紳士的なブログです

by suzukick

カテゴリ

全体
浦和レッズ
浦和レッズレディース
サッカー
日々の泡
なでしこリーグ
スフィーダ世田谷
女子サッカー
海外女子サッカー
フットサル
未分類

以前の記事

2017年 09月
2016年 06月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

リンク

フォロー中のブログ

NAKAZAWA SCの...

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧

<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ヤングなでしこベスト4へ

ヤングなでしこ(U-20女子サッカー代表)が、初めて準決勝に進出とのこと。
ちなみに、お相手はドイツになりました。

準々決勝は何かと因縁のある韓国との試合。
サッカー以外のところで余計なもめ事なければよいなと思っていました。
まあ、旭日旗を持ち込んだ輩が数人いたとのことですが、日頃からこのチームの応援のために旭日旗を使用していた訳でもなく、単に韓国相手だから持ち込んだのでしょうが、そんな力あるなら他所で抗議行動でもしてくんなと言う感じですな。

テレビ観戦でしたが、実力的にはやはり日本が上。しかし、サッカーなので(ましてや日韓戦!)何が怒るかわからない状況ではありました。
事実このチームは受けにまわると脆いところありますからね、攻撃時にアレだけの人数がエリア内に侵入するということは、カウンターくらうと後ろはスッカスカなのも当然ですからねえ。
ま、このガンガン行こうぜな作戦?が持ち味のチームですから、守備面の疑問を軽く凌駕する魅力があることも確かです。

FIFA U-20女子ワールドカップ 準々決勝
ヤングなでしこ(U-20日本女子代表)vs U-20韓国女子代表

2012年8月30日(木)19:30キックオフ@国立競技場

ヤングなでしこ 3 (前半3-1) 1 U-20韓国女子代表
(得点者)
8分:柴田 華絵
15分:チョン・ウナ(韓国)
19分:柴田 華絵
37分:田中 陽子


柴田2ゴール、田中陽子4戦連続弾てな感じですかな、スポ新風には。
ワントップとして初先発した西川選手も得点こそなかったものの、役割を全うしていた印象でした。大会当初サイドで使われていましたので、サイド・ウイング的な選手かと思いきや所属の吉備国際大学ではFWとして活躍しているようでして、グループリーグ最終戦でも豪快なゴールを決めるなどなかなか本格的なストライカーのように思えました。

相変わらず、最後までガンガン行こうぜを継続していまして、選手交代も田中陽子を残しつつ、攻撃的な横山、道上を入れるなどしてますので、監督としては狙いどおりなんでしょうけど。(→和田ちゃん見たかったけどね)
時間稼ぎもあまりしない近年あまりみないスタイルのチームだよ、本当に。
なので、皆さんチームの闘い方を批判するより、乗るしかないこのビッグウェーブにッてな感じで楽しむのが一番ですよ。

ところで、順序は逆になりますが、グループリーグ最終戦のスイス戦は、現地国立競技場へ行ってきました。
知り合いの方々とカテゴリー2での観戦会となりました。アルビシンガポールの社長さんもご一緒させていただいたのですが、せっかくだったので杉山監督のこと聞けば良かったな(^^;;

FIFA U-20女子ワールドカップ group A
ヤングなでしこ(U-20日本女子代表)vs U-20スイス女子代表 

2012年8月26日(日)19:20キックオフ@東京都/国立競技場

ヤングなでしこ 4 (前半1-0) 0 U-20スイス女子代表
(得点者)
30分:田中 陽子
47分:田中 陽子
52分:西川 明花
84分:猶本 光


前の試合のブラジルー韓国の終盤に現地に着いたのですが、まず千駄ヶ谷駅の寂しい事・・・FIFAの大会がやってるとは思えない状態。こんな寂しい国立は初めて。不安でいっぱいになりました。
スタジアムも閑散としており、アンダー世代の女子の試合だから仕方ないかなと思っていたところ・・・
日本のキックオフ前に来ました、来ました沢山のお客さん。なかなかの盛り上がりでした。
b0162674_7311912.jpg

