紳士的なブログです

by suzukick

カテゴリ

全体
浦和レッズ
浦和レッズレディース
サッカー
日々の泡
なでしこリーグ
スフィーダ世田谷
女子サッカー
海外女子サッカー
フットサル
未分類

以前の記事

2016年 06月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

リンク

フォロー中のブログ

NAKAZAWA SCの...

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧

<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ほっしゃん、国際大会へ

コスタリカで開催される第5回世界女子フットサルトーナメント及び神戸で開催の国際親善試合の日本代表にsaicolo のほっしゃんこと堀田えり子選手が選ばれました。
このところの代表候補の合宿で、その力を認められたのでしょう。この合宿の練習はかなり頭を使うユニークなもので、記事を読んだだけでも混乱しそうなもの。ほっしゃんは、頭良さげな感じだものね。

JFAの記事

堀田選手と言えば、元浦和レッズレディース所属のFW。2010シーズンを最後にサッカーを引退。退団時のコメントでは、もう競技レベルではサッカーしないみたいなこと言ってたと思いますが…フットサルは別物だからね。これからもガンガンプレーしてください。
浦女在籍時はあまり出場機会に恵まれなかった印象。当時FWには、安藤梢、北本綾子という代表クラスが君臨していた他、アタッカー陣には、松田典子や窪田飛鳥、岩倉三恵といった選手がひしめき合う今考えてもスゴい状況でした。
2010シーズン終了後の大量退団はちょっとした事件(一部では)となっていましたが、その時も主に現役代表だった北本やまだ若い松田の引退を惜しむ声がほとんどだったと記憶しております。

するとその後、元浦女の選手達を中心にフットサルチームが立ち上がったという情報が。それがsaicolo でした。
彩子さんのプレーをもう一度見たいとは思っていたのですが、なかなか機会がなかったところ、saicolo サポーターのお誘いを受け初観戦したのが、2012年。その時に一番印象に残ったのが、北本でも彩子さんでもなく、ほっしゃんのキレのあるプレーでした。失礼ながら、こんなにスゴかったのかと…
その後ちょくちょくsaicolo の試合は観ていますが、ほっしゃんの攻撃力は間違いなくチームの要となっています。

b0162674_822135.jpg


ほっしゃんは、関東リーグの選抜などにも選ばれたりしてますので、関東で女子フットサルを観ている方には既にお馴染みの選手かと思いますが、レッズレディースサポーターの中には、まだプレーを知らない方もいるかもしれません。
今年、浦女は優勝しました。そのメンバーには三知や彩乃といった前回の優勝を知っている選手は少ないですが、浦女のDNAみたいなものは脈々と受け継がれているものと思われます。そのDNA成分の一つとしてほっしゃんのプレーもあるのではないかな?
興味を持った方は、一度saicolo を、堀田えり子選手を観に行ってみてください。
[PR]
by lifewithreds | 2014-11-28 23:32 | フットサル

【観戦記】第8節 関東女子フットサルリーグin足立 saicolo VS カフリンガボーイズ東久留米

11月22日埼スタでのガンバ戦とはしごする形で、関東女子フットサルリーグin足立に行ってきました。
足立区の職員でゾットというチームでプレーしている人が企画して実現させたらしいのですが、親しみやすい会場の雰囲気が出来ていて、素晴らしいと思いました。受付の担当者もフレンドリーな感じで、プログラムも配布していました。
関東女子リーグって本当に観戦してもいいの?って雰囲気が漂っていて、排他的ってわけじゃないのでしょうが、関係者じゃないとなかなか入り辛い感じがあるから、このようなおもてなしは観戦ビギナーにはありがたいことです。
b0162674_10415047.jpg


会場入口で木原選手(こずさん)とお会いしたので、声をかけたところ、やはりほっしゃんは代表合宿で不在とのこと。「浦和優勝するといいですねー」「saicoloも優勝しましょうよ」とのやり取りをしてから観客席に。
で、足立区総合体育館のピッチはちょっと縦が短いかなって感じ。と言うことは前プレがしやすいのか。ピッチが狭いとパス回すスタイルのとこは持ち味出しにくいでしょうね。

