紳士的なブログです

by suzukick

カテゴリ

全体
浦和レッズ
浦和レッズレディース
サッカー
日々の泡
なでしこリーグ
スフィーダ世田谷
女子サッカー
海外女子サッカー
フットサル
未分類

以前の記事

2016年 06月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

リンク

フォロー中のブログ

NAKAZAWA SCの...

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧

【テレビ観戦感想】浦女、INACアウェイ戦

どうみても、この2チームの間には、いかんともしがたい実力差があった。
実力差ってのは、単純な技術の差だけじゃないのは当然で、それはサッカーが技術だけで勝敗が決まるスポーツじゃないってことですよね。

技術面でいえば、例えば浦女の和田奈央子選手。前節でCKでアシストを決めた彼女ですが、この試合でも何本か非常に良いキックを見せていました。技術的にはたいへん素晴らしいものを持っている選手です。
でも、現時点で相手の同ポジションの近賀ゆかり選手に勝てているかというと、そうとは言えないのが事実。
とりわけ一番大きな差は「経験」。大舞台、大きな怪我からの復帰などという経験が得た選手としての幅が大きく違います。

和田選手のみならず、浦女にも世代別代表で活躍している有望な選手は多く、経験も積んでレベルアップを確実にしている途中ですが、今回の相手は、ワールドカップ、オリンピックの修羅場をくぐってきた猛者の集まりです。
INAC神戸の三連覇は伊達じゃないし、日本を代表する選手たちのクオリティは半端じゃない。
解説の高倉さんも言っていたとおり、INACはいくつかある選択肢から選んで攻撃を組み立てられる。浦和は狙った一つの方法しかできない。
チームの成熟度から言っても、これは確かにそのとおりです。
浦女に関していえば、そのチームとしての狙いを明確に表現できるようにようやくなってきたところが現状ですから。大きな進歩の途中にあると言えますが、日本一のチームと比べればクオリティが一段も二段も劣るのは否めないよね…まだ、複数の選択肢を持ち、相手を揺さぶる余裕は無いです。

ただ、サッカーって「技術」、「経験」だけでもないんですよ。だから時折ジャイアントキリングが起きるんでしょ。
見えないけど「気持ち」の強さが大きく左右するスポーツだと思っています。
強いチームでも、慢心、油断があったらどうなるか?弱いチームでも、死ぬ気でやればどうなるか?
勝敗のうちのほんの数%かも知れませんが、影響はあるはずです。
ま、弱くて結果の出ていないチームに気持ちを強く持てという事自体、なかなか難しいことではあると思いますが・・・

で、今回の試合ですが、残留争いの渦中にあるチームが、日本一のチームから勝ち点取ろうと本気で闘っていたように見えました。テレビ中継の画面からでもひしひしと伝わってきた。
局面、局面で差を見せつけられるシーンも多くあったけど、そこで諦めているシーンはなかった。
CBの彩乃が終盤に前線でシュート打ちに行っているシーンに象徴されるように、最後までゴールを狙う気迫はどの選手からも感じられた。

だから、悔しい。INAC相手だから、日本一のチーム相手だから仕方ないとは思えない。
もしかしたら、チームが今年初めのままだったら、悔しいとすら思えなかったかもしれないな。
選手みんなは良く頑張ったよ。立派に闘ってくれたと思う。
でも、それでも今回は差を埋められなかった。
だからみんな、この悔しさを忘れないで。
今季の残留だけがサッカー人生の目標じゃないはず。上のレベルを目指すためにも、よくやったよねだけで終わらせないで欲しいと切に願います。もっとやれる選手たちだからね。

2013年10月19日(土)13:02キックオフ・ノエビアスタジアム神戸
INAC神戸レオネッサ 2-1(前半2-1) 浦和レッズレディース
得点者
3分:吉良知夏(浦女)
20分:ゴーベル・ヤネズ(I神戸)
21分:髙瀬愛実(I神戸)

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 池田
DF 和田、高畑、堂園、坂本
MF 柴田、岸川、藤田(→79分 大滝)、加藤(→86分 安田)
FW 吉良(→79分 齊藤)、後藤
SUB 田尻、石井

観衆:3,418人


そういえば、テレビ解説の高倉麻子さんは、けっこう手厳しいことも言ってました。
たとえば、ヤネズと彩乃の競り合いのシーン。彩乃が当たりに負けて倒れてしまったのですが(その後すぐに立ち上がり追いかけましたが)その瞬間「堂園はここで倒れているようじゃ、上に行けない」という趣旨のコメントを言いました。浦女ファンからすれば、ムカッとする物言いです。
でもね、冷静に考えれば、「乗り越えて一段上のレベルに行け」という言葉であり、それができる選手だと評価されてもいるんじゃなかろうかと。
なかなか、選手に厳しい言葉はかけづらいけど、監督やコーチ陣は愛のある苦言をすることも必要なんだろうなと思った次第です。
b0162674_10184320.jpg

[PR]
by lifewithreds | 2013-10-20 09:58 | 浦和レッズレディース