いるようなので楽しみ。

台風11号の影響で天気はイマイチですが、このところやや涼し目。観戦にはいいかもと思っていましたが・・・空調の無い体育館を舐めちゃいけません。観戦席の入り口付近から妙に暑い空気が漏れ出しています。案の定、中はものすごい湿気で蒸し暑い。水分補給しないと観客も倒れそう。
申し訳程度に扇風機は回っていましたが、付近数メートルだけだな、恩恵を被っていたのは。
まあ、観客と言っても、出場チームの選手と関係者の他は数人程度だったかな。関東リーグも似たような感じ(もうちょっと観客いるけれど)なので、入りづらくはあるけれど気にせず席に。
ちょうどウォーミングアップの開始から観れました。

練習を観る限りでは、ほっしゃんがキレキレな印象。パス出してからセグンドに詰める動きなど練習からしっかりしていました。それに対しこずさんはちょっと疲れてるのかなという感じも少し見受けられました。なお、北本綾子選手は不在でした。オルカ鴨川の監督業が忙しいのかな?
b0162674_23103433.jpg


1次ラウンド予選リーグは1グループ3チームの総当たり。3グループあって、そこの1位とワイルドカードで翌日の決勝へ進むと。決勝と言っても優勝を決めるのではなく、2チームの埼玉代表を決めるというものです。代表チームは関東大会へと進みます。
予選リーグは12分ハーフ。リーグ戦の20分ハーフとは違います。この試合時間の違いは結構大きく、実力が上のチームでも発揮する前に敗れてしまうこともあるとか。
初戦の相手はレスト戸田FCレディース。SAICOLOの方が実力は上ですが、どうなるか。
と思ってみていると前半残り9分半でこずさんが抜かれて失点。やはり動きが固いのか・・・
ボール保持は圧倒的にSAICOLOですが、なかなかフィニッシュが。
前半残り6分48秒で彩子さんが中央を持ち上がりファーのこずさんが詰めて同点。同じく前半残り3分14秒で4番の選手が逆転ゴール!そして、個人的に待ち望んでほっしゃんのゴール(前半残り1分49秒)で突き放します。
ここまではメモ取りながら観ていたのですが、試合に集中したかったので、メモをやめて観戦モードに。
結局、こずさんも複数得点してたようですし、疲れてたわけじゃなかったみたいです。ただ、ベンチにいる時は一人ずっとウチワであおぎ続けてました。九州女子も暑さには弱いのかな。

結果的には8−1で圧勝。勝ち点3をゲットしました。

午後には深谷フットサルクラブとの試合でしたが、所用のため観戦できませんでした。
結果は、7−1でこちらも圧勝。

正直、選手のレベルが違いすぎていました。ボールを持っている時に2人に寄せられても焦ること無くコントロールできるSAICOLOの選手。技術・経験の裏付けがあるからです。一方相手はプレスがくると闇雲に蹴ってしまうことも。この違いは大きいですね。
彩子さんなんか、1対1でのボール奪取能力が本当にすごかった。カウンター攻撃を全て無効にしていました。それと周りを良く見てからの積極的なプレーぶり。パス出す雰囲気出しながら、中央をドリブルで持ち上がったり、タイミング見ての強烈なミドル。まさに彩子無双。素晴らしすぎました。
そして、ほっしゃんがピヴォの位置に入った時のプレーぶりが良かった。キープからの落としや反転など素晴らしい攻撃センスを見せてくれました。

新加入の5番、15番もなかなか頑張っているプレーを見せてくれました。特に5番の選手はもう少し見てみたいと思いました。なんかポジショニングが良かったな。
b0162674_12343780.jpg


で、2日目の決勝に進むことになったのですが、それは次の記事で。
[PR]
# by lifewithreds | 2014-08-11 23:08 | フットサル

暮らしと週末の結果など

週末の結果と言いつつ、まずは金曜日のこの話題。

浦和レッズレディースジュニアユース、第19回全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権大会で準優勝
レディースジュニアユースは、中1生と中2生で組まれていたチームで大会に臨んだとのこと。

一部で法師人美佳の再来か!?と言われている(もちろん、言葉遊びですよ)一法師央佳選手が先制するも、植木選手に2得点され、惜しくも敗れました。この結果、 日テレ・メニーナ・セリアスは創設3年で初優勝と。

第19回全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権大会 決勝
2014年8月1日(金)12:30キックオフ・J-GREEN堺 試合時間:60分
浦和レッズレディースジュニアユース 1-2(前半1-1) 日テレ・メニーナ・セリアス
(得点者)
5分:一法師央佳(浦和)
12分:植木理子(セリアス)
52分:植木理子(セリアス)

