紳士的なブログです

by suzukick

カテゴリ

全体
浦和レッズ
浦和レッズレディース
サッカー
日々の泡
なでしこリーグ
スフィーダ世田谷
女子サッカー
海外女子サッカー
フットサル
未分類

以前の記事

2017年 09月
2016年 06月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

リンク

フォロー中のブログ

NAKAZAWA SCの...

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧

<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

私的浦女MVP2013

今シーズンの総括でも書こうかなと思いつつブログ放置な毎日。
まあ、総括したくともね、どうやら辛い記憶ってなくなってしまうみたいで振り返りもままならないという。
ま、なでしこリーグに残留できた。これにつきた一年でしたね。嫌味でもなんでもなく。残留できれば来季の希望につながるんだから。
とは言え、シーズンの終わり方は来季への希望って感じじゃなかったけどね。

閑話休題、ここで遅きに失する感もありますが、今季の浦女MVPです。もちろん個人の感想ですから勝手な人選です。
まず、今季ここまで持ち直せたのは、キャプテン後藤三知選手のおかげです。これは本当にそう。チームをまとめるという役割のほか、最前線のFWとしても素晴らしい活躍でした。普通に考えるとMVPは後藤選手と言いたいところですが、三知につきましては、これくらいはやってくれるという期待値の範囲かなと。もともと凄い選手だからね。試合になかなか出られなかった時期もあったりした2011年に凄くブレイクしたなとわたくしは個人的に思ってまして、それ以降はちょっとハードル上げて見ています。もちろん、ベテランが抜けた直後のキャプテン就任のプレッシャーの中での一年でしたから、とても苦労はしたと思います。しかし、あえて他の選手を推したいと思います。
では、発表します。ジャーン!加藤千佳選手でーす。(昭和な演出)

カトチといえば、ドリブル。ドリブルといえばカトチ。ドリブラーの少ない浦女の中である意味目立つ存在です。
柴田華絵選手もドリブルに定評がありますが、柴田選手の場合はパスの出し手にもなったりとオールラウンダーなイメージです。
それに対し、加藤選手はドリブル小僧。ファーストチョイスはドリブル。サイド際をドリブル突破し、敵陣深くまで侵入するというタイプ。典型的だったのは2012年駒場でのINAC戦で魅せたドリブルシュートです。仲田選手をあっさりかわし、海堀選手の脇をぶち抜くというポテンシャルをいかんなく発揮した素晴らしいゴラッソでした。
しかしその一方で「ドリブルだけの選手」「サイドに張りっぱなし」などと揶揄されてしまう一面も…確かにプレーの幅は狭いのかもしれない…
そんな風にも思っていた2013シーズン。頼れるベテラン選手が抜け低迷するチームの中で微かな輝きを見せはじめたのが加藤選手。
自分がやらなきゃという気持ちも出てきたのでしょうか、以前より視野が広がってきたように感じました。縦へのドリブル突破だけでなく、中に入るプレーも増えてきていますし、周囲との連携で崩そうという意識が見えてきました。そして、何よりもゴールへの意識が高まってきています。
今年は、かつて後藤三知選手に感じたのと同じようにフットボールプレーヤーとして一回り大きくなったような印象を受けた一年でした。

狭いところでサッカーしたがるのが浦女の伝統?なのか、狭い方へと展開しがちなチームの中で、ドリブル技術に長けていて、ボールをロストせず、視野も広く展開できる選手がいれば、チームの戦い方も幅が広がることになるでしょう。そこのキーマンになり得る存在として、加藤千佳選手に来季も期待したいと思います。

とか、つらつらと述べてきましたが、前に書いた記事では三知がMVPに相応しいみたいなこと書いていたんだよね^^; ま、それはそれで…とにかく千佳ちゃんに注目してみてくださいね。
[PR]
by lifewithreds | 2013-12-30 22:56 | 浦和レッズレディース

2013合同トライアウト

昨日(12/17)日本プロサッカー選手会(JPFA)主催の合同トライアウトがフクダ電子アリーナで行われました。12日までにクラブから契約更新しないことを通知されたJPFA会員の選手が対象だそうです。
もうこんな時期なんですね。
このトライアウトで活躍しても次の契約を勝ち取ることは難しいと聞いています。

