紳士的なブログです

by suzukick

カテゴリ

全体
浦和レッズ
浦和レッズレディース
サッカー
日々の泡
なでしこリーグ
スフィーダ世田谷
女子サッカー
海外女子サッカー
フットサル
未分類

以前の記事

2016年 06月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

リンク

フォロー中のブログ

NAKAZAWA SCの...

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧

<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

なでしこリーグカップ始まってますね…

先週末からリーグ戦はちょっとお休みということで、なでしこリーグカップがはじまりました。

なでしこリーグのチームをA、Bのグループに分けて予選を行い、各グループ上位2チームが決勝トーナメントに進出できるカップ戦です。
グループ分けは、昨年の順位でバランスよく分けられたものだったのですが、面白いことに今年の勢力図で当てはめると、A(上位多めの死のグループ)とB(ベレーザ1強、2位はドコだグループ)という図式に。リーグの人も想定していない事態でしょうね。

A(INAC、ベガルタ、伊賀、湯郷、新潟)
B(ベレーザ、千葉、高槻、吉備国、浦女)

決勝トーナメント進出チームはAグループはINACともう1チーム、Bはベレーザ、千葉かなと予想。
Aの2位を予想するのは難しいなあ。

それはともかく。浦女にとって、高槻、吉備国は今年最大のライバルたち。ここで下手うって、苦手意識を持ちたくない所ですよね。
しかし、初戦は御存知の通り高槻に負けてしまいました。

プレナスなでしこリーグカップ2013 Bグループ 第1節
2013年05月26日 13:00 キックオフ 鴻巣市立陸上競技場(埼玉県)
浦和レッドダイヤモンズレディース 0-1 スペランツァFC大阪高槻


現地で試合を観ていませんので、内容については何も書けません(´・ω・`)

スタートからコケたのは痛いけど、もう仕方ない。今年の状況見てれば、今更ガタガタしてもねえ。
頑張って、本当に頑張って、ほんのわずかな自信でも取り戻せる大会にしてください。
「目標は優勝」とか言わされてるのかもしれないけど、最大のミッションはリーグ後半への立て直しでしょ。
一試合も無駄にせず、大切な経験の場として活用してさ。
監督、スタッフも意地の見せ所だよ。
[PR]
by lifewithreds | 2013-05-28 12:58 | 浦和レッズレディース

お誕生日おめでとうJリーグ20歳

1993年5月15日Jリーグが華やかに開幕。
この日は、池袋の定食屋でヴェルディとマリノスの試合を観てましたなあ。

毎日なんかしらのサッカー番組を放送していたり、試合中継も複数組まれていたりと現在では考えられないほどのバブルぶり。バラエティ番組やら雑誌にもJリーガーたちが続々登場していましたなあ。
Jリーグ初期にお荷物と揶揄されていた我が浦和レッズですが、もしあの時強かったら今応援していなかったかもしれません。

そして、今日のお誕生日を前にいち早く“Jリーグ20thアニバーサリーマッチ”と銘打たれた試合が5月11日に行われていました。
そう、通算最多観客動員を誇る浦和レッズと通算最多優勝回数の鹿島アントラーズの試合です。
まあ、このカードはおそらく日本でいちばん緊張感の溢れる試合だと思います。まるでACLのようなひりひり感がたまりません(^^♪

試合前にはセレモニーがありまして、J黎明期の人気者アルシンドさんと、長らく浦和で活躍してくれたロビーさんがゲストで登場。引退後ふっくらしたロビーさんでしたが、再会できて本当に嬉しかった。

b0162674_12510100.jpg


試合については、今更なのでさらっと。
浦和のゴールはすべて素晴らしいものでした。興梠のゴールも勝手にプレーを止めること無く勝利に向かって進んだ結果だと捉えます。誤審云々は興梠選手とは関係ありません。

2013 Jリーグディビジョン1 第11節@埼玉スタジアム2002
2013年05月11日(土) 19:03 KICK OFF
浦和レッズ 3 - 1 鹿島アントラーズ
観衆:46,649人
主審:佐藤 隆治… ┐(´・_・`)┌
(得点者)
63分:野沢拓也(鹿島)
66分:那須大亮(浦和)
78分:興梠慎三(浦和)
89分:梅崎司(浦和)


とにかく、勝てて良かった。相手が鹿島だし、メモリアルゲームだし、ロビーが来ているしね。
試合後にWe are Diamonds をロビーとともに歌えたことは幸せな思い出になりました。
20年前のバブリー雰囲気とは違い、しっかりと根付いているフットボール文化を感じることのできた埼玉スタジアムの夜でした。