この試合は、田中陽子が全て。左右両足でFKを決めるという離れ業をひょうひょうとやり遂げました。いやあ、スゴい!周りのお客さんも、カワイイ!スゴい!上手い!と大絶賛。この大会で一気にスターに駆け上がりましたね。
田中陽子選手は、今年アカデミーからINACに加入。京川選手、仲田歩夢選手とともに高卒三人娘というくくりで女子サッカーの中では大きくとりあげられたりしていました。
しかし、この3人のうち京川、仲田両選手と比べちょっと扱いが地味かなという感じもありました。
ご存知のとおり、INACはかなりの強豪。なでしこリーグでは、なかなか思うようなポジションでの出場も難しい状況が続いておりました。(まあ、所属チームでレギュラーとれていない選手は他にもおりますが)
そんな状況ではありますが、こうした大きな大会でこれだけのことをやってのけるとは、大物の片鱗が見えましたね。今後が非常に楽しみです。このまますくすく育つといいな。変に曲がらないで欲しいです。このまま、A代表の中心になったら面白いチームになりそうだなあ。

このチームは決勝まで行けそうな雰囲気持ってますね。さあ、みんなビッグウェーブに乗っかろう!
そして、お気に入りの選手ができたらなでしこリーグも一度くらい見に行こう!
b0162674_7314473.jpg

最後に
浦和の選手については・・・活き活きしてるのは、とてもいいですな。
特に猶本選手は見違えるような働き。悲しいかな、これが逆に浦和で出れない理由なんだろうなと思ってしまいました。本人の問題というより、周囲との兼ね合いですね・・・
 
[PR]
by lifewithreds | 2012-08-31 22:50 | 女子サッカー

まだやってるよ、なでしこリーグカップ…(`ω´)

オリンピックで銀メダルを獲得したなでしこジャパン、ベスト4入りしたU23代表に続き、
U-20女子ワールドカップが日本開催ということで、サッカー的には話題に事欠かない今日この頃です。
ヤングなでしこ…ヤンなで…呼び名はともかく頑張ってください。いろんな後継者が集まっている素晴らしいチームのようです。

そんな中、ひっそりとなでしこリーグカップも再開しました。
なでしこジャパンの主力たちは、先週の試合をお休みしたようですが今週末はバッチリ出ますよ。

シダックスウィークエンドスペシャルマッチ
プレナスなでしこリーグカップ2012
powered by クリクラAグループ第5節
INAC神戸レオネッサ 対 浦和レッドダイヤモンズレディース

【開催日時】
2012年8月25日(土) 19:00キックオフ

【会場】
NDソフトスタジアム山形


銀メダリストの凱旋試合ですね…

b0162674_12443076.jpg

まあね、相手様のホームですからね…こんなポスターでも仕方ないですよね…
ま、とにかく浦和としましては、たとえ決勝トーナメントに出場出来る可能性は低くとも、勝ちましょう。リーグ後半戦に弾みをつけるために、INACに土をつけてやりましょう。
メンバー的にはU20組の柴田、加藤、和田などリーグにスタメンで出ていた選手がいません。
今まであまり試合に絡んでこなかった選手にとって、チャンスです。

矢野もそうですが、U20組も大会での出場時間に関わらず、世界の舞台での闘いで確実に成長しています。(のはずだ)
代表に絡んでいない選手は、普段の練習や試合で成長するしかないんです。ここが正念場。みんなで高いレベルに上がろう!

試合の詳細はさくらんぼテレビのイベントページでどうぞ。
また、浦和レッズレディースサポーターグループ『REG』のブログにもアクセスなど含め詳しい案内記事がありますのでご覧ください。

BSフジで放送するらしいので、山形に行けないかたはご自宅で観戦してみては?ワタシもそうします。
[PR]
by lifewithreds | 2012-08-24 12:53 | 浦和レッズレディース

あの人は今・・・

レポートを見ると、どのような検索ワードで弊ブログにやってきたのかがわかります。

ここ最近だと、こんなワードが

なでしこリーグカップ・・・なでしこジャパンで女子サッカーに興味を持った人。今見れるのは、なでしこリーグカップですよ。INACや湯郷ベルの試合もありますぜ。生の澤選手、川澄ちゃん、キャプテン宮間を是非その目で。

他には、選手名を検索していらっしゃる方が多いです。弊ブログは浦和中心ですので、浦和レッズレディースの選手名がほとんど。

猶本光・・・U-20代表チームの(ヤングなでしこ)の中心選手ですから、注目株でしょう。
吉良千夏・・・正しくは「知夏」。良く間違われていますね。昨年のなでしこリーグ新人王。
安田有希・・・チーム1(浦和)の美人選手と言っても過言ではないかも。

