紳士的なブログです

by suzukick

カテゴリ

全体
浦和レッズ
浦和レッズレディース
サッカー
日々の泡
なでしこリーグ
スフィーダ世田谷
女子サッカー
海外女子サッカー
フットサル
未分類

以前の記事

2017年 09月
2016年 06月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

リンク

フォロー中のブログ

NAKAZAWA SCの...

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧

<   2011年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

悔しい引き分け

なでしこといったらアイナック。
澤、川澄、海堀、大野、近賀など代表選手を多く抱えたすごいチームです。
ナルホド、プレスの出足はめちゃくちゃ早し、球際も激しい。なでしこリーグの中じゃ正直別格な感じです。
しかし、我らが浦女とても頑張りました。いつもの倍は疲れたと思うよ。あれだけの猛攻を凌ぎ、カウンター仕掛けてたんだもの。
とにかく全員の闘う姿勢を強く感じた試合だった。
川澄とマッチアップした齋藤あかね。新人ながら良く食らいついてたよ。
何度も何度も倒されながらもサイドを突破しようとする安田。
センターバックで奮闘したツッチー。
なでしこクイーン澤と闘った岸川。
エリア内で高瀬とぶつかりあっても倒れず守備した彩乃。
最後のラインを割らせなかった池田。
他の選手もみんな高い集中力でお互いをカバーしあい全力で闘っていたね。
ヤナギや矢野キョンに頼りっぱなしのチームではなかった。
そんな頑張りが、岩倉の先制ゴールにつながったんだよ。
岩倉は、得点の前から良くスペースを見ていていい感じで突いていましたね。このところ調子がかなりいいと思います。
しかし、終了まであと少しで澤にゴールを奪われるあたりに、現在の力の差がでていたんだろうね。

試合後、あいさつに来た選手の顔はとても悔しそうでした。泣いているように見えた選手もいたし。
でも、悔しいと思えたということは、それだけやれたということ。諦めるほどの差がなかったということ。
正月の借りもある。次は全女で勝ちきりましょうよ。貴女たちならできるよ、信じてサポートします。
今年一番感動した試合でした。選手の皆さん、お疲れさまでした。悔しい気持ちは当然あったけど、それよりもこんなに闘えるチームになったんだと嬉しくなったよ。

しかし、なでしこバブルってのは本当にあるんだね。8,000人超の観客もさることながら、あの出待ちの凄いこと!澤のゴールの瞬間だけ盛り上がったくちかな。もったいないね。今日の試合見ても何も感じませんでしたか?

2011年10月30日(日)13:00キックオフ・NACK5スタジアム大宮
浦和レッズレディース1-1INAC神戸レオネッサ
得点者:19分岩倉、89分澤(INAC)


矢野キョン、キャプテン姿も板についてきたなあ。試合後のコメも堂々としてきたし。
「今日来たみなさんは、アイナックを見に来たと思いますが、次は浦和レッズレディースを応援しに来てください」いいよ、キャプテン!
b0162674_19234825.jpg

[PR]
by lifewithreds | 2011-10-30 23:19 | 浦和レッズレディース

MDP特別号

MDPのナビスコカップ決勝戦の特別号。浦和周辺にお住まいの浦和サポのみなさんはもう、お手元にあるんだろうね。
こういう時に浦和在住者がたまらなくうらやましい。
けっこうコンプレックスを感じるんだよね。
[PR]
by lifewithreds | 2011-10-28 00:31 | 浦和レッズ

ナビスコカップ決勝デザインチケット

来たる29日のナビスコカップの決勝戦のチケットがようやく届きました。
ダメ元で申し込んだファミリー席が当選したのです。お得な席だよな〜子連れでゴール裏は行けないものね。

届くといえば、iPhone4Sの入荷のお知らせも届きましたよ。待ってる間にiPhone熱が冷めてきたんだよね。どうしたもんか…
まあ、機種変更はしますけど。とりあえずナビスコカップ決勝戦には、4Sを持っていけそうです。
[PR]
by lifewithreds | 2011-10-26 23:26 | サッカー

踏みとどまった

今日マリノスに逆転勝ちしたことで、残留争いに踏みとどまることができましたね。

堀監督の初戦。ここを落とすとズルズル行ってしまう可能性もある難しい試合だったと思いますが、みんな良く頑張って勝利を掴みました。
先制されても、切れることのなかった集中力と闘う心。シミマシタヨ。

直輝のPK失敗も、きっちり押し込む仲間。梅ちゃんの決勝ゴールもセル達のフリーランでディフェンスを引きつけたアシストあってのもの。つまり、本当に一丸となっているのでしょう。
ただ、このテンションを最終節まで維持するのはとても大変なことでしょうね。それを後押しするのは、われわれサポやファンの声援なのかな。やれることはあるよね、きっと。