あ、槙野選手もお誕生日おめでとう!
[PR]
by lifewithreds | 2013-05-15 13:02 | サッカー

なでしこリーグ2013第7節 vs INAC神戸レオネッサ結果

なでしこリーグ2013第7節 vs INAC神戸レオネッサ
2013年5月4日(土) 13:04キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズレディース 0-3(前半0-0) INAC神戸レオネッサ

得点者
61分:川澄(PK・INAC神戸)
90分:川澄(INAC神戸)
90+3分:高瀬(INAC神戸)

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 池田
DF 石井、岸川、坂本、和田
MF 安田、藤田(84分 栗島)、堂園、加藤(84分 吉良)、柴田
FW 後藤
(SUB)
田尻、竹内、竹山

入場者数:6,875人


キックオフ前、コールリーダーは皇后杯の悔しさを忘れてねえだろと煽りました。
INACに対する悔しさは、2011年元日の全女決勝でのPK戦の末に敗退からずーっと晴らすことができずにいます。

戦力が落ちたと言われるINACですが、移籍した大野、負傷で長期離脱の近賀、温存されたベッキーとヤネズ。こんなメンツが出ていなくてもやはりまだまだ強いです。
特に、この日の右サイドコンビ、川澄、中島のタフなこと。相変わらず素晴しい選手だよねえ。浦和的に例えるとツッチーを強靭にした感じだものね、いい選手だよ。
マッチアップした浦和の左サイドコンビはかなりきつかったでしょうね。

前半はよく凌いでお互いに無得点。かなりなテンションで守っていたのは間違いないので、一度穴が開いたら崩れてしまうかもとは見ていて思いました。
そして、その時は岸川の一発退場という形で訪れてしまったと…

その後10人となった浦和も選手一人一人は頑張ってはいましたが、いかんせんチームとしての体をなさないままでは力及ばず、0-3での敗戦に。

もう悔しいとも思いません。この状態でたまたま勝ってしまったら、それこそまずいでしょ。


このブログのトップ画像は、2011年にINACと引き分けた試合でのものです。
この時の感想としてこんなふうに書いています。

とにかく全員の闘う姿勢を強く感じた試合だった。
川澄とマッチアップした齋藤あかね。新人ながら良く食らいついてたよ。
何度も何度も倒されながらもサイドを突破しようとする安田。
センターバックで奮闘したツッチー。
なでしこクイーン澤と闘った岸川。
エリア内で高瀬とぶつかりあっても倒れず守備した彩乃。
最後のラインを割らせなかった池田。
他の選手もみんな高い集中力でお互いをカバーしあい全力で闘っていたね。


この時は本気で勝ちに行っていたように見えた。
今回は負けないようにしているように見えた。

単なる印象で、選手たちは勝つ気満々だったのかもしれない。表現はされていなかったけど。

この時は応援する者含めて一体感を感じた。
今回は?審判に対する罵声、相手選手の容姿を貶める野次、怪我しろーって最低な野次だよね。
こんな応援(?)で選手に頑張れとか、俺がついてるだのよく言えるよ。

ああ、そうそう「思ったより可愛くない」と言われた田中陽子選手ですが、十分カワイイです♡でなく、体型が川澄選手っぽくなってる気がする。ゴツくなってるというか、簡単に倒れないような。
ヤングなでしこの選手は成長しているのか?とよく言われていますが、彼女は進化しそうな匂いをプンプンさせているような気がしますね。
[PR]
by lifewithreds | 2013-05-07 13:00 | 浦和レッズレディース

順当な負け INAC神戸戦

b0162674_21105781.jpg


どこか勝てる要素あったかね?
特に2列目の意思疎通ってあるの?
岸川のPK献上及び退場。ちょっと厳しいかなとは思うけど、冷静に見れば妥当なジャッジ。
だいたいその前にたなように抜け出されてるんだもの。
選手は頑張ってたし、気持ちも見えたよ。でも、他チームだって全身全霊でやってるんだよ。女子サッカーだってそんなに甘かないんだよ。
コールよりブーイングや野次の声量が大きいサポが本気で勝たせようとしてたのかね。後押ししないで、相手disって満足してるゴル裏でいいの、本当に。自分も含めて今日はサポにも相当責任あると思うよ。
[PR]
by lifewithreds | 2013-05-04 21:03 | 浦和レッズレディース

【ご案内】なでしこリーグ2013第7節 vs INAC神戸レオネッサ

とりあえず、浦女公式からの情報を貼っておきます。
2013年5月4日(土) vs INAC神戸レオネッサ
13:00キックオフ・浦和駒場スタジアム
開場:11時00分
浦和レッズレディースを応援される方は、メインスタンドを開放致しますので、2ゲートよりご入場ください。
また、ビジターチームを応援される方は、ビジター側サイドスタンドを開放致しますので、20ゲートよりご入場下さい。