GK 伊能
DF 石倉(55分→礒部)、髙橋恵、月東、井之川
MF 一法師、井上(48分→金子)、轡田、高山(42分→ワタリ)
FW 三浦、上田


以下、JFAのサイトから引用

永井良明 監督(浦和レッズレディースJr.ユース)
非常に悔しいです。早い時間帯に先制したところまでは良かったのですが、同点とされてからは縦パスを奪いに行けず、守りに入ってしまいました。それでも、選手たちは今大会を通してよく頑張っていました。1年生は「来年、またこの舞台に帰ってきて優勝したい」と思ったはずですし、決勝に連れてきてくれた2年生には感謝の気持ちでいっぱいです。

轡田歩 選手(浦和レッズレディースJr.ユース)
ただただ悔しいです。相手が決めるべきチャンスをきっちり決めたのに対して、私たちはGKの正面に蹴ってしまうなど、決定機を生かし切れませんでした。今日の決勝まで何とか勝ち進んできましたが、最後の一番大事な試合で勝つことができなかったのは、チームに何かが足りなかったから。その何かを見つけて、来年は後輩たちに優勝してほしいです。


灼熱の中、7/26から闘い続けてきた選手たち、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。結果はとても悔しいでしょうが、これからのサッカー人生に必ずプラスになる出来事となるはずです。

続いて、女子トップチームの結果を。

プレナスなでしこリーグ2014レギュラーシリーズ第16節 vsジェフユナイテッド市原・千葉レディース

2014年8月2日(土) 18時キックオフ・フクダ電子アリーナ
ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 0-0(前半0-0) 浦和レッズレディース

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 平尾
DF 堂園、乗松、高畑、和田(→86分 臼井)
MF 柴田、猶本、岸川、加藤(→77分 大滝)
FW 後藤、吉良(→57分 清家)

SUB 池田、石井、泊、長野

観衆:2,308人


スコアレスドローです。男子トップチームのホームゲームと日程が被ったので、兼業サポの多くはフクアリに行ってないかなとは思います。ワタクシも現地には行っておりませんゆえ、感想は述べられず。
ただ、暑い中の試合で泊みたいな選手が途中から出てきたら相手は嫌だろうなぁなんて思うくらいです。


で、男子トップチーム。前節鹿島戦で連続無失点記録も連勝もとだえましたが、果たしてどうなるかといった興味が持たれた神戸戦。高橋峻希選手は千葉へのレンタル移籍以降、久しぶりの埼玉スタジアム。


2014 Jリーグディビジョン1 第18節 2014年08月02日(土) 19:04 KICK OFF・埼玉スタジアム2002
浦和レッズ 2-2(前半1-0) ヴィッセル神戸

(得点者)
17分:興梠慎三(浦和)
62分:河本 裕之(神戸)
69分:高橋 峻希(神戸)
90+3分:那須大亮(浦和)

観衆:26,494人


ギリギリのところでなんとか勝ち点1を拾えたことは賞賛に値します。柏木選手の左足の精度と那須選手の勝負強さが素晴らしい同点ゴールでした。が、90分内にいくつかあったチャンスを決めきれていれば勝ち点3取れたかなとも思わせるゲームでした。
しかし、選手は勝ち点1狙いではなかったのは、同点に追いついてからのGK西川選手の態度からも明らかでしたので、責めるのは酷かなと思います。
このドローが最終的にプラスに働くことを祈るのみです。
[PR]
# by lifewithreds | 2014-08-04 15:11 | 浦和レッズ

ナイス シャットアウト! 15節新潟戦

激しい雨の中の厳しい試合。終わってみればリーグ記録タイの連続無失点試合。

b0162674_12555774.jpg

西川君、来てくれてありがとう。
最後尾でしっかり止めてくれるとても頼れる存在です。

2014 Jリーグディビジョン1 第15節
2014年07月19日(土) 18:04 KICK OFF
埼玉スタジアム2002
観衆:30,776人天気:雨主審:扇谷 健司
浦和レッズ 1−0 アルビレックス新潟
(得点者)16分:OWN GOAL


そして、新潟サポの皆さん、来てくれてありがとうございます。おかげでなんとか3万人超えました(-。-;

なんとか持ち堪えたというべきか、新潟の決定力不足に救われたというべきか。
ゴール手前までは何度か怖いシーンもありました。新潟攻撃陣も嫌なところにパス通してましたよ。後半から投入された達也のチェイスもすごかった。