最後に監督は堀さん…掘じゃないよ…掘り炬燵じゃないんだからねw

2011Jリーグ・ディビジョン1 第30節 
横浜F・マリノスvs浦和レッズ 
日産スタジアム

試合結果
横浜F・マリノス1-2(前半1-0)浦和レッズ
得点者:4分 大黒将志(横浜FM)、50分 原口元気、61分 梅崎 司
入場者数:27,527人

[PR]
by lifewithreds | 2011-10-22 19:54 | 浦和レッズ

監督交代(ペトロ→堀)

なんとも不可解なタイミングではありますが、ペトロビッチ監督が解任され、ユース監督だった堀さんがトップチーム監督に就任。監督代行や暫定監督ではないようです。

堀監督と言えば、直輝、元気、峻希、水輝たちを率い、高円宮杯を制したことでおなじみ。コンビネーションサッカーを志向していると言われていますね。
高円宮杯第19回全日本ユース(U-18)
思えば、あの時は、ゲルト監督時代。3-5-2のカウンターサッカーが通用しなくなってきた時期で、閉塞感が漂よっている中、ユースの流動性溢れるモダンサッカーはキラキラ輝いて見えたなぁ。
まあ。その後のレッズというと、コンビネーションサッカーを志向するも2年であっさり放棄して、現在に至る訳でございます。

堀監督の志向するサッカーを現在のチームに落とし込む時間は、はっきり言って無いですが、教え子達を中心にまとまっていけばなあ。なんて夢を見させてもらいましょうかね、ここまで来たら。
監督交替が遅きに失した感もありますが、堀新体制には、気負い過ぎずにトライしてもらいたい。そして、残留を勝ち取りましょう。みんなでね。
[PR]
by lifewithreds | 2011-10-20 19:43 | 浦和レッズ

昇格降格無しは幸せなのか

イングランドプレミアリーグで、昇格降格無しという意見かでているらしいですね。

サッカーキングの記事

残留争いに巻き込まれているチームのサポが言うことではないかもしれないけど、入れ替えの無いフットボールなんてつまらないよね。勿論降格なんてことになれば、この世の終わりのような気分になるだろうけど、やっぱりそこにドラマはあるわけでしょ。はっきり言って、Jリーグも入れ替え戦の廃止は失敗だよ。だって、他サボだって気になって見るもの。当事者に肩入れしてしまうもんね。
プレミアのオーナー達も外国人が多くなってますから、フットボール文化がわからないんでしょうね。昇格を目指す下部のクラブの心意気とか、絶対残留を死守する気持ちわからないんだね。単なる興業だったら、全世界でフットボールにはまる人たちはこんなにいないよ、人生かけるようなフットボール馬鹿はいないよ。
まあ、FAはしっかり反対するようなので大丈夫だと思いますがね。
[PR]
by lifewithreds | 2011-10-19 23:11 | サッカー

浦女4連勝

そして、三知は、3試合連続ゴール。

プレナスなでしこリーグ2011 第13節 vsアルビレックス新潟レディース ]

なかなかこじ開けられずに、モヤモヤした感じもありでした。新潟は、執拗にディフェンスラインの裏を狙い続けてましたね。

そんな中頑張っちゃったのが、すこぶる調子の良かった岩倉選手。岩倉さん、去年は大ブレイクの活躍だったと。個人的には、代表呼ばれてもいいんじゃないと思ってました。今年に入ってなんか大人しいかな?なんて思っていましたが、今回は攻守にわたって大活躍。サイドを突破するのみでなく、中に切れ込んだりと、ツッチーとの右サイドは良かったと思います。
この試合に限らず、このところ右サイドの方が安定してキレもあるような気がします。左サイドは、個の力でなんとかしてる印象。

あと、頑張っていたと言えば、岸川選手。中盤を駆け回っていました。一度かなり失点に近づくミスをしましたが、事なきを得て、本当に良かった。その後は、ミドルを狙うなど、積極的姿勢は素晴らしい。

で、2トップ。得点した後藤のみならず吉良も頑張っていましたね。得点あれば、なお良かったんだろうけど、ボールを引き出したり、チャンスメイクでしっかり貢献。

残り時間5分くらいで、コーナーフラッグ付近での時間稼ぎしてましたが、スタンドからは、佐々木(のりお)じゃねえんだぞ。との声掛かってましたね。
交代で入った中村、栗島両選手が、やる気だったので、追加点取る姿勢が見たかったですがね。

しかし、暑かった。10月じゃないよ。帽子もタオマフも忘れ、散々でしたが、勝って良かった。ヤナギのおにぎり買えたしね。提供されるまで、時間かかり過ぎだったけどね。

b0162674_8282566.jpg


前日の男子チームの結果やペトロの発言などで疲れたから、鴻巣行きはやめたという声をブログやツイートでいくつか見ましたが、残念なことです。浦女単体で客を呼べるようにはまだなっていないんだな〜レッズファミリーではあるけど、別のチームなんだからね。もっと応援してくれる人が多くなるようなチームになるといいな。
今の試合ぶりなら、見てもらえれば何人かはリピーターになってくれそう。次のホームゲームは、大人気なでしこの代名詞アイナックとの一戦。是非いらしてくださいな。できれば、赤いもの身に付けて。

