紳士的なブログです

by suzukick

カテゴリ

全体
浦和レッズ
浦和レッズレディース
サッカー
日々の泡
なでしこリーグ
スフィーダ世田谷
女子サッカー
海外女子サッカー
フットサル
未分類

以前の記事

2017年 09月
2016年 06月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

リンク

フォロー中のブログ

NAKAZAWA SCの...

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧

カテゴリ:女子サッカー( 29 )

アルガルベがあるべ

アルガルベカップの代表が発表されましたね。
注目は、セーラー服なでしこ京川選手。岩渕選手以来の高校生なでしこジャパンだそう。去年のアルガルベの時のあかねさんの件は軽くスルーなマスコミ関係( *`ω´)
京川選手の選出には何も異論は無いけどね〜、なでしこ報道もそろそろまともにやっておくれよ。だいたい、セーラー服なでしこって何?女子大生ボランチとか、人妻サイドバックとかレジ打ちストライカーとか、もういいでしょ…orz

アルガルベカップ(2/29~3/7@ポルトガル)
日本女子代表(なでしこジャパン) メンバー(JFA)


気を取り直して、今回の代表のメンツを見ますと、海外組とINACとベレーザが中心。一年前と比べて、海外で活躍する選手がホントに増えましたね。また、国内組の選出に関して、これは、現在のなでしこリーグの状況を反映していますね。2強ですなあ・・・

そうそう、驚いたことに、安藤梢選手は澤選手に続いて上から2番目のベテランなんですね。山郷姐さんが今回いないこともあり、すっかり年長者なんだな…

と、ここまでで終わりにして浦女からの代表選出がゼロなのはスルーしたいところですが(。-_-。)
負け惜しみ覚悟で、今回代表に選ばれなかったのは、佐々木監督のサッカーに合わなかったというだけで、能力が劣っている訳ではない。なんてことも言えますが、怪我で合宿に参加できなかった選手を押し退けることができなかったということで何かが足りないんでしょう。実際、初招集の選手もいることですし実戦で見てみたいとは思われなかったのが現状なんでしょう。

しかし、まだオリンピックまでわずかにチャンスはあるはず。それまで、しっかりとチームで力をつけていけばね。まだまだ、これからだよ。
[PR]
by lifewithreds | 2012-02-22 00:10 | 女子サッカー

選手プロフ写真

この前の記事で、スフィーダ世田谷の監督ブログの選手紹介をご紹介しました。
その際に、選手のプロフィール写真を写真館で撮ったこともお伝えしました。
今日はこの選手プロフィール写真についてもそもそと…

Jリーグの場合、選手名鑑が本屋さんに行くと並んでいまして、シーズン前に購入して応援しているチームはもちろん、対戦相手のチェックをしたりしますよね。それに、雑誌などでも写真をみる機会は多いので、選手の顔は比較的覚えやすい。

では、女子サッカーはどうか?試合会場にいけばリーグのパンフレットは売っていて、そこに各チームの写真が掲載されています。でも、シーズン前に本屋さんに選手名鑑が並ぶことはありません。また、雑誌などでも写真付きの記事はとても少ない状況。Wカップ以降は露出が増えたとはいえ、顔がおなじみなのは、一部の代表選手くらいでしょうか。

今年は、世界一になって初めてのリーグ開催年であり、オリンピックもあるという、なでしこリーグの発展(集客)にとって重要な年になりそう。
なでしこリーグ見たことないけど、今年こそ見てみた~い。という人を取り込むには、まずは、選手を売り込むことなのかなと。
スポーツなんだから、プレーで魅了すりゃいいんだ、このニワカ!と怒らないで、まあ聞いてみてよ。
肝心なプレーを見れる機会は、練習と試合のみ。練習見学は環境が整ってるとは言えませんよね。だから、試合会場に足を運ばせる仕掛けが必要。
それは、会場でのイベントなんかも有効かもしれないし、アクセス面でのサポート、バス出すとか、ツアーするとかね、色々考えられるでしょう。
選手の売り込みもその一環。プロフィール写真をちょっとキレイに撮ってあげて、どこのクラブもオフィシャルホームページで選手名鑑のように簡単な特徴や本人のコメント載せたら随分と親しみ湧くのではないかな。じゃ、この選手に会いに試合見に行くか、でもイイじゃないすか。それがきっかけになってリピーターって増えるのでは。

と、ベガルタ仙台レディースの選手ページを見ながら思ったわけでして。田原さんが、ゆるふわな感じでなかなか魅力的に写ってるな〜とか…
そこいくと、浦女の個人写真は毎年写真映りがイマイチでみんな可哀想だなとか…クリアケースなんかに使ってるほうを、選手紹介にも使えばいいのになとか…