14:00キックオフの浦和レッズの試合とのはしごの都合で、第一試合のsaicolo 対カフリンガだけ観てきました。
saicoloは、ほっしゃんが代表合宿に抜かれていることもあり、FP6人で闘います。もちろんゴレイロには控え無し。総勢7人。
上位リーグを闘うには心許ない体制ですが…ここは踏ん張りどころです。見た感じの平均年齢も相手より高い、よね(-。-; そのせいか、いつもより省エネモードにも見えましたが、ベテラン勢の彩子さんやこずさんのプレーぶりはさすが。
特にこの日のこずさんはキレが良く、集中力も高かったと思います。ゴールシーンも冷静だったし、カッコよかった。
b0162674_10492733.jpg

一方のカフリンガは、球際激しくきていて、特に彩子さんを潰しに来る作戦だったようで、なかなか自由にプレーはさせてもらえていなかったように見えました。
ただ、もう少し若さを活かして振り回すことが出来ていれば、カフリンガの逆転もあったかもしれませんが、真正面過ぎるところも見受けられ、揺さぶりの部分が欲しかったかな。そこは経験なんですかね、垣本監督の指示はかなり出ていたみたいではありましたが、なかなかプレーに反映させるのは難しいのでしょうね。と、saicolo 応援してるくせに書いてみました。
b0162674_10494518.jpg

後半にカフリンガが1点返しましたが、saicolo側からすれば、完全に崩されたというより、守備の連携ミスっぽく、あ、入っちゃった…て感じでしたな。それはそれでマズいことだけど、焦らなければ大丈夫。
saicolo のゴレイロは、この試合ではかなり調子が良く、出るところの判断も素晴らしかったので簡単に失点はしないだろうと思えました。た、前述のようにFPの人数が少ないことで運動量の面で最後まで集中できるのかだけが不安でしたが、なんとか逃げ切りsaicolo の勝利。
saicolo 2-1 カフリンガボーイズ東久留米
saicoloの得点者:安、木原

この結果、優勝争いはsaicoloとバルドラール浦安ラスボニータスの2チームに絞られました。難敵だけど、届かない相手じゃない。勝ち切って優勝を掴んで欲しいところ。
今のところ勝ち点では全勝同士でラスボニと並んでいますが、得失点差でsaicoloが首位です。今節から上位リーグ、下位リーグにわかれましたが、勝ち点は引き継ぐようです。

選手の疲労を心配していましたが、さすが関東リーガー。ヘロヘロにはならないものですね。エンジョイでボロボロになる素人としてはもっと基礎体力をつけなければと…こずさんなんて翌日のオルカ鴨川の試合に出たみたいだもんね((((;゚Д゚)))))))

優勝に向け進むsaicloを見てテンションアップ。しかし、優勝するって、やっぱり難しいよね。と数時間後に感じることになるとは、この試合の終了時点では夢にも思わなかったのでありました。
[PR]
by lifewithreds | 2014-11-25 10:50 | フットサル

すみだのアンファンテリブル Fリーグ第19節

先週末の北海道は釧路で全日本女子フットサル選手権、札幌でFリーグのセントラル開催とフットサルが熱かった!らしい。

そんな中、DMMの無料ライブ配信でフウガの試合が見れるので、ネット観戦しました。
北の大地でフウガと闘うのは王者名古屋オーシャンズ。
フウガのファーストセットにはなんと17歳の清水選手が!!
この清水選手、若いのに度胸が半端無いのです。デビュー戦からふてぶてしいくらいの落ち着きっぷり、日本代表相手にも一歩も引かない強気なプレーが頼もしい凄い選手なんです。

この日もFリーグ王者名古屋相手に強気で仕掛けます。その結果なんと先制ゴール!
ネット配信でもテンションが上がります。
名古屋はその後エース森岡選手のゴールで同点に追いつき、前半を1-1で折り返します。
名古屋的にはプランと違っていたのではないでしょうか。

その後もフウガはいつもの激しいプレスと早い切り替えでチームとして名古屋に対抗。
森岡選手なんかはかなり苛立っているように思えました。特に田村選手がしつこく森岡選手をマークして潰すと、フットサルナビの記事で読んだ「お前、うるせーよ」と怒られたというエピソードを思い出しました。配信映像ではわからなかったけど、吠えてたんだろうなーと思って。

