紳士的なブログです

by suzukick

カテゴリ

全体
浦和レッズ
浦和レッズレディース
サッカー
日々の泡
なでしこリーグ
スフィーダ世田谷
女子サッカー
海外女子サッカー
フットサル
未分類

以前の記事

2017年 09月
2016年 06月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

リンク

フォロー中のブログ

NAKAZAWA SCの...

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧

今季初の連勝! なでしこリーグ 第14節 vsアルビレックス新潟レディース

今季初の連勝だそうで。
引き分けがあったりしたので、連勝はなかったんですね。
リーグ残り5試合にして、ようやく初連勝。スロースターターにも程があるという・・・

今シーズンはまさに紆余曲折のシーズン。迷いに迷って現在に至るというわけです。
吉田監督が就任し、チームに闘う意識と自信を植え付けているとは思いながらも、そう簡単にいくものだろうかとも思っていました。1回の勝利で浮かれすぎてもいけないしね。

湯郷、吉備国際に勝ち、ベレーザと引き分けましたが、苦手なタイプの新潟相手にどう闘っていくのか?
これが非常に重要だと感じていました。本当にチームが「変わった」と言えるのか?真価を問われる一戦だなと。
もちろん、勝ち点で並ぶ直接のライバルでもありますし、相手のGK小金丸選手は、元浦女。燃えていないはずはない。
浦和、新潟の両チームにとって、負けられない重要な闘いでもあります。
b0162674_22244560.jpg


スタメンには東アジア帰りの吉良の名前が((((;゚Д゚)))))))まさか強行出場するとは。
右サイドバックにはこのところと同様に坂本選手が入りました。

新潟は新加入のティファニーがFWで出場。どんな選手なのか?怖いなぁ。
そして、GKは小金丸選手。マルお帰り!選手紹介の時には大きな拍手で迎えられていました。浦和在籍時の彼女の姿を知っていれば、この大きな拍手も納得です。

試合の入りかたは、そんなに悪くなかった浦女ですが、先制点は新潟に。ティファニーの力強いシュートが決まりました。
嫌な流れとなってしまうのか…と思いきや、チームの心はこれっぽっちも折れていませんでした。まずは、追いつくことを目指し必死にプレー。
強行出場の吉良もボールを受けに頻繁に下がってきて起点となる動きを見せ、前線からチェイシングにも力が入っていました。東アジア大会で厳しい闘いを経験してきたことが、とてもプラスになっているように見えました。勝ちたいってのはどういうことなのかを身体から滲み出させているようでした。
そんな想いが実ったのか、前半終了直前に吉良→三知→加藤にわたり同点ゴールに。
とてもいい形でハーフタイムにはいることができました。

後半開始時はメンバー変更無し。
次の一点が欲しい両チームの闘いは激しい場面も出てきました。
判定に異議をつけたとして吉良にイエローカードが出され、同様に小金丸にもイエローが出ました。吉良のケースは長い時間審判とやり取りしていましたので仕方ないのかなと思いますが、小金丸の場合は近付いてくる段階てすでに審判がカードを手にしていたように見えましたので、それはちょっと早過ぎない?と感じましたよ。カード出さないでコントロールして欲しかったところです。

両チーム待望の2点目は、セットプレーから。浦和のコーナーキック。和田が蹴ったボールを堂園が頭で合わせて見事なゴールを決めました。
飛び込んだ彩乃も素晴らしかったのですが、蹴った和田ちゃんのボールがとても良かった。質の高いキックでした。練習の賜物なんだろうな。

リードした浦女は10分後に吉良にかえて石井を投入。なんと5-4-1にして守り切るというメッセージ付の交代策。
終了間際には運度量の多かった加藤から安田。ロスタイムには柴田から泊と。
吉田監督はきっちり交代枠を利用できるタイプなのね、やはり。
このところの浦女の監督さんと違った持ち味ですね。

と言う訳で逃げ切り成功。めでたしめでたし。

2013年10月13日(日)13:04キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズレディース 2-1(前半1-1) アルビレックス新潟レディース

得点者
26分:ティファニー マッカーティー(新潟L)
45分:加藤千佳(浦和)
69分:堂園彩乃(浦和)

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 池田
DF 坂本、高畑、堂園、和田
MF 柴田(→90+2分 泊)、岸川、藤田、加藤(→88分 安田)
FW 吉良(→79分 石井)、後藤
SUB 田尻、大滝

観衆:1,874人

b0162674_1621910.jpg


この試合は、カトチカがヒロインインタビューでも言っていましたが、
「先制されても逆転できるってことを見せることができた」
これにつきます。
先制されると、どう攻撃して良いのかわからずオロオロしているように見えたチームが、球際でも一歩引いてしまうように見えていたチームが…
そんなチームが、先制されても諦めず、慌てずやり切りました。選手たちにとって大きな自信になったのは間違いないことでしょう。単なる残留に向けてというだけでなくね、一歩成長することができたのではないでしょうか。

ただし、ティファニーが思ったより怖くなかったとか、以前と比べて新潟の圧力が弱まってるようなところもあるなど割り引いて考慮すべき点もありましたので、この勝利で油断はしないようにしたいものです。

次は優勝が決まったINAC神戸レオネッサとアウェイ神戸での闘いです。
[PR]
by lifewithreds | 2013-10-14 18:28 | 浦和レッズレディース