2011年10月16日(日)13:00キックオフ・鴻巣市立陸上競技場

浦和レッズレディース2-0(前半1-0)アルビレックス新潟レディース
得点者:42分岩倉、53分後藤

[PR]
by lifewithreds | 2011-10-17 23:33 | 浦和レッズレディース

壊れかけの…

もともとあった不信感が降格ゾーンに入ったことによって更に増大してるってことかね。正に負のスパイラル。もうペトロがどうとかじゃないかと。どんなコメントをしても、良くは取れないんだろうね。悲しいことだが。

チームをペッカーで壊したのは、監督。
でも、浦和というクラブをボロボロに壊したのは橋本社長をはじめとするフロント陣。去年の終わり頃には、もうはっきりとした兆候は見えていた。

観客減少、成績不振はフィンケのせい。今年弱いのは、エジとランコのせい。降格したら、誰のせいにすることになってますか?ペトロにしたかったのかもしれないけど、先にぶっちゃけられてしまいましたな。

ええ、愚痴ブログです。今日は、すみません。
[PR]
by lifewithreds | 2011-10-16 08:29 | 浦和レッズ

なでしこリーグニュースいろいろ

今週は、なでしこリーグに関して色々とニュースがありましたな。

マリーゼは、ベガルタ仙台に移管
合意が為された場合、来年度はチャレンジリーグに参加とのこと。

なでしこリーグは、来年度10チームで。
マリーゼの移管に伴い、スペランツァ高槻が自動昇格

トヨタ自動車が、なでしこリーグのスポンサーに

TOYOTA Vitz Cup開催
なでしこリーグの覇者とアーセナルが国立で激突!

とまあ、良いニュースばかりと言って良いんじゃないかと。マリーゼの移管については、色々と思う方もいるでしょうが、サッカーやれる場所を残してもらえるということは、とても重要。
いずれにしても、なでしこジャパンの躍進の結果、このような移管が実現したり、大手のスポンサーがついたということですね。
経営難で廃部となったチームもたくさんありましたが、時代が変わってきた、しかもいい方向に。ということでひとつ納得できませんかね。(誰に向かって?)

あ、ひとつ。カップ戦は、関西方面で開催した方が親切だったのかも…今年に限っては。
[PR]
by lifewithreds | 2011-10-15 11:30 | なでしこリーグ

カップには強いよね?

ナビスコカップ準決勝ガンバ大阪戦について書こうと思っているうちに、天皇杯二回戦まで終わってしまったという…
結果は、どちらも勝利で、特に天皇杯の方は一安心。先制されたとの一報を見たときは、栗鼠の悪夢がよぎったのは内緒ですが。

ガンバ戦は、浦女の試合会場の東総から直行で埼スタへ。到着直前に先制点の一報が入り、バス内は大盛りあがり!うっすらと梅崎チャントが聞こえてきたり。
会場に着くと、そこで繰り広げられていたものは、ペッカーではなくまさしくサッカー。あんなにイキイキしたマルシオは、浦和に来て初めて見たかも。柏木もノリノリで、楽しそうにパス出していたなぁ。あれだけパスアンドゴーしてる姿も久しぶりだよ。また、うまくつながっていたし。
でも、この日の主役はなんと言っても梅崎司!キレキレで、シュート意識の高いこと!ちょっと遠目からも打ってみたり。
運も巡ってきているのか、2点目にも絡む活躍。セルの腹シュートもさすがw見れて良かったよ。

終盤に1点返されてしまい、ちょびっと残念だったけどね。
遠藤や加地がいないから。あと明神もだっけ?
所詮カップ戦だし。とか色々な声あるだろうけど、久々にガンバからもぎ取った勝利。勝ちは勝ちだよ。文句ある?
試合終了後のワニナレウラワは、ペトロの発案?なんてのも聞いたけれど、どうなのかね。ともあれ、演出的には良かったんじゃないの。パクられたとか憤ってるガンバサボいたみたいだけど、2008年に埼スタで自分らがやったことを忘れてんのかね。おかげで緩衝地帯が広がったりといいことないよ。
別にパクって毎回あんな下品なことしないよ、きっと。特にアウェイでやったりしないって。
b0162674_9375960.jpg

とせっかく勝ったのに嫌な記憶が蘇ったりもしましたが、梅崎の試合後のインタビューで涙…本当に勝ててよかった。2008年にも、ウメは得点してたんだよね。あの時はサポはともかくガンバ大阪というチームには完敗だったけど、その中での唯一の光だったんだよね。あれから、とても辛い日々もあり、ようやくの復活だものね。君とタイトル獲りたいよ。
b0162674_9383256.jpg

天皇杯の方は、ダイジェスト見ただけです。勝って良かったです。一番の感想は、なんだかんだで現地に行った人は楽しそうだなと。参加した人だけの特権だよね。
[PR]
by lifewithreds | 2011-10-13 08:27 | 浦和レッズ