清水選手のまさかのハットトリックもあり、フウガリードで迎えた終盤。やはり名古屋は、ペドロ・コスタ選手をゴレイロにしたパワープレーを開始。
森岡選手の気迫のゴールで同点に追いつくと、パワープレーを継続しラファエルサカイ選手の決勝ゴールが生まれます。
その後、フウガも懸命に追いつこうとしますが、タイムアップ。
王者の意地を見せつけ、名古屋が逃げ切りました。

b0162674_22485613.jpg


Fリーグ2014/2015 powered by inゼリー 第19節 | 北海きたえーる(観客数 1,116人) | 2014.11.08 sat 10:00

フウガドールすみだ 3−4 名古屋オーシャンズ
(得点者)
清水 和也05’08”
森岡 薫  09’25”
清水 和也24’59”
星 龍太29’34”
清水 和也33’38
森岡 薫 37’46”
ラファエル サカイ 38’42”

[PR]
by lifewithreds | 2014-11-12 09:44 | フットサル

ほっしゃん、日本代表候補に

毎度のブログ放置の間に思ったよりアクセスがありビックリ(゚д゚)!
記事別アクセスをみると「若林エリ日本一へ アルコイリス優勝」に集中しています。
スンマセン、その記事古いんです。確かに今年もアルコイリス神戸は優勝し、若林エリは決勝ゴールを決めています。
でも、その試合の記事じゃないんです…機会見て今年のも書きます。

で、そんな全日本女子フットサル選手権も終了した今週に「フットサル日本女子代表候補トレーニングキャンプ(11/14~16@大阪)」に参加する日本代表候補のメンバーが発表されました。

GK
山本 彩加 ヤマモト アヤカ (フットサルクラブヴェイル寝屋川レディース)
佐藤 麻陽 サトウ マヨ (MEMBER OF THE GANG)
FP
中野 絵美 ナカノ エミ (arco-iris KOBE)
堀田 えり子 ホッタ エリコ (SAICOLO)
小出 夏美 コイデ ナツミ (VEEX TOKYO Ladies)
北隅 春菜 キタズミ ハルナ (バルドラール浦安ラス・ボニータス)
石鍋 千夏 イシナベ チナツ (FOREST ANNEX)
藤田 靖香 フジタ ヤスカ (arco-iris KOBE)
加藤 沙織 カトウ サオリ (バルドラール浦安ラス・ボニータス)
関灘 美那子 セキナダ ミナコ (arco-iris KOBE)
坂田 睦 サカタ ムツミ (SWHレディースフットサルクラブ)
春山 愛 ハルヤマ アイ (arco-iris KOBE)
横山 純子 ヨコヤマ ジュンコ (フウガドールすみだレディース)
勝俣 里穂 カツマタ リホ (フウガドールすみだレディース)
上本 唯由 ウエモト ユナ (フットサルクラブヴェイル寝屋川レディース)
園田 瑞貴 ソノダ ミズキ (京都精華女子高校)
北川 夏奈 キタガワ カナ (丸岡RUCK Ladies)
高尾 茜利 タカオ アカリ (丸岡RUCK Ladies)


当然のように、アルコイリスからも複数の選手が選出されています。
そんな中、FPの2行目にかつて浦和レッズレディースに所属していた「ほっしゃん」こと堀田えり子選手の名前が!

ほっしゃんは、しなやかなドリブルと鋭い縦への突破などが印象に残る素晴らしい選手です。見ていて単純に面白いと思えるプレーを見せてくれます。

年末に、フットサル女子日本代表の親善試合が実施されますが、是非とも代表に残り試合に出て欲しいと思っています。頑張れーほっしゃん!

そんな、ほっしゃんの所属するフットサルチームsaicoloの試合が11月22日(土)に足立区総合スポーツセンターで見れます。入場無料ですので、ぜひどうぞ。
関東女子フットサルリーグin足立
[PR]
by lifewithreds | 2014-11-11 14:58 | フットサル