紳士的なブログです

by suzukick

カテゴリ

全体
浦和レッズ
浦和レッズレディース
サッカー
日々の泡
なでしこリーグ
スフィーダ世田谷
女子サッカー
海外女子サッカー
フットサル
未分類

以前の記事

2016年 06月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

リンク

フォロー中のブログ

NAKAZAWA SCの...

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧

カテゴリ:浦和レッズレディース( 123 )

負けて(引き分け)いい戦いはない!

なでしこリーグの戦いで負けて(引き分け)いい戦いはない!
残念な結果だし、応援していただいたサポーターの方々には
本当に申し訳なく思っています。


1−1で高槻と引き分けたジェフレディースの監督、ジャンボさんがブログ(http://blog.livedoor.jp/jefstaff/)で書いた言葉です。

まあ、なでしこリーグに限らずどんな勝負事でも同じなんでしょうがね。特に試合数の少ないなでしこリーグでは、勝ち点を取れないことが大きく影響してきますから、監督としてのリアルな気持ちでしょうね。

負けにも色々ありますから、たとえば負けちゃいけなかったさいたまダービーで大宮に負けてしまった浦和男子トップ。非常に悔しくてたまりせん。相手の状態がどうであれ、大宮に負けるのはホントに嫌。
でもね、それでもチームに対する信頼は揺らがないですよ。ここまでしっかりとサッカーでビジョンを見せてくれているから。ブレない道を示してくれているから。
選手達もこのやり方で強くなるとハッキリ心に決めているようだしね。悔しい敗戦から這い上がる気持ちを持ったチームだってわかるから。

これがそういったものも見えない敗戦だったとしたら・・・

「浦女発足より初の4連敗を喫してしまいました。」(浦女amigaのブログより)だそうですよ。
勝てないのも辛いけど、勝とうとしている意志が伝わってこないのがもっと辛い。
去年感じた窮屈さが今も変わらず、いや増幅しているように思える。

負けようと思ってサッカーしている選手などいない。それはそうでしょう。でも、相手だって同じだよ。
「絶対に勝つんだ」という意識まで全員が到達してるかね?相手より上回っているかね?
精神論で勝てりゃ世話無いよと良く言うけど、精神論って難しいよ。たらたら練習してても身に付かないもん。確かに、気持ちだけですんなり勝てるわきゃないけどさ、気持ちでなんとかできる場面ってのもあると思うよ。

やれ補強が必要だ、監督を更迭すべき、引退した選手や海外移籍した選手を呼び戻せ。色々と言われていますよ。これらの意見に賛同はしませんが、言われても仕方ないよなとは思う。
言われて悔しければ、プレーで見返せ。馬鹿にしたような物言いをねじ伏せてみろ。

もちろん、選手達だけで全て解決はできないとは思うよ。でも、まだまだできることあるはずだ。
結果、降格したとしてもつき合い続けたいと思わせるチームになって欲しい。

浦女の話でした。
[PR]
by lifewithreds | 2013-04-22 22:19 | 浦和レッズレディース

暮らしとぽっぽ ベレーザ戦試合以外のお話

色々とあったというか、何にもなかったベレーザ戦。試合以外を振り返ります。

最大の盛り上がりは、後半に突風に煽られた浦和側ベンチが派手に移動したこと。サブの選手やコーチ陣が必死になって押さえたものの、かなり移動してしまいました。
サブの選手がアップしている所に直撃だったら怪我人出ますよ。2度と無いように願います。

その際、ダルマもコロコロ転がってしまいましたが、後藤三知選手がすぐに救出してくれ(座布団も)、しばらく抱えて試合を見ている姿は、なんとなく微笑ましく和む光景でした。最初にダルマを拾うところもさすが三知!

試合後のファンサは、ぽっぽちゃんこと坂本理保選手(背番号2)。開幕戦では、ポストカード配布がなかったので今年はやらないのかと思ってました。

b0162674_1304382.jpg


しかし、いつも思うのですが、ぽっぽは小顔だよねえ。

その一方で次節以降のチケット販売ブースには、浦女最強の売り子「猶本光」選手がいたそうで、こちらもかなりの待機列だったとか…
クラブもようやく商売に本腰を入れたのか、人選はバッチリ( ´∀`)b 1試合あたり2枚お買い上げで握手。5枚でサインというサービスも(脚色です

