紳士的なブログです

by suzukick

カテゴリ

全体
浦和レッズ
浦和レッズレディース
サッカー
日々の泡
なでしこリーグ
スフィーダ世田谷
女子サッカー
海外女子サッカー
フットサル
未分類

以前の記事

2016年 06月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

リンク

フォロー中のブログ

NAKAZAWA SCの...

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧

<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

なでしこジャパンワールドカップ出場決定と浦女の代表頑張れ!

サッカー女子日本代表(なでしこジャパン)が、7大会連続7度目のワールドカップ出場を決めました!
おめでとうございます( ´ ▽ ` )ノ

なでしこジャパンは、現在AFC女子アジアカップに参加しておりますが、この大会はワールドカップのアジア予選も兼ねているわけです。上位5チームがワールドカップ出場権を得るということだったかな。日本は、決勝トーナメント進出の4チームに入りましたので、無事に出場権を獲得したと。

しかし、アジアカップはこれから。なにせ日本はこの大会で優勝したことがありません。ワールドカップを先に優勝してしまうという逆転現象ということですね。前回ワールドカップチャンピオンとして臨む次回のワールドカップには、アジア王者として乗り込みたいもの。というわけで、チームの目標はあくまで優勝です。

海外組の招集がほとんど出来なかった今大会。大儀見選手も予選リーグのみの出場となっています。
女子サッカー詳しい方々からすると、新戦力の発掘や初選出された選手がいかに定着できるのかなども気になるポイントなのでしょうが、当方、なでしこジャパンのサポーターではなく、浦女好きのミーハーファン目線で観てますので、例えばヨルダン戦での、浦女選出の5人がスタメンというのは単純に嬉しかった。

代表への定着を考えると、本大会ともなれば、クマとか、あんちとかO野とか強力な海外組の選手たちがライバルとして立ちはだかってくることはわかっています。ワールドカップ出たくない選手などいないでしょうから、選手たちも相応の覚悟を持って試合に臨んでいることでしょう。

でもね、そんなこと関係なく単純に、この試合で、最終ラインから縦パスガンガン入れる高畑志帆。
10代とは思えない落ち着きぶりの乗松瑠華。
浦女でのプレーと同様に最後まで献身的に闘う後藤三知。
序盤からシュート意識も高く、ボランチから途中サイドバックにポジション変わっても存在感を見せ続け、アシストも記録した猶本光。
そして、2ゴールという結果を残してくれた吉良知夏。彼女たちのプレーぶりをこの舞台で観れたことに幸せを感じました。
そりゃ、願わくば、もっと大きい舞台でも観てみたいものですがね。まずは、アジアカップ優勝です。決勝トーナメントでも出場し、活躍してほしいです。

もちろん、他にも初招集された選手や出場機会のなかった選手たちの素晴らしいプレーにも期待。
例えば、昨日スタメンだったアルビレディースの小原由梨愛選手なんかに興味を持った方も多いんじゃないでしょうか。美人だしね(・Д・)ノ
なでしこリーグ見たことないサッカーファンにもアピールできるいいチャンスだよねぇ。みんな頑張れ!

AFC女子アジアカップベトナム2014

第1節 2014年05月14日 20:15 KickOff トンニャットスタジアム

オーストラリア 2-2 日本
(得点者)
21分 CAITLIN FOORD(オーストラリア)
64分 LISA DE VANNA(オーストラリア)
71分 オウンゴール(日本)
84分 大儀見 優季(日本)


第2節 2014年05月16日 20:15 KickOff トンニャットスタジアム

日本 4-0 ベトナム
(得点者)
44分 川澄 奈穂美(日本)
65分 木龍 七瀬(日本)
69分 大儀見 優季(日本)
87分 川澄 奈穂美(日本)

第3節 2014年05月18日 19:15 KickOff ビンズンスタジアム

日本 7-0 ヨルダン
(得点者)
25分 吉良 知夏(日本)
45+1分 中島 依美(日本)
49分 阪口 夢穂(日本)
69分 オウンゴール(日本)
75分 中島 依美(日本)
81分 阪口 夢穂(日本)→アシストは猶本光!
90+3分 吉良 知夏(日本)

[PR]
by lifewithreds | 2014-05-19 12:27

なでしこジャパンWORLD MATCH(5/8@金鳥スタ)

本日、アジアカップに向けたなでしこジャパンの強化試合が行われます。

なでしこジャパンWORLD MATCH
なでしこジャパン(日本女子代表)  対 ニュージーランド女子代表
19:35キックオフ(予定)
大阪/キンチョウスタジアム