■GK
松本浩幸【前ザスパクサツ群馬、24歳】
太洋一【前東京ヴェルディ、31歳】
金井大樹【前カターレ富山、26歳】
植村慶【前ジュビロ磐田、32歳】
紀氏隆秀【前ヴィッセル神戸、26歳】
金永基【前アビスパ福岡、28歳】
村尾龍矢【前藤枝MYFC、25歳】
伊藤拓真【前ゲイラン・ユナイテッドFC(シンガポール)、27歳】
小澤英明【前アルビレックス新潟、39歳】

■DF
近藤岳登【前水戸ホーリーホック、32歳】
西岡大輝【前栃木SC、25歳】
中村英之【前ザスパクサツ群馬、29歳】
保﨑淳【前ザスパクサツ群馬、26歳】
星野悟【前ザスパクサツ群馬、24歳】
藤本修司【前ジェフユナイテッド千葉、25歳】
宮澤勇樹【前松本山雅FC、22歳】
尾泉大樹【前FC岐阜、24歳】
金聖基【前ヴィッセル神戸、25歳】
林佳祐【前ヴィッセル神戸、25歳】
三浦修【前ガイナーレ鳥取、24歳】
三木隆司【前徳島ヴォルティス、35歳】
宮本卓也【前アビスパ福岡、30歳】
松本陽介【前ギラヴァンツ北九州、23歳】
福王忠世【前ロアッソ熊本、29歳】
久利研人【前FC町田ゼルビア、23歳】
高野光司【前FC町田ゼルビア、20歳】
坂本和哉【前ファジアーノ岡山ネクスト、26歳】
伊藤竜司【前FC琉球、23歳】
冨成慎司【前藤枝MYFC、26歳】
村山祐介【前サラブリFC(タイ)、32歳】

■MF
松下年宏【前ベガルタ仙台、30歳】
越後雄太【前ベガルタ仙台、20歳】
川島大地【前鹿島アントラーズ、27歳】
飯田優二【前水戸ホーリーホック、21歳】
枝本雄一郎【前ザスパクサツ群馬、25歳】
橋本早十【前大宮アルディージャ、32歳】
下村東美【前湘南ベルマーレ、32歳】
伊東輝悦【前ヴァンフォーレ甲府、39歳】
弦巻健人【前松本山雅FC、26歳】
山瀬幸宏【前カターレ富山、29歳】
橘章斗【前清水エスパルス、25歳】
北脇里規【前ジュビロ磐田、28歳】
李漢宰【前FC岐阜、31歳】
山﨑正登【前FC岐阜、23歳】
平野又三【前FC岐阜、22歳】
柴原誠【前FC岐阜、21歳】
中村祐哉【前京都サンガF.C.、26歳】
実信憲明【前ガイナーレ鳥取、33歳】
太田圭輔【前徳島ヴォルティス、32歳】
赤井秀一【前愛媛FC、32歳】
木原正和【前アビスパ福岡、26歳】
村井慎二【前大分トリニータ、34歳】
永芳卓磨【前大分トリニータ、27歳】
柳崎祥兵【前FC町田ゼルビア、29歳】
相馬大士【前FC町田ゼルビア、20歳】
大道広幸【前AC長野パルセイロ、26歳】
野口直人【前MIOびわこ滋賀、21歳】
久場光【前FC琉球、23歳】
田中淳一【前川崎フロンターレ、20歳】

FW
遠藤敬佑【前ザスパクサツ群馬、24歳】
田原豊【前横浜FC、31歳】
古橋達弥【前湘南ベルマーレ、33歳】
黒部光昭【前カターレ富山、35歳】
高原幹【前名古屋グランパス、20歳】
杉本裕之【前FC岐阜、27歳】
中島康平【前FC岐阜、24歳】
山本拓矢【前ファジアーノ岡山ネクスト、25歳】