さて、我々サポーターも本日の敗戦を胸にしっかり刻み反省せねばなるまいと反省会を決行。
場所は浦和駅東口にある「炭火焼鳥家 ちきちき」。
ちなみに、浦和イーストゲートコミュニティ加盟店では浦和レッズレディース応援企画をやってくれています。ありがたいことです。例をあげると、ちきちきさんでは串2本がサービスでした(^^)v

さて、店に入ると某人気ブロガーさんが既に飲んでおりました。その後、太鼓やトラメガ、旗竿などで武装した怖い赤い人達(緑もだね)も合流し、店内は貸切のような状態に(゚д゚)!
いやあ~有意義な時間でしたな。
あ、レッズレディースサワー(アセロラ味)は飲みやすいので危険です^^;

b0162674_20164929.jpg

[PR]
by lifewithreds | 2013-04-15 17:36 | 浦和レッズレディース

ふと気づけば3連敗 なでしこリーグ2013 第4節vsベレーザ

アウェイ2連戦を終えて駒場に戻ってきたレッズレディース。
ここまでのスタートフォーメーション4-4-2から、これまで主に後半から採用してきた吉良1トップの4-2-3-1に変更し日テレ・ベレーザを迎え撃ちます。

ベレーザと言えば言わずと知れた名門ですが、浦和同様メンバーの顔ぶれも変わり若い選手が出場しています。ヤングなでしこ、リトルなでしこで活躍した選手達がスタメンに名を連ねていました。

プレナスなでしこリーグ2013第4節
2013年4月13日(土) 13:04キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズレディース 0-1(前半0-1) 日テレ・ベレーザ
得点者
31分・PK:田中(ベレーザ)

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 池田
DF 石井、坂本、高畑、齊藤
MF 岸川、藤田、安田、柴田、後藤(77分堂園)
FW 吉良(84分栗島)
(SUB)
田尻、竹内、泊

入場者数:2,116人


田中美南を捕まえきれずに献上したPKでの1点が決勝点となるなんとも見所の少ない試合でした。
1点を追う白熱した好ゲームとならなかったことは残念です。

確かにジャッジにちょっと不可解な部分はありました。
負けた原因をそこに求めることは簡単なことだし、気持ちも楽になるのかもしれません。
ただ、勝てなかった理由はジャッジにないことは間違いなしです。勝てない理由は明らかにチームにあります。

ベレーザの方も特に好調というようにも見えませんでしたが、局面ではきっちり浦和のキーマンをつぶすなどしっかりと守備をし、勝つべくして勝ったなという印象でした。ここが開幕から4連勝のチームであるゆえんでしょう。

浦女はというと、どのように攻撃していきたいのかがサッパリ…
個々人の能力で守り、攻撃しているだけの印象。ボールが入らないからか、1トップの選手がかなり下がってきてボール奪取していたり、マイボールになった時の連動が見られないようでは、なかなかシュートにすら持っていけないのは当然(>_<)
悪い時の浦女の伝統は監督が変わっても引き継がれてしまったようです。
岩倉さんのコラムでスペインと日本のプレーの違いが書かれていましたが、まさに浦女のことだなと思って読んでいたのですが、この試合でもコラムを思い出してしまいました。

『選手はみんな頑張っている、だから拍手で迎えてあげよう。まだ、4試合じゃないか』
このような考えもわからなくはないですが、ホントに拍手でいいの?試合数の少ないなでしこリーグで4試合ってのは、もう4試合なんじゃないの?
監督やスタッフはどうしたいのか選手達に方向性示せているのか、疑問です。連敗でも方向性がハッキリしていての中ならば、この雰囲気になるのかな?ならないのでは?なんだかモヤンとした敗戦でした。
というわけで、試合後の挨拶に来た時は拍手無しで迎えました。

b0162674_1523825.jpg


矛盾しているようですが、その後選手が引き上げていく際には、拍手を送りました。選手を鼓舞する気持ちは伝えたかったからです。

もちろん負けた原因は、監督・スタッフ、選手たちのせいだけではありません。後押しするサポーターの応援はどうだったのか?明らかにチームを乗せてやることはできませんでしたね。ジャッジに対する不満とか罵声ばかり届けてるようじゃ力にはなれないね。こちらも一人ひとりが反省しないといかんのではないかと思います。
[PR]
by lifewithreds | 2013-04-14 15:41 | 浦和レッズレディース

浦女 あの人は今

サッカー選手が現役でいられる時間は人生の中でほんの僅かな時です。
できれば、現役引退後もサッカーに関わる仕事などにつければいいのでしょうけど、なかなか難しいんでしょうね。