このような感じですが、毎月のように検索ワード上位に入る人がいます。
それは、岩倉三恵さん。2011シーズンで浦和レッズレディースを去りました。現在は、藤田選手がその番号を引き継いでおりますが、その存在の偉大さには尊敬の念を持っているようです。

「7番ってすごく偉大な番号で、何度もチームを救ってきたミツさん(岩倉三恵/昨季でチームを離れた)がレイナス時代からずっとつけていたものなんです。だから、それを背負うからには、チームに貢献したいと強く思っていました。でも、チームとして苦しい状況が続く中で、私はなかなかプレーで表現できませんでした」
(浦女公式サイトから引用)

岩倉さんは、海外挑戦という報道がされて以来、その行き先が発表されていませんので、皆さん気になるところでしょう。
気長に待てば、いい知らせが届くかもしれませんね。浦女公式サイトで発表があるまで待ちましょう。

他にも、西田明美さんや田原のぞみ選手などがよくランクインしています。
西田さんは、チャレンジリーグ(スフィーダの永田選手とお友達とのこと)の会場で見かけられたりしているようです。田原選手は、チャレンジリーグのベガルタ仙台レディース(あの鮫島選手が移籍した!)で、順調に怪我から回復しているとのこと。実戦復帰にはまだかかるかもしれませんが、焦らずに頑張って欲しいです。

このように、皆さんかつて浦和に所属していた選手の動向って気になるもんですよね。
こうした選手の現在を知る「あの人は今・・・」みたいな企画があればいいですね。

参考までに
森本麻衣子さんのインタビュー(引退後のチャレンジも語っています)

法師人美佳さんは、埼玉県サッカー協会女子委員会の委員として活躍中です。


田代久美子さんは、栃木SCのレディース監督として活躍中です。

木原梢さんと北本綾子さんは、女の子のためのサッカースクール「モアスマイルズ」で活躍中です。

2012/08/24 追記
西田さんは、地元兵庫で先生をなさってるとか(ソースはこずさんのブログ
[PR]
by lifewithreds | 2012-08-16 20:37 | 日々の泡

U20女子W杯もうすぐですな〜

オリンピックでのなでしこジャパンの活躍も記憶に新しいですが、ここ日本では、間もなくU20女子W杯が開幕します。
浦和レッズレディースからは6名が代表に選出されております。しかも、そのうちの何人かはスタメン候補でもあります。

駒場スタジアムでも試合は組まれておりますが、残念なことに日本代表の試合はありません。駒場で躍動する浦女の子たちを見たかったんですけどね。

8/13(月)壮行試合としてU20カナダ代表との試合が福島県のあづま総合運動公園でありました。

この試合には色々と意義がありまして、本来W杯の試合自体を福島県で行いたい意向があったのですが、諸事情により断念。(余談ですがそれでさいたま市が引き受けたとのこと)
しかし、福島県にはJFAアカデミーもあったりマリーゼもあったりと女子サッカー的にはゆかりのある土地。復興を印象づけるためにもサッカーの試合を開催したいところ。そういった思惑もあっての、福島開催となったのでしょう。
未だ日本人でも、福島県に対しては色眼鏡で見る向きも多い中、試合しに来てくれたカナダ代表の皆さんには感謝です。

国際親善試合 U-20日本女子代表 対 U-20カナダ女子代表
~ ふくしまから はじめよう。 ~
福島/あづま総合運動公園 陸上競技場

日本 2 : 2 カナダ
得点経過
20分 10 横山 久美
58分 失点
85分 オウンゴール
88分 失点

スターティングメンバー
GK
1 池田 咲紀子(浦和レッズレディース)
DF
15 中村 ゆしか(関東学園大学)
2  村松 智子(日テレ・ベレーザ)
20 土光 真代(日テレ・ベレーザ)
5  浜田 遥(スペランツァFC大阪高槻)
MF
8  猶本 光(浦和レッズレディース)
7  藤田 のぞみ(浦和レッズレディース)(C)
11 田中 美南(日テレ・ベレーザ)
9  田中 陽子(INAC神戸レオネッサ)
10 横山 久美(岡山湯郷Belle)
FW
13 道上 彩花(常盤木学園高等学校)