■外国人選手
ノッパノン カチャプラユック【前チョンブリFC(タイ)、22歳】
スラウィット ローガーウィット【前チョンブリFC(タイ)、20歳】
ドゥ・ドゥイ マン【前ハノイスポーツセンター(ベトナム)、17歳】
ファム ドゥック フイ【前ハノイスポーツセンター(ベトナム)、18歳】
シャキール スライマン【前プルシバ バリックパパン(インドネシア)、21歳】
イルファン バフディム【前シラチャFC(タイ)、25歳】

■欠場選手
伊藤大介【前ジェフユナイテッド千葉、26歳】
林丈統【前大分トリニータ、33歳】
ルベン カレル【前プルシプラ・ジャヤプラ(インドネシア)、26歳】


20歳そこそこの若い選手も多数参加していたりと、プロサッカー選手の厳しさが垣間見えますよね。
浦和絡みでは黒部選手や坂本選手も参加したようです。
個人的には地元出身の山﨑選手も参加していたことを知り驚きました。
一人でも多く現役生活を続行できるといいのですが…
[PR]
by lifewithreds | 2013-12-18 12:53

第4回関東女子フットサルリーグは浦安が3連覇!

「浦安」が3連覇って字面は「浦女」が3連覇に似てるのにね…
と暗い書き出しからスタート

第4回関東女子フットサルリーグは、残り1節を残し、バルドラール浦安ラス・ボニータスが優勝を決めました。
3連覇とのこと。
4-1から追いついて引き分けるという劇的な展開で勝ち点1をものにし、優勝を決めたと。

バルドラール浦安ラス・ボニータス 4-4 SAICOLO
会場:前橋市民体育館 観衆:50人
(得点者)
03'57" 19 佐藤 春詠(SAICOLO)
05'05" 19 佐藤 春詠(SAICOLO)
10'25"  9 吉川 紗代(浦安)
11'10" 13 遠原 志穂美(SAICOLO)
28'53" 12  堀田 えり子(SAICOLO)
31'59"    オウンゴール(浦安)
38'45"  7  高橋 麻衣子(浦安)
39'54"  9 吉川 紗代(浦安)


SAICOLOの選手は負けに等しい引き分けと捉えているようです。前半3-1が後半逆の展開になるとは思わないもんね(-д-)
浦安は日本代表選手が海外での大会出場のため、欠場している中、残ったメンバーが奮起した一戦だったようです。一方のSAICOLOも元なでしこジャパンの北本綾子選手を欠いていましたが…

また、Forest ANNEXが今節で2位を決めました。SAICOLOには最終節で是非とも3位を決めて欲しいです。
[PR]
by lifewithreds | 2013-12-16 19:38 | フットサル

また会いましょう

2013のJリーグも終わり、浦和レッドダイヤモンズのシーズンが終わりました。あ、トップチームのことね。

2013 Jリーグディビジョン1 第34節
埼玉スタジアム2002 観衆: 54,905人
浦和 2 : 5 セレッソ大阪
(得点者)
24分 原口 元気(浦和)
40分 杉本 健勇(セレッソ)
45+1分 南野 拓実(セレッソ)
53分 柿谷 曜一朗(セレッソ)
72分 興梠 慎三(浦和)
76分 柿谷 曜一朗(セレッソ)
86分 南野 拓実(セレッソ)

(浦和メンバー)
1 山岸範宏
46 森脇良太
4 那須大亮(→ 34山田直輝69分)
5 槙野智章
14 平川忠亮(→7 梅崎司54分)
22 阿部勇樹
13 鈴木啓太
3 宇賀神友弥(→11 関口訓充54分)
8 柏木陽介
24 原口元気
30 興梠慎三
(サブ)
18 加藤順大
2 坪井慶介
6 山田暢久
17 永田充


所要があり、スタジアムに到着したのは後半も残り15分くらい(-д-)
急ぐ途中で興梠のゴールのアナウンスは聞こえてきました。
席についたのは柿谷の2点目の直後くらいだったのかな、途中で出て行く人たちとすれ違いながら自席へ。