と前置きはこのくらいにして

昨日(4/10)から元浦女の木原梢さんがパーソナリティを務めるラジオ番組が始まり、懐かしい気持ちになりましたので、レッズレディースに所属していた選手たちのその後をまとめてみようかなと。
今回は、サッカーに関わる進路を取った人を対象にします。
なお、なでしこリーグやチャレンジリーグの他チームに移籍した方は除きます。

岩倉三恵さん(‏@IMitsu0818 )
スペイン女子サッカーリーグのアトレティコ・マドリードで活躍中。
現在、リーグは終盤戦を迎えております。首位とは勝ち点5差の3位。優勝争いを繰り広げているところです。

田代久美子さん
栃木SCレディースの監督をされています。

矢野喬子さん
神奈川大学女子サッカー部のコーチに就任との報道がありました。

柳田美幸さん
浦和レッズホームタウン・普及部に勤務しています。

法師人美佳さん
埼玉県サッカー協会女子委員会の委員を務めています。

フットサルチームSAICOLOのみなさん
木原梢さん、北本綾子さん、笠嶋由恵さん、高橋彩子さん、堀田えり子さんが活躍しています。
木原さんと、北本さんは女子のためのサッカースクール「モアスマイルズ」でも活動中。

若林エリさん
神戸のフットサルチーム「arco-iris KOBE」で活躍中。今、タイでサッカーしてるみたい?

あまり情報が無いもので思いつくのはこんな感じ。他にもいらっしゃるかもしれませんが、ご勘弁を^^;
[PR]
by lifewithreds | 2013-04-11 12:58 | 浦和レッズレディース

You're The REDS水曜日担当はこずさんだよぅ

浦和区のミニFM「REDS WAVE」。浦和サポにはおなじみですよね。
平日夜7時から放送している浦和レッズの情報番組「You're The REDS」の水曜日を元浦和レッズレディースの木原梢さんが担当するそうですよ~

こずさんは、現在女の子のためのサッカースクール「モアスマイルズ」を同じく元浦和レッズレディースの北本綾子さんと立ちあげ勢力的に活動しています。

また、フットサルチームSAICOLOでもプレーヤーとして活躍中です。
ちなみにSAICOLOには他にも元浦女の選手(笠嶋由恵、高橋彩子、北本綾子、堀田えり子)が在籍しています。

引退後もOGが埼玉で活動してくれるのは嬉しいものです。
[PR]
by lifewithreds | 2013-04-09 13:15 | 浦和レッズレディース

開幕戦おまけ 暮らしと和田ちゃん

昨日の試合後の後藤キャプテンの挨拶の後、なぜか和田選手にもトラメガが渡され非常に戸惑う姿が微笑ましかったのでアップします。
b0162674_1513965.jpg


日頃のご愛顧に対する感謝の気持ちです・・・なんてw
[PR]
by lifewithreds | 2013-03-24 19:00 | 浦和レッズレディース

2013シーズン開幕。そして初勝利

ついに開幕した2013プレナスなでしこリーグ。
浦和レッズレディースは、ホーム駒場にスペランツァFC大阪高槻を迎えての開幕となりました。

b0162674_14391275.jpg


高槻とは昨年、ホーム(鴻巣)では勝利しましたが、アウェイでは敗戦しているチーム。
舐めてかかると痛い目に遭うことはわかっていました。
で、結果は下記のとおり

2013年3月23日(土)13:01キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズレディース 3-0(前半1-0) スペランツァFC大阪高槻
(得点者)
6分:藤田(浦)
68分:安田(浦)
71分:後藤(浦)

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 池田
DF 石井、坂本、高畑、齊藤(→90分 和田)
MF 柴田、岸川、藤田(→84分 栗島)、加藤(→73分 吉良)
FW 安田、後藤
(SUB)
田尻、竹内

入場者数:2,629人


サプライズとしては、スタメンにユースの石井咲希を右サイドバックで起用したことでしょうか。
その石井は固さもありぎこちないプレーを見せる部分もありましたが、周囲のフォローもあり、なんとか無事に役目をこなしていました。最後までプレーさせたところを見ると監督も期待して経験をつませているのだと感じます。