◆当日券:10時30分より、20ゲート付近チケット販売所にて販売致します。
全席自由席:高校生以上1,000円(中学生以下無料)/車椅子席1,000円(ヘルパー1名含む)

※スタジアムでの当日券販売は、混雑が予想されますので、前売券のご購入をおすすめいたします。前売券は、レッドボルテージ、レッズチケット、チケットぴあ各店舗、セブンイレブン、サークルK・サンクスにて当日まで販売しております。


※日本サッカー後援会、日本サッカー審判協会会員の方は、当日券販売所にて会員証をご提示頂き、招待券をお受け取りの上、ご入場下さい。

<高円宮杯U-18サッカーリーグ2013 プリンスリーグ関東のみ観戦させるお客様にお知らせ>
試合後に開催される「高円宮杯U-18サッカーリーグ2013 プリンスリーグ関東」の試合のみをご観戦されるお客様は、後半30分(14時30分)より無料で入場できます。

◆スタジアムへご来場の際は、公共の交通手段をご利用いただきますよう、お願い申し上げます。
  
◆喫煙所は、5ゲート・6ゲートの間付近に設置してあります。

◆2階コンコースにインフォメーションを設置しております。
何かお困りの際は、インフォメーションへお立ち寄りください

◆先着2,500名様に、マッチデーニュースを配布致します。

◆レディース選手サイン入りポストカード
試合後に、2ゲート付近特設ブースにて、選手サイン入りポストカードを先着300名様にプレゼント致します。(今回は、柴田選手の予定です。)

◆ハピネス ボール プレゼント
今シーズンからレッズレディースの全ホームゲーム(譲渡試合を除く)で、選手のサインが入ったスクイーズボールを5人の方にプレゼントいたします。本日のゲームのハーフタイムに、サインを書いた選手とマッチデーニュースの最終ページの下部に記された番号を抽選で5つ読み上げますので、当選した方は、15時5分に、当選したマッチデーニュースを持ってファンショップ脇特設テントまでお越しください。
サインを書いた選手から直接ボールをプレゼントさせていただきます。ぜひ、お楽しみに。

※なお、マッチデーニュースの配布は先着2,500名様となっておりますので、予めご了承ください。

◆「Player of the Match」表彰!
今シーズン、浦和レッズレディースがホームゲームで勝利した場合に、最も勝利に貢献した選手1名を、「Player of the Match」として表彰します。
「Player of the Match」に選ばれた選手には、レディースパートナーのエコ計画の協賛により、薬師温泉旅籠(やくしおんせんはたご)のペア宿泊券が贈呈されます。

◆テレビ中継
BSフジ 12:55~15:25(生中継)

◆レッズレディース前売券販売
次節以降の浦和レッズレディースホームゲームの前売券を販売します。
時間:試合終了後30分
場所:チケット販売所
席種:自由席一般1,000円

※イベントは変更となる可能性がございますので、予めご了承ください

◆高円宮杯U-18サッカーリーグ2013 プリンスリーグ関東 1部リーグ開催!
浦和レッズユースvs前橋育英高校
16時キックオフ(45分ハーフ)
※高円宮杯U-18のみご観戦希望の方は14時30分より、ご入場ください。


浦和レッズレディースは絶賛連敗中。長ーいトンネルに入ってしまっています。
一番気になることは、手塚監督のビジョンが見えないこと。少なくとも試合からは、まったく見えてこないという・・・困りものです。唯一感じるメッセージは「個人でなんとかしろ」かな。

個々の選手の能力は他チームよりもあるって?
その選手達は必死にもがいてはいるけど、自信喪失してるようだけど。
ピッチ上では選手が全て。それはそうだが、選手だけじゃどうすることもできないことってあるよ。
それを導くのが監督やコーチ陣じゃないの?

手塚監督は去年の全女アイナック戦をご覧になっていたのだろうか?
ツッチーや庭田の涙から何か感じてくれたんだろうか?
というのは、あまりに感傷的すぎますかね。

サポーターは弱くても、たとえ降格しても応援を続ける。そんなことを決意表明みたいにしても仕方ないくらいに当たり前のこと。
でも、クラブはそこに甘えたらダメでしょ。
選手は負けたくも降格したくもないのは当然なんだから。選手生命が男子よりも短い女子サッカー選手にとって「我慢の年」なんてありえない。毎年毎年が「勝負の年」なんじゃないの?
クラブやサポーターには「来年」が訪れるかもしれないけど、選手に取ってはそうじゃないかもしれないんだよ。

とにかく、明日は何かを見せるにはうってつけのカード。期待しています。

b0162674_8355114.jpg

[PR]
by lifewithreds | 2013-05-03 08:32 | 浦和レッズレディース