選手交代
HT 1  池田 咲紀子 → 12 武仲 麗依
HT 15 中村 ゆしか → 17 髙木 ひかり
HT 2  村松 智子 → 3  木下 栞
HT 7  藤田 のぞみ → 14 柴田 華絵(浦和レッズレディース)
70分 11 田中 美南 → 18 西川 明花
87分 9  田中 陽子 → 19 中里 優


ここからテレビ観戦の感想です。
このチームを長年見てきたわけでもなく、どんなチームなのか掴みきれていませんが、
A代表のなでしこジャパンと無理に比較するのは意味が無いかと。
選出されている選手の個性も監督の方針も違うのでね(男子も同じですが)

澤の後継者とか、宮間の後継者とかテレビ的には言いたくなるのでしょう。わからなくもないけど、その選手を初めて見た人は無理にでも比較してしまうよね。ということで、田中陽子ちゃんは、両足使える宮間の後継者として覚えましたよ、ワタシ。
しかし、今回の中継で好感が持てたのは、時折m9っ`Д´) ビシッ!!とした野田さんの解説と、齋藤あかね選手に言及した青嶋アナですかね。

で、このチームの感想としては、「荒削り」良くも悪くも「荒削り」だなと。
ハマると凄そうなチームですね。シュートを選択することも多く、ドリブルで突っ込む選手もいてなかなか面白い。攻撃時にはしっかり人数かけていましたし。
ただ、荒削りな分、多少のミスを許しているうちに致命的なミスになっちゃったりと、不安定な一面も。
まあ、この一試合を見ただけの印象ですからワールドカップ本番でイメージ覆されるかもしれませんね。そのあたりを楽しみにしています。

【面白かったポイント】
・ゴリゴリな横山のドリブル。
・意外と丈夫な藤田キャプテン。本当は打てるんですミドルシュート。
・どこかよりイキイキしてるよ猶本光ってる。
・さすがの連携、ベレーザCBコンビ
・つかみどころがないよ、田中陽子

【イマイチなポイント】
・サッコはほとんど出番なし( ;´Д`) 攻められるよりいいけどさ…
・柴田はもっと輝けるはず
・和田ちゃん…ポッポは次の機会ね
・後半ディフェンス集中しましょう
・盛り上げ隊は、盛り上げたのかい?
[PR]
by lifewithreds | 2012-08-14 12:45 | 女子サッカー

中断中だからレッズランドに行ってみた

世はオリンピック一色ですね。
なでしこジャパンは前評判通りと言ってもいい活躍ですが、失礼を承知で言わせてもらえば男子の躍進は素晴らしい。期待を失わせといてのこの快進撃、関塚監督ったら。

なでしこリーグが中断してますから、ちょこっとレッズランドに練習を見学に行ってきました(ちょっとの前の話ですが)
b0162674_2246519.jpg

別に怪しい人を取り締まろうと思った訳ではありません。
b0162674_2247678.jpg

b0162674_224747100.jpg

まあ、良くも悪くも選手達は監督の指示には従っています。指導はかなり細かいです。ゲーム形式の時も細かく止めて指導していました。

印象に残ったのが何人かで組んでおこなうリフティングゲーム。10回続けて成功すれば終了。ミスすると終われないというやつでした。大体同年代の選手が組んでいるのですが、新加入の中で猶本選手だけはベテラン勢と組んでいました。しかも緊張する風でもなくあっさり成功。さすが大物の片鱗を見た思いがしました( ´ ▽ ` )ノ
ちなみに最後まで残っていたのが新加入の選手の組でした…

しかし、新加入の選手たちもどんどんチームに慣れてきていますから、がんがんアピールして試合に絡んできて欲しいところです。
たじぽよや竹内選手なんかは、見学者にも丁寧に挨拶をしてくれて礼儀正しい娘さんたち。応援したくもなりますよ。

ちなみに、この日別メニューだった、齋藤あかね選手、和田奈央子選手でしたが、後に和田選手はU-20代表に選出されました。復帰が間に合ったんですね。おめでとうございます。
[PR]
by lifewithreds | 2012-08-07 22:51 | 浦和レッズレディース