そんなことからダラダラと書いてみることにしたのです(´Д` )

あ、一言。オフィシャルの写真しか見たことない方へ。選手の名誉のために言いますと、みんな写真より実物の方が美しいです。特にプレー中の表情なんかはね。美人とかそういうのでは、ないかもだけど、みんないい顔してますよ。
確認したい人は、試合会場に来てくださいな。

b0162674_10262567.jpg

参考画像としてうp(2011シーズンの浦女)。資料がみつからないんですが、2008年の法師人さんのアイドル然とした堂々たる映りは衝撃的でしたw
[PR]
by lifewithreds | 2012-02-18 08:38 | 女子サッカー

なでしこ東京ダービー

ダービー。世界の各都市で繰り広げられる熱い闘い。普段の試合より異様に盛り上がる…と言われております。

日本にリアルなダービーなど無いと、海外通だという方々はおっしゃいますね。
確かにヨーロッパの歴史あるダービーマッチとは趣は違うにしても、当事者にとってダービーは特別な試合であることには違いありません。
例えば、長野と松本の対抗意識に裏付けられた信州ダービー。また、我々浦和サポにとってさいたまダービーは負ける訳にはいかない試合であるように。
リアルだろうが、なんだろうがダービーができる幸せってのはあるんだい!

と意気込んだところで、ダービーのお知らせを。

川邊健一オフィシャルブログ「スフィーダ世田谷~挑戦~」 ★東京ダービー★

女子サッカーの名門ベレーザと、東京の新しい風スフィーダがついに激突!
ETUと東京ヴィクトリーの試合みたいな感じです(違

皆さん感じているとおり、実力差はかなりあるのは確か。ただ、スフィーダ側はかなりベレーザを意識してきてはいるはず。同じ東京にあれだけのクラブがあればそれも当然のこと。この機会に一気に色々なものを吸収しようと思ってるでしょうね。

サポーターもおそらくチーム以上にベレーザを意識しているでしょう。サポートサイトを以前に覗いた時に、私達は緑を拒否します。とトップに書いてあったもの。

しかし、対抗意識を持っていない私のようなお気楽サッカーファンでも、ベレーザ相手にスフィーダがどこまでやれるか興味深い試合です。楽しみだな〜
[PR]
by lifewithreds | 2012-02-15 21:01 | 女子サッカー

澤△

いやあ…恵方巻きの丸かぶりは苦行ですな。一気飲みはダメ、ゼッタイという風潮の中、気骨のある一気食いの風習。さすが、関西侮りがたしといったところですな。

そして、侮り難い関西のチームといえば、INAC神戸レオネッサで決まりですよね。
そんななでしこの覇者INACさんは、二冠のお祝いも兼ねてスペインに。
バルセロナのレディースチームと試合をしたとのこと。結果は、1-1の引き分け。テレビで報道されたりしましたので、ご存知の方も多いでしょう。
引き分けに関しては、シーズン前のチャリティマッチということもありますので、悪くない結果だったのではないでしょうか。ところどころで見せ場を作ってはいたようですので、なでしこここにありと存在は見せつけてきたのかなw

試合より気になったのが、ゲーム後の様子。澤選手にバルサの選手が群がって話かけたり写真を一緒に撮っているようでした。
一見普通のようですが、実は凄いことなんじゃないのかと。
バルサの選手たちの目は、メッシやクリロナなどスーパースターを見るような目でした。
Jリーグの選手もクラブW杯などでヨーロッパのクラブと対戦した時に、いわゆるスター選手とユニフォーム交換なんかして、一ファンみたいな顔を見せたりしていますが、澤選手は憧れられる側になっているんだなと。凄いことだよね。日本人選手でもそんな存在になれるということを示したワンシーンでした。
[PR]
by lifewithreds | 2012-02-04 09:02 | 女子サッカー

澤穂希さん世界一に

いやあ、澤選手って本当にスゴいよねえ。と単純に思いますよ。
だって、世界一だもんね。そして、それに異論のある人はいないんじゃないかという。

日本代表の要であり、なでしこジャパンといえば澤穂希なのですが、
なでしこリーグを見ているときは敵、敵、敵。しかも、憎き敵なんだよなあ。
今年は是非とも勝ちたいね。澤選手のいるチームに勝ったことないわけじゃないんだからね、浦女だって。

とにかく、受賞おめでとうございます。間違いなく日本サッカー界のレジェンドです。
W杯と五輪の2冠ってまだ成し遂げたチームは無いそうなので、この際どん欲に目指して下さい。
もちろん、澤選手ひとりの力でできることではありませんが、チームを引っ張る力は確実に持っている選手ですものね。

スポナビのコラムをご紹介。良い記事ですよ、ご一読を。
「一番じゃない」澤が「世界一」に選ばれた理由
[PR]
by lifewithreds | 2012-01-10 23:39 | 女子サッカー