試合内容に関しては、終始浦和が高槻を圧倒していたわりに3点止まりかというところも多分にありました。いけるときに得点しておくことがリーグタイトルを狙う際には重要ですのでね。
噂のタイ人選手のスピードは脅威でしたが、組織として浦和が破綻するところもなく(いつもの自滅パターンはありましたが)、まあ危なげ無い勝利ではありました。
ただし、手塚監督が試合後のインタビューでもおっしゃっていましたが、プレーの精度がまだまだ足りないのは事実です。
今日もCBからのロングフィードやボランチからの縦パスなど積極的な攻撃がありましたが、狙いはわかるが、残念・・・と言ったシーンも数多く見られましたので、実力が拮抗した相手との闘いの際にこの辺りが肝となりそうです。

と固い話はここまで。
温泉賞(プレイヤーオブマッチ)は先制点(今季なでしこリーグの開幕ゴールでもある)をあげた藤田のぞみ選手。インタビューでは謙遜していましたが、こぼれてくるところにいるポジショニングも彼女の実力です。得点シーン以外でも攻守に渡り活躍していましたので、納得の受賞かな。ただし、後藤キャプテンなど他にも受賞にふさわしい選手もいたので、1人に絞るのは大変だったかもしれません。
b0162674_14441457.jpg


正直、開幕前にはいろいろな思いがよぎりなかなかモチベーションがあがらなかったのですが、スタジアムに来ればそんな悩みなどすぐに吹っ飛びました。応援したいと思える浦女の姿が戻ってきたような感じです。
まだ、1試合しかこなしていないので判断するのには早いかもしれませんが、昨年まであったミスを恐れる心が薄くなったような気がします。
先に、ロングフィードの精度が低い的なことを書きましたが、狙い自体ははっきりしていました。昨年は蹴るべきところで蹴ることすらしていませんでしたから。
また、ミドルを狙う回数や、局面での気迫も感じることができたのは収穫です。後半かなり高槻もプレーが荒くなってきましたが、浦和も臆すること無く闘うことができていたことは素晴らしいことです。
ここの部分は次節千葉戦で真価が試されるのかなと思っています。千葉はどちらかというと苦手なチームスタイル。おそらく負けないためのサッカーに特化して全力であたってきます。しかし、昨日のような闘いぶりなら千葉の思惑にはみすみすはまらないでしょう。次節がとても楽しみです。

試合後は、後藤新キャプテンがスタンドにむかってご挨拶。先代の矢野キャプテン就任時はとても固くなっていましたが、後藤三知キャプテンは堂々とハキハキとしゃべる大物ぶりを発揮しました。まじめな選手であることは知っていましたが、ずいぶんしっかりしてるなと改めて感心。
b0162674_1514132.jpg

ちなみに三知はサポーターに対しても、とても誠実に対応してくれます。ファンが多いのもうなずけますね。

最後に、2,600人もの観客を動員できたことはとても素晴らしいことです。INACの動員が落ちたとニュースになりましたが、女子サッカーブームはそろそろ爆発期を終えています。しっかりとファンを離さない方策を代表頼りでなくクラブ主導で考えていかなければなりません。幸い、今年の浦和は色々と考えているようですので期待しています。
また、ゴール裏(相当部)に男子トップチームサポーターと思われる方が多数参加してくれるようになりました。応援の声が太くなり、迫力も増しますのでたいへんありがたいことです。
しかし、なでしこリーグにはブーイングはそぐいません。所属選手のほとんどがアマチュア選手(高校生だっています)の女子サッカー。同じサッカーでもJリーグとは成り立ちも、選手の立場も観客層も違うのです。
私も浦和男子チームの試合ではブーイングすることもあります。けしてブーイング否定派ではありません。ただ、女子サッカーにはブーイングは不似合いだと思ってはいます。
そこをご理解いただき、ブーイングでなく声援でともに応援できたら嬉しいなと思います。
[PR]
by lifewithreds | 2013-03-24 15:10 | 浦和レッズレディース

サポーターミーティング in 駒場

いよいよなでしこリーグ開幕が明日となりましたね。
試合前にサポーターミーティングがあるとのことですので、お知らせします。以下、浦女Amigaのブログから

明日のホーム浦和駒場での開幕戦。
サポーターミーティングを行います。

時間:12:00
場所:2階コンコース(座席ブロックF~H後方の階段下/5~6ゲートの間)
内容:浦女Amigaメンバー紹介、選手チャント練習等
※時間、場所は予定です。当日の状況により変更する場合があります。