この展開で勝ち切れるようになったレッズは正直すごいと思います。
でも、もう少しハラハラさせないで欲しいなぁ。
[PR]
# by lifewithreds | 2014-07-22 12:53 | 浦和レッズ

なでしこリーグ第9節 仙台戦

久々にブログ管理画面開いた…orz

放置している間に女子サッカー的にはアジアカップ優勝してたり、浦女がベレーザに快勝したり。
男子では、原口元気選手がドイツへ旅だったり、ワールドカップがはじまったりとフットボールなネタには困らないような出来事が目白押しでしたね。
あと、浦和レッズの映画公開とか、レッズレディースとユースの写真撮影やサインについてのクラブからのお知らせなどもありましたね。

とは言え、なるべくこの目で見たものについて書こうと思っているのでブログ更新には至らず…
元気最後のナビスコ杯@埼スタには行きましたが、多くの熱いファン・サポーターが想いを書いていましたのでね、弊ブログではいいかなと。

と言い訳の部終了。

で、久しぶりに現場へ。なでしこリーグレギュラーシリーズ第9節浦女対仙台女子の試合を観に駒場へ行ってきました。現地でも「ご無沙汰…」と言われましたが^^;
リーグ再開後、ベレーザ、ジェフと連勝し波に乗る浦女。特に近年苦手だったジェフに勝利出来たことは大きいという状況です。
けして圧倒して勝利できたわけではなさそうですが、勝ち切る強さを身につけつつあるのかなといった感じなのでしょうか。
今回の対戦相手の仙台レディースもジェフ同様に昨年苦汁をなめさせれらたチーム。ここは、勢いに乗って3連勝したいところです。

梅雨に入ってはいますが、試合当日は夏空。かなりの気温上昇が見込まれました。
毎度のこととは言え、13:00キックオフという過酷な環境です。選手たちは慣れていても辛いでしょうね。

J1リーグも中断中ですし、ワールドカップムードもあるため、クラブ側は満員予想だったようで、試合開始1時間以上前から「満員が予想されるため席詰めを!」というアナウンスを繰り返していました。
これは、結果的に2,300人程度の客入りだったため空振りに終わった感じですが、過剰に荷物置くのもどうかと思いますのでアナウンス自体は良かったのかなと思います。

最近のメンバーは良く把握していませんでしたが、藤田がベンチ入り。
ウォーミングアップでは彩乃の調子が良さそうに見えました。いいボールを左右の足で蹴っていましたな。

暑い日差しの中キックオフ。しかし、時折日陰になるなど観戦者的には楽なコンディションでしたが、プレーする方はね(;´Д`)

浦女のサイドバックが高めな位置をキープしていた印象。右も左もです。
これは乗松がCBに入った効果なのかな。
臼井は持ち味の鋭い突破を見せていましたし、彩乃も高い位置で奮闘していました。いましたが、臼井は追い込まれると弱さを見せ、彩乃も練習時ほどの精度は出せず…グヌヌ。

他の選手も疲労と暑さのせいか精彩を欠いたかなと。ちょっとちぐはぐなところも。今年のチームにはいい印象しかなかったから余計にそう感じたのかも。

そして、やられる時って何かそんな空気になるものですよね。危険だなこのCKと思った瞬間、山本選手に決められました。
仙台側からすれば、アウェイでいい時間帯に先制。サポもチームも盛り上がり、このまま行けると思っていただろうな。そんな空気感でした。
しかし、ここで切れないのが今年の浦女です。ゴール裏も失点で意気消沈するというより、まず一点という姿勢をすぐ打ち出せたのは良かったかな。
必死に点を取りに行き、終盤に値千金のキラキラゴール!難しい態勢でしたが、よく決めてくれました。ああいったゴールは吉良知夏の真骨頂なのかなと。前半の外しも、とりあえず挽回。
しかし、あえなく時間切れ。連勝を狙っていたチームとしては悔しいドローではありますね。

総評としては、劇的同点ゴールでなんとか勝ち点1をつないだ試合。とてもビリ
ビリしましたよ。
同点ゴール自体は素晴らしいものでしたが、出来れば劇的ではない状態でゴールしてね…楽に決めちゃおうよね。これは吉良選手だけに向けた言葉じゃないですよ。
しかし、暑い中最後まで走りきった選手の皆さんお疲れ様でした。
負けたくないという気持ちがすごく伝わってきたな。気持ちでなんとかしたチームには拍手です。賞賛に値する引き分け劇でした。
b0162674_1633491.jpg