多くを書きませんが、なんともしまらない最終戦でした。今シーズンを象徴するゲームと評した人も多かったですが、あくまでも悪い時の象徴ですよねー今シーズン通してこんなんだったら6位につけるのも無理ですから(-д-)

しかし、セレッソは売り出し中の若手が躍動。勢いありましたね。しかもイケイケなだけでなく、しっかりスペース埋めて守られちゃ浦和は為す術もあるはずもなく…ただ、セレッソの10番楠神のプレーは汚かったね(´・ω・`)ガッカリ…

締まらないまま最終節のセレモニーへ。
社長の挨拶時には盛大なブーイングと「運任せの監督 内部昇格のGMに 俺達の夢は本当に託せるのか? 来季は結果で示せ」のダンマクが。
ちょっと意外だったな、橋本社長見なおしたって声が多かったような印象だったからね。それにこの試合の不甲斐無さは社長に起因してるように思えないしね。よくわからんブーイング。格好のはけ口だったというわけね。浦和らしいといえば浦和らしい。ダンマクに関しては「結果で示せ」の部分はまあ、わかります。

ちょっと荒んだ雰囲気の中、契約満了選手たちの挨拶・花束贈呈に。ココに来るとさすがにスタの雰囲気もしんみりムードに。
年々涙腺が緩くなってきているのか、最初の永田選手(コタツ)の時点で泣けてきました。あまり浦和の公式戦で観ることが出来ませんでしたが、コタツのプレーでいつも思い出すのが、駒場での素晴らしいサイドチェンジ。いいSBになるんじゃないかなと思ったのが昨日のことのよう。
野田君は…やらかしては泣いているイメージ。いいプレーのあと、台無しにしてしまうポカやったり。次のチームではその辺気をつけてね。
そして、暢久。
キャラ的に俺は泣かないよって周りに言ってそうだよなあ。でも、泣いてましたな。
色々と思い出は多いので絞り込むことも出来ないくらい。
今後のことはまだ決めていないとのことだけど、他に行っても気持ちをここまで込められるかどうかなんてことも言ってるみたいですね。浦和サポとしては嬉しい限りですが、できれば限界までプロフットボーラーとしてやり尽くして欲しいです。まだまだやれるところを見せて欲しい。そして、浦和と対戦することがあれば、浦和のフォワードをいとも簡単に止めてみせてよ。そして、その後ウッカリミスして失点しちゃうとか^^;
b0162674_18573450.jpg


しかし、あの飄々としたキャラなのに最後に「僕は浦和レッズが大好きです」なんて…恥ずかしいからそんなこと言えないかと思ってたよ。
ありがとう、山田暢久選手。僕らもあなたのことが大好きです。また会いましょう!きっといつか。
[PR]
by lifewithreds | 2013-12-10 18:57 | 浦和レッズ

SAICOLO白星スタート(関東女子フットサルリーグ2ndステージ)

前回の記事でお伝えした関東女子フットサルリーグ2ndステージが12月1日スタートしました。

SAICOLO初戦の相手はForest ANNEX。1stステージでは4-2で敗れてしまったという難敵でした。
しかし、今回の結果は…

SAICOLO  3 - 0 Forest ANNEX
(得点者)
高橋 彩子(SAICOLO)×3!


なんと彩子さんハットトリックでの勝利。選手は無失点で勝てた事が嬉しいとつぶやいていました。(ツイッターでね)
と見てきたようなことを書いてますが、今回会場には行けませんでした。゚(゚´Д`゚)゚。

現在、高橋彩子選手は得点ランキングトップ。まだ一試合だからだろっとツッコまないでね^^;
実は1stステージでも得点ランキングトップだったので、通年だと現在、単独首位なんです。得点王狙って欲しいな。
記録を見て思ったのですが、高橋彩子選手のシュート数は他のランク上位の選手と比べてかなり多い方です。実際に試合を見た感想としても、シュート意識はかなり高いと思います。遠目からでもコースが開けば狙うプレーが良く見られます。
シュート打つってことは大事なんだなと改めて思い知った次第です。
[PR]
by lifewithreds | 2013-12-03 13:00 | フットサル