紳士的なブログです

by suzukick

カテゴリ

全体
浦和レッズ
浦和レッズレディース
サッカー
日々の泡
なでしこリーグ
スフィーダ世田谷
女子サッカー
海外女子サッカー
フットサル
未分類

以前の記事

2017年 09月
2016年 06月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

リンク

フォロー中のブログ

NAKAZAWA SCの...

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧

【観戦記録】関東女子フットサルリーグ第7節 セウパレータ*A&S 対 Forest ANNEX

しばらくブログを放置している間に、
三知がフクアリでなでしこジャパンとしてピッチに立っていたり、

【国際親善試合】
2013年9月26日(木) 19:15kick off 
フクダ電子アリーナ(千葉/千葉)
なでしこジャパン(日本女子代表)2-0(前半 2-0、後半 0-0)ナイジェリア女子代表

得点者
21分:宮間あや=PK
28分:阪口夢穂

■日本・スタメン
GK/山根恵里奈
DF/岩清水梓、有吉佐織、長船加奈、上野紗稀
MF/宮間あや(C)、川澄奈穂美、阪口夢穂
FW/大野忍、大儀見優季、後藤三知


遠く盛岡の地では、浦女がベレーザと引き分けていたり、

2013年9月29日(日)13:00キックオフ・盛岡南公園球技場
日テレ・ベレーザ 1-1(前半0-1) 浦和レッズレディース

得点者
27分:後藤三知(浦和)
78分:阪口夢穂(ベレーザ)

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 池田
DF 坂本、高畑、堂園、和田
MF 岸川、藤田、柴田(→89分 猶本)、加藤
FW 吉良(→85分 安田)、後藤(→90+1分 齊藤)
SUB 田尻、栗島

観衆:1,131人


今更、吉良の海女ネタが新聞に載ってたりといろいろありました。
あっ、国体ではほぼスフィーダな東京代表が開催地にもかかわらず初戦敗退(色々ぐぬぬだったようですな)してたってニュースもありましたね。

そんな中、盛岡には行けなかったので春日部にSAICOLO(関東女子フットサルリーグ)見に行ってきました。

試合会場のウイングハットまで春日部駅からバスで向かったのですが、これが大失敗。かすかべ温泉とかいうところで降ろされてとぼとぼ徒歩で…
諸事情によりiPhone持っておりませんでしたので、頼みのグーグルマップも使えず…勘に頼りつつなんとか到着。暑かったなあ'`,、('∀`) '`,、

関東女子フットサルリーグ第7節の第一試合の前半終わり頃に会場入り。
セウパレータとForest ANNEXの試合中でした。この時点ではForest ANNEXが1-0でリード。そのままハーフタイムを迎えました。

会場のバックスタンド(というのかな?)側が応援席となっていまして、数名のForest ANNEXの声出し応援(と言っても鳴り物なし、チャント歌うってわけではない)が、チャンスや良いプレーには選手のコールで盛り上げていました。サポーターというよりお知り合いの方なのかな。
セウパレータの方は声出し応援はないものの、横断幕が掲げられていましたね。

後半もForest ANNEXが押し気味に試合を展開。Forest ANNEXは今年昇格してきたチームだと思うのですが、非常に組織的に闘うチームという印象。12番、14番が目立っていたような(うろ覚えです
それに対し、セウパレータは10番を中心に闘志むき出しの熱いプレーを見せるのですが、残念ながら単発。なかなか守備網を崩すことができません。しかも、10番は途中で負傷…かなり痛そうでした。どうも怪我明けだったようでしたね。手術したばかりだとチームメイトが言っていましたから。
レフェリーが担架ですぐ運ぶよう指示するも、セウパレータにはスタッフがいないのか、ちょっとした混乱状態。施設の人に頼んでくれとか、近くの病院にとか聞こえてきました。どうにかやってきた担架に乗せられて10番はピッチ外に。しかし、その後プレーに戻ることはできませんでした。

この時に気づいたのですが、両チームのベンチの様子が随分違うということ。
Forest ANNEX側は、監督・チームスタッフ、交代選手など大勢揃っている(Jリーグやなでしこリーグでのベンチ様子を想像してください)のに対し、セウパレータ側には数人の交代選手がいるのみに見えました。
おや、もしかするとチームの運営に差があるのかな?関東リーグを頻繁に見ているわけではないので、いつもこの状態なのかはわかりませんませんが、選手がゲームのみに集中できる環境にあるのとないのでは、大きな差になるんじゃないかなと思いました。

攻撃の中心となっていた10番を欠いたセウパレータは、2番がチームを鼓舞し続けるも、立て続けに失点。
残り時間5分くらいから、1番を投入しパワープレーに入るも、1点返すのが精一杯でした。
Forest ANNEXは、終了間際にダメ押しの1点を追加。
結果は

セウパレータ*A&S  1 - 4 Forest ANNEX
観客数:72人


となりました。
差はついてしまったものの、最後まで諦めずに闘い続けたセウパレータには拍手を送りました。

いよいよ、本命のSAICOLOの試合です。(長くなったので次回に続く)
[PR]
by lifewithreds | 2013-10-03 15:01 | フットサル