声を出しての応援をされる方、メインスタンドでの観戦の方、どなたでも歓迎です。
是非ご参加ください(o^△^o)
+++

浦女Amigaのブログ(http://ameblo.jp/uj-amiga/

わたしは、どんな人たちがメンバーで応援をリードしていくのか気になるので、参加してみようと思っています♪( ´θ`)ノ
[PR]
by lifewithreds | 2013-03-22 20:56 | 浦和レッズレディース

2013なでしこリーグ開幕といろいろなスタート

いよいよ今週末(3/23)に、プレナスなでしこリーグ2013シーズンが開幕します。
ちなみにチャレンジリーグはちょっと遅れて4/7開幕です。

これに先立ち、日本女子サッカーリーグのサイトがリニューアルされました。
http://www.nadeshikoleague.jp/
過去の試合履歴が見れないなど、いくつかの不具合はあるようですが…

また、プレナスなでしこリーグ/プレナスチャレンジリーグオフィシャルガイドブック2013も既に発売されています。
こちらも誤植が多発してるようで…
まあ、誤植は反省してもらうとしてガイドブックは唯一の選手名鑑なので(雑誌の付録は除く)、観戦のお供にぜひ。
できれば、応援したいクラブのホームゲームでお買い上げいただければいいかなと。

で、開幕戦です。
3/23
浦和:大阪高槻、日テレ:吉備国際、INAC:ジェフ
3/24
湯郷:ベガルタ、新潟:伊賀

このようになっています。注目カードは、皇后杯の興奮再びか、INAC神戸対ジェフレディース。地力ではINACが有利な上、ジェフに負傷者が多いという情報もあります。どこまでチームとして闘いカバーできるかがポイントです。
あとは、ついになでしこリーグに登場、ベガルタ仙台レディース。まあ、ある意味、帰還とも言えますが…
集客の面でもINACに次ぐ人気チームとなれますでしょうか。

で、あまり注目されていないであろう我が浦和レッズレディースの初戦は下記の通り

[ なでしこリーグ2013開幕、第1節vsスペランツァFC大阪高槻 ]
3月23日(土)、浦和駒場スタジアムにて行なわれる『第1節 浦和レッズレディース vs スペランツァFC大阪高槻』の試合情報をお知らせいたします。

2013年3月23日(土)13:00キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズレディース vs スペランツァFC大阪高槻

◆開場:11時30分
ホームチームの応援される方は、メインスタンドを開放致しますので、2ゲートよりご入場ください。
また、ビジターチームの応援される方は、ビジター側サイドスタンドを開放致しますので、20ゲートよりご入場下さい。

◆チケット:11時00分より、20ゲート付近チケット販売所にて販売致します。
全席自由席:高校生以上1,000円(中学生以下無料)/車椅子席1,000円(ヘルパー1名含む)
※当日券販売は、混雑が予想されますので、なるべく前売券をご購入頂きますよう、お願い致します。前売券は、レッドボルテージ、レッズチケット、チケットぴあ各店舗、セブンイレブン、サークルK・サンクスにて販売しております。
※日本サッカー後援会、日本サッカー審判協会会員の方は、当日券販売所にて会員証をご提示頂き、招待券をお受け取りの上、ご入場下さい。

◆スタジアムへご来場の際は、公共の交通手段をご利用いただけますよう、お願い申し上げます。
  
◆喫煙所は、5ゲート・6ゲートの間付近に設置してあります。

◆2階コンコースにインフォメーションを設置しております。
何かお困りの際は、インフォメーションへお立ち寄りください

◆先着2000名様に、マッチデーニュースを配布致します。

※オーロラビジョンは改修工事のため使用できません。


◆【エンジョイ!エアゴール】
50点に入れてレディースポスターをゲットしよう!!
50点に入れた先着30名様に今シーズンのレディースポスターをプレゼントいたします。
場所:スタジアム外1ゲート付近
時間:11時から13時まで

◆ハッピネス ボール プレゼント
今シーズンからレッズレディースの全ホームゲーム(譲渡試合を除く)で、選手のサインが入ったスクイーズボールを5人の方にプレゼントいたします。本日のゲームのハーフタイムに、サインを書いた選手とマッチデーニュースの最終ページの下部に記された番号を抽選で5つ読み上げますので、当選した方は、15時10分に、当選したマッチデーニュースを持ってファンショップまでお越しください。
サインを書いた選手から直接ボールをプレゼントさせていただきます。ぜひ、お楽しみに。

