紳士的なブログです

by suzukick

カテゴリ

全体
浦和レッズ
浦和レッズレディース
サッカー
日々の泡
なでしこリーグ
スフィーダ世田谷
女子サッカー
海外女子サッカー
フットサル
未分類

以前の記事

2016年 06月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

リンク

フォロー中のブログ

NAKAZAWA SCの...

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧

ふと気づけば3連敗 なでしこリーグ2013 第4節vsベレーザ

アウェイ2連戦を終えて駒場に戻ってきたレッズレディース。
ここまでのスタートフォーメーション4-4-2から、これまで主に後半から採用してきた吉良1トップの4-2-3-1に変更し日テレ・ベレーザを迎え撃ちます。

ベレーザと言えば言わずと知れた名門ですが、浦和同様メンバーの顔ぶれも変わり若い選手が出場しています。ヤングなでしこ、リトルなでしこで活躍した選手達がスタメンに名を連ねていました。

プレナスなでしこリーグ2013第4節
2013年4月13日(土) 13:04キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズレディース 0-1(前半0-1) 日テレ・ベレーザ
得点者
31分・PK:田中(ベレーザ)

[浦和レッズレディースメンバー]
GK 池田
DF 石井、坂本、高畑、