19:00からTBS系で中継があるそうですよ。

今回の注目は、浦和レッズレディースから選出された5選手!
A代表初選出は、高畑志帆、乗松瑠華、猶本光、吉良知夏の4選手。
追加招集で浦女キャプテン後藤三知選手も招集されました。

長らくA代表とは縁のなかった浦女ですが、「どうせ海外組がいないから選ばれたんだろう」とは言わせない活躍を期待。
しかし、ニュースなどで「なでしこジャパン」がとりあげられると、川澄、宮間、澤あたりの映像が定番でしたが、ちらっとでも浦女の選手が映っていると嬉しくなるものです。それが例え、猶本か光か猶本か…だけだとしても^^;

ここで各選手のコメントをJFAのサイトからご紹介
猶本光 選手
レベルの高い選手の方々と合宿できるので、たくさんのことを学んでチャレンジしたいと思っています。攻撃になった時にどんどんゴール前に顔を出すプレーをやりたい。なでしこジャパンはワールドカップにも優勝しているので目標であり憧れの存在です。でもアンダー世代の時よりもプレッシャーはありません。自分自身がどれだけ積極的に食らいついてやっていけるかだと思うので楽しみです。自分もアジアのタイトル獲得に貢献したいと思っています。

高畑志帆 選手
初めてのトレーニングは、同じチームでプレーできるとは思っていなかった選手も多く、最後まで緊張していた、というのが率直な感想です。日本のゴールを守る意識を常に持って、攻撃の起点になれるようなプレーを出したいです。セットプレーでの攻撃参加を含めて、ゴールまでいきたいと思います。

吉良知夏 選手
試合に出るチャンスがあったらどんどん仕掛け、シュートを打ち、得点に絡むプレーを見せたいです。同じポジションである大儀見選手からは、得点をとるコツを学びたいです。初めての合宿なので、積極的にコミュニケーションをとってトライしていきたいです。

乗松瑠華 選手
なでしこジャパンに入ることを夢見てやってきたので、(初選出は)嬉しいです。緊張もしましたが、ワクワクした気持ちがあります。なでしこジャパンの選手たちはみんな足元が上手く、パスやひとつひとつのプレーの質の高さを感じました。ついていくのに精一杯ですが、早く慣れて、自分の良さを出したいです。長所はキック力を活かした大きな展開。質の高いボールで流れを変えたり、一発でチャンスを生み出すプレーがしたいです。なでしこでの公式戦は楽しみです。ニュージーランド戦までの残り少ない日数でコンディションをしっかり整えて、自分のプレーもしっかりアピールして、試合に出たら自分の長所を出して、その中でいろいろなことを学びたいと思います。


合宿を見学した人にツイートからは、猶本選手はボランチで、後藤選手はFWまたはサイドハーフで、吉良選手はトップ固定で練習していたそうです。それぞれ得意なポジションで勝負させてもらえそうかな。
結果を出すことは大事ですが、持ち味を発揮しのびのびプレーして欲しいです。
[PR]
by lifewithreds | 2014-05-08 10:22 | 女子サッカー

暮らしと備忘録

忘れないように記録だけ。

なでしこリーグを無敗で走っていた浦和レッズレディース、ついに敗北。゚(゚´Д`゚)゚。
開幕からの連勝は5でストップ。
敗けたことは非常に悔しいことですが、現状ではリーグ首位。
長いリーグ戦を闘うことを考えると、今回の敗戦をどう活かしていくかが重要になってきます。

プレナスなでしこリーグ2014 レギュラーシリーズ第6節
2014年5月4日(日) 13:00キックオフ・浦和駒場スタジアム
観衆:4,289人
浦和レッズレディース 1-3(前半1-0) 岡山湯郷Belle
(得点者)
44分:加藤千佳(浦和)
68分:中野真奈美(湯郷)
73分:宮間あや(湯郷)
90+1分:宮間あや(湯郷)

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 平尾
DF 坂本(→75分 和田)、乗松、高畑、堂園
MF 柴田、藤田、猶本、加藤(→73分 清家)
FW 吉良(→80分 大滝)、後藤
SUB 田尻、齊藤、岸川、栗島


そして、国立最蹴章?だったっけ?
柏木選手も国立ラストが多すぎて…と言っていましたが、Jリーグ戦のラストですか。
連勝したかったところで痛恨のドロー。那須選手の怪我も心配です。

2014Jリーグ DIVISION1 第12節
2014年5月6日(火・祝) 16:04キックオフ・国立競技場

ヴァンフォーレ甲府 0‐0 浦和レッズ
入場者数:36,505人


こちらもまだまだリーグは長い。切り替えて次!
そう、次はダービー。ナクスタで元気が燃える予感・・・がする。
[PR]
by lifewithreds | 2014-05-07 14:57 | 浦和レッズ