プレナスなでしこリーグ2014レギュラーシリーズ第9節
2014年6月14日(土) 13時キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズレディース 1-1(前半0-0) ベガルタ仙台レディース
得点者:78分 山本りさ(仙台L)、90+2分 吉良知夏(浦和)

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 平尾
DF 堂園(81分 石井)、乗松、高畑、臼井
MF 柴田、岸川(→81分 藤田)、猶本、加藤(→71分 大滝)
FW 吉良、後藤
SUB 田尻、坂本、齊藤、和田

観衆:2,313人


そうそう、この試合では両チームの『のんちゃん』が途中出場を果たしました。特に仙台の田原のぞみ選手の元気な姿を見れたのは嬉しかったなぁ。
[PR]
# by lifewithreds | 2014-06-17 13:24 | 浦和レッズレディース

なでしこジャパンワールドカップ出場決定と浦女の代表頑張れ!

サッカー女子日本代表(なでしこジャパン)が、7大会連続7度目のワールドカップ出場を決めました!
おめでとうございます( ´ ▽ ` )ノ

なでしこジャパンは、現在AFC女子アジアカップに参加しておりますが、この大会はワールドカップのアジア予選も兼ねているわけです。上位5チームがワールドカップ出場権を得るということだったかな。日本は、決勝トーナメント進出の4チームに入りましたので、無事に出場権を獲得したと。

しかし、アジアカップはこれから。なにせ日本はこの大会で優勝したことがありません。ワールドカップを先に優勝してしまうという逆転現象ということですね。前回ワールドカップチャンピオンとして臨む次回のワールドカップには、アジア王者として乗り込みたいもの。というわけで、チームの目標はあくまで優勝です。

海外組の招集がほとんど出来なかった今大会。大儀見選手も予選リーグのみの出場となっています。
女子サッカー詳しい方々からすると、新戦力の発掘や初選出された選手がいかに定着できるのかなども気になるポイントなのでしょうが、当方、なでしこジャパンのサポーターではなく、浦女好きのミーハーファン目線で観てますので、例えばヨルダン戦での、浦女選出の5人がスタメンというのは単純に嬉しかった。

代表への定着を考えると、本大会ともなれば、クマとか、あんちとかO野とか強力な海外組の選手たちがライバルとして立ちはだかってくることはわかっています。ワールドカップ出たくない選手などいないでしょうから、選手たちも相応の覚悟を持って試合に臨んでいることでしょう。

でもね、そんなこと関係なく単純に、この試合で、最終ラインから縦パスガンガン入れる高畑志帆。
10代とは思えない落ち着きぶりの乗松瑠華。
浦女でのプレーと同様に最後まで献身的に闘う後藤三知。
序盤からシュート意識も高く、ボランチから途中サイドバックにポジション変わっても存在感を見せ続け、アシストも記録した猶本光。
そして、2ゴールという結果を残してくれた吉良知夏。彼女たちのプレーぶりをこの舞台で観れたことに幸せを感じました。
そりゃ、願わくば、もっと大きい舞台でも観てみたいものですがね。まずは、アジアカップ優勝です。決勝トーナメントでも出場し、活躍してほしいです。

もちろん、他にも初招集された選手や出場機会のなかった選手たちの素晴らしいプレーにも期待。
例えば、昨日スタメンだったアルビレディースの小原由梨愛選手なんかに興味を持った方も多いんじゃないでしょうか。美人だしね(・Д・)ノ
なでしこリーグ見たことないサッカーファンにもアピールできるいいチャンスだよねぇ。みんな頑張れ!

AFC女子アジアカップベトナム2014

第1節 2014年05月14日 20:15 KickOff トンニャットスタジアム

オーストラリア 2-2 日本
(得点者)
21分 CAITLIN FOORD(オーストラリア)
64分 LISA DE VANNA(オーストラリア)
71分 オウンゴール(日本)
84分 大儀見 優季(日本)


第2節 2014年05月16日 20:15 KickOff トンニャットスタジアム

日本 4-0 ベトナム
(得点者)
44分 川澄 奈穂美(日本)
65分 木龍 七瀬(日本)
69分 大儀見 優季(日本)
87分 川澄 奈穂美(日本)

第3節 2014年05月18日 19:15 KickOff ビンズンスタジアム

日本 7-0 ヨルダン
(得点者)
25分 吉良 知夏(日本)
45+1分 中島 依美(日本)
49分 阪口 夢穂(日本)
69分 オウンゴール(日本)
75分 中島 依美(日本)
81分 阪口 夢穂(日本)→アシストは猶本光!
90+3分 吉良 知夏(日本)

[PR]
# by lifewithreds | 2014-05-19 12:27