全日本女子サッカー選手権決勝

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
と誰に向けての挨拶だかわかりませんが(。-_-。) しかも、かなり遅いしf^_^;)

今年は全女決勝を生中継ということなので見てみました。
年末からBS1は女子サッカー(なでしこジャパン)一色で、他の局にもなでしこ風味がチラホラ。たった一年前とはずいぶんと変わりましたね〜
まあ、この状況は異常ですけども、普通にメディアに取り上げられ続ければいいなと思います。例えばフィギュアスケートなんかだと一時期の真央ちゃんフィーバーが落ち着いて、現在割りと安定した人気になってると思いますが、あんな感じがいいのかな。

話を全女に戻します。
前日の紅白にアイナックの選手数人が出演したのはけしからんとか、なでしこジャパンイコールアイナックの扱いにはもうウンザリ的な意見もけっこう見かけました。
ただ、これはサッカーファンだけが言ってることでして、大多数の普通の方々はアイナックとか良く知らないけど、澤さんや川澄ちゃんが見たいと思ってますのでね。取り上げるメディアの側からしたら、アイナックオンリーのアングルになってしまうのも止む無しといったところでしょうね。そもそも、メディアにとって、女子サッカーは単なるコンテンツなので地位の向上や、文化の醸成とか関係ありませんから。
だからこそ、うまくメディアを利用しなくてはならないのは誰なのでしょうかね、JFAの人たちよ。利用されっ放しで、露出が増えたなんて喜んではいないでしょうね?

って全然話が戻ってきませんねf^_^;)
ま、試合について色々と解説なさってる方々がいますから、薄っぺらいレポートは無しで感想のみ。

・上尾野辺選手、災難でしたね。
・アナウンサー、澤対阪口連呼だけど、ちょっと無理が…
・あんちがしっかり喋っていたので一安心。くまたにさんより安定。
・早野乙はさすがのクオリティ。
・INACはやはり強いね。
・新潟も準決勝までのサッカーがもうちょっと出ればな〜
・口木選手、米津選手お疲れ様でした。


やはり、テレビで見るよりも現地で応援したいよな〜 来年は辿りつきたいものです。

INAC神戸レオネッサ 3:0 アルビレックス新潟レディース
得点者
44分 南山 千明(INAC)
51分 髙瀬 愛実(INAC)
70分 田中 明日菜(INAC)

[PR]
by lifewithreds | 2012-01-04 12:55 | 女子サッカー

U19なでしこにも来ていただけますか?

ベトナムにも、来ていただけるのですか?(ニッカン)

さすが、浦女3大のぞみの一人。主将らしいね。頑張れ!藤田!
あとは、チームでももうひと皮向けて欲しいですな。期待値は高い選手だもんね。
[PR]
by lifewithreds | 2011-09-30 08:32 | 女子サッカー

チャレンジリーグ終了

なでしこリーグは、五輪予選での中断が明け、後半戦突入しましたね。アイナックに土をつけるのはいったいどこなのか?全勝優勝は許したくないところ。ついでに、浦女戦で優勝決定だけは勘弁…というのが本音。

そんな中、チャレンジリーグはひと足お先に終了したわけでございます。

たった一試合しか見ていないにもかかわらず、すっかりスフィーダを応援しようかなと思いはじめていますのでその結果が気になるところです。


東京新聞:女子サッカーチャレンジリーグ スフィーダ世田谷が最終試合 3位残留:東京(TOKYO Web)


世田谷公園という野球と兼用のグラウンドでの試合。俯瞰の写真で見るとかなりのインパクトのある会場です。
結果から言うと、7-1で長野パルセイロレディースを下して、堂々3位でのフィニッシュ。参入初年度としては、立派な結果ではないかな。来年以降更に期待が持てますね。

試合自体は、スフィーダ側のツイート頼りでしたが、そこからでも躍動感は感じました。実際に観戦したときにいいなと思った選手は今回も活躍していましたので、本当に実力があることが確認できました。単に調子が良かっただけじゃないんだなと。
それ以上に感じたのは、(チャレンジリーグだけに)チャレンジする心かな…とても大事なことだよ、サッカーには。日頃の練習に裏付けられたチャレンジであることはもちろんですが、メンバーが同じ方向(目標ともイメージとも言える)を見ていることが重要。そういうチームを見るのは楽しいよね。今の浦女は同じ絵見てるのかな?
[PR]
by lifewithreds | 2011-09-27 13:10 | 女子サッカー

なでしこチャリティーマッチ その2

前回の続きです。
前回のあらすじ(前半で早くも3−0とリードされたなでしこ選抜、いったいどうする?)