※なお、マッチデーニュースの配布は先着2,000名様となっておりますので、予めご了承ください。

◆「Player of the Match」表彰!
今シーズン、浦和レッズレディースがホームゲームで勝利した場合に、最も勝利に貢献した選手1名を、「Player of the Match」として表彰します。
「Player of the Match」に選ばれた選手には、レディースパートナーのエコ計画の協賛により、薬師温泉旅籠(やくしおんせんはたご)のペア宿泊券が贈呈されます。

◆レッズレディース前売券販売
浦和レッズレディースホームゲームの前売券を販売します。
時間:試合終了後1時間
場所:チケット販売所
席種:自由席一般1,000円

※イベントは変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。


基本的に例年通りの運営ですが、抽選でサインボールが当たるイベントなどが新設されました。良く他チームでは見かけるものですが、女子サッカーとしては良い企画だと思います。

チームは、ベテラン・中堅どころが去り、若返りました。あ、監督も若返りましたね(`ω´)グフフ
今のチームになってから、その姿を一度も見ていませんので恐ろしいような楽しみなような気持ちではあります。
なかなかチームとして形になるまで時間はかかるのかもしれませんが、今年は挑戦のつもりでガンガン行って欲しいです。
一番はサッカーを楽しんでねってことかな。

チームも一新しましたが、サポーターグループも生まれ変わりました。
昨シーズンまで、応援をリードしていたREGが解散し、新しく「浦女Amiga」というグループがスタートするとのこと。

今シーズン、浦女Amigaは「全員・全力・前進」をスローガンにサポートします!
— 浦女Amigaのツイートから (@uj_amiga)

b0162674_1253249.jpg


今後、試合に関する情報や応援、チャントなどに関する情報がTwitterやブログで発信されることと思いますので、浦和レッズレディースに興味のある方はチェックしてはいかがでしょうか?

浦女Amiga(http://ameblo.jp/uj-amiga/
[PR]
by lifewithreds | 2013-03-21 12:40 | 浦和レッズレディース

ネタ枯れ。゚(゚´Д`゚)゚。 トレーニングマッチ「vs 岡山湯郷Belle」の結果

ネタ枯れです。
なでしこリーグの日程が発表になったり、市原での合同TMなどニュースはそれなりにありますが、
現地に行ってない(行けない)もので、なんとなくモヤモヤと…

浦女オヒサルにTMの結果出てましたね。

14日に行なわれました、トレーニングマッチ「vs 岡山湯郷Belle」の結果をお知らせいたします。
<試合結果>45分×2
浦和レッズレディース 2-2 (前半0-1) 岡山湯郷Belle
得点者:13分 岡山湯郷、64分 岡山湯郷、69分 安田、87分 柴田

<浦和レッズレディースメンバー>
【前半】
GK 池田
DF 成合、高畑、坂本、竹内
MF 堂園、岸川、藤田、柴田、加藤
FW 安田

【後半】
GK 池田
DF 和田、齋藤、坂本、竹内
MF 加藤、栗島、藤田、柴田、竹山
FW 安田


この表記で見る限り、安田1トップの4-2-3-1なんですかね。
現地に行った人のレポート読めばわかるかな。
うらじょとかね。

気になるポイントといえば、あやのっぴ、ゆうこりん(byさとちん)がMFで起用されていること。
最近、浦女をご覧になるようになった方々には堂園選手はSBだと思っている方も多いと思います。このところずっとSBでの出場でしたから無理もありません。

が、元々堂園さんはどちらかと言うと前目の選手。2010年全女決勝でのファインゴールなど、攻撃センスが素晴らしい選手です。個人の感想ですが、SBは正直…?と思っていましたので、MF起用は大賛成です。
また、竹山選手もMFでプレーしたことがあったと思います(うろ覚え)。SBで出場した時でも、攻撃が持ち味ですから、面白い起用ではないでしょうか。

ただ、TMはあくまでTMであり、リーグ本番に向けて色々とお試しの期間ですので、蓋を開けたらまったく違った布陣になったりもしますからね。選手たちはしっかりとアピールして頑張ってください。なるべく多くの選手が試合に絡むほうが層は厚くなるものね。
若手しかいないんだから、キャリアは言い訳にできない。
監督も替わり、メンバーの顔ぶれの変わった今年は、チーム全員にとってチャンスをつかめる時ですよ。
[PR]
by lifewithreds | 2013-02-15 12:45 | 浦和レッズレディース