さて、なでしこジャパンリードで迎える後半。
代表側は、岩清水や海堀を交代し、テスト体制に入ったのか。予選の初戦には岩清水選手は出れませんから、実戦で試しておこうということなんでしょう。残念ながら、ワールドカップで出番のなかった我らがやのきょん、アピールのチャンスじゃないの。
あと、丸山さんも交代しましたが、いわしや海堀と比べ、固定スタメンではないのでね。ちょっと意味合いが違うのかな。
選抜側は、木龍と米津を投入。一部スタンドで期待されてた小林弥生の投入はまだでした。

すると、後半開始4分で、選抜側1点返す事に成功。でも、選抜側が劇的に良くなったわけではないのですが・・・そう、なでしこジャパンは明らかにスタメンメンバーと控えが入ってからの力の差は歴然。なんというか、個々人の自信が違うのかなと見受けられるような。そこをついた交代選手の木龍選手のクロスからの得点でした。
なでしこジャパン側はその後、大野、澤が交代で退くと、ますますチーム全体に落ち着きを感じなくなる状態。前半は憎いくらいのチーム落ち着きぶり、選手ひとりひとりの自信に裏付けられた余裕が見られたのに。主力選手の存在の大きさを目の当たりにしました。
このまま予選に突入し、何らかの理由で澤が出場できなくなった場合には、どうするのか?ま、監督もなにか考えているでしょう。

その落ち着きのなくなったチームにあっても、さすが代表陣。個々の能力は高い。途中交代で入って来たアッサーノ(永里妹)なんかも、アピールする気満々で積極的にゴール前に入り込みます。
ゴール前でなんとか踏ん張るなでしこ選抜。追加点はなんとか許しません。こちら側(アウェイ)のゴールにはボールが入らないような仕様にでもなっているのか?という展開もありましたね。
一番ヒヤヒヤしたのが、ツッチーがゴールそばで、ボールを奪われたとき。ウチの選手が失点に絡むっ!と思ってしまいました。

そんなこんなのなでしこ選抜チームは、ようやく小林弥生が投入され、中盤にリズムが出はじめることに。ヤナギのプレーにも落ち着きが出て来たかな。
でも、一番目立っていたのは、左サイドを切り裂く木龍選手。ゴールへの意識高く。なでしこジャパンのディフェンスラインを脅かします。客席からも、アレは誰だ?名前読めないけど、スゴいねなど言われていました。
なでしこリーグにも見に来てくれれば良いですね。木龍選手は、ベレーザ所属ですよ。
試合終了間際に、選抜チームは3枚替え。オールスターの代わりの試合でもあることを星川監督も忘れてなかったようでね。
そして、魅せてくれました我らがやのきょん!盛り上げどころを心得ている。なんと終了間際にPK献上。ジャッジが怪しいということもありやなしや。それを言えば、前半のなでしこジャパンが得点したFKのときも怪しかったしね。このPKを交代したばかりの狭山の渡辺選手が決め、スコアは3−2に。チャリティーマッチとしては良い感じのスコアになりました。正直、この渡辺選手は、もう少し早く投入してほしかった選手なのですが、星川監督にあまり評価されていなかったのでしょう。
そのままのスコアで試合終了。監督や澤選手の楽しい?挨拶もあり、なごやかでややグダグダな中、みんなでスタジアム一周して終わり。ノリオコールがまきおこるなど、チャリティーマッチにふさわしい終わり方でした。試合以外のところでは、こういう雰囲気大事です。殺伐とするのは、一部の公式戦だけでいいでしょ。
b0162674_13285335.jpg

ともかく雨が弱くて助かりました。
ぎりぎりに到着したので、各チームのブースが見れなかったのが残念・・・
かろうじて浦女のブースだけのぞいて、安田選手の浴衣姿を確認。サインをいただきました。
もちろん、浴衣姿は素敵でしたが、安田選手のポテンシャルを考えるとピッチにいないとね。がんばってください。
b0162674_13325147.jpg


最後に、川澄選手の人気がワールドカップ以降スゴいですが、人気出るのもわかるな。
柏木選手に似ていると言われてましたが、プレースタイルは違えど、最後まで走りまくる姿は似ているのかもね。なでしこの太陽になれるか。好感の持てる選手でした。(今年の元日の時点では大嫌いでしたがw)


▽東日本大震災復興支援チャリティーマッチ
 ▽2011年8月19日 ▽国立競技場▽観衆 22049人  ▽主審 深谷 悦子
なでしこジャパン 3ー2  なでしこリーグ選抜
前15分 近賀(神戸)               後4分 菅澤(新潟)
前18分 川澄(神戸)               後46分 渡辺(狭山)
前23分 阪口(新潟) 
[PR]
by lifewithreds | 2011-08-27 13:35 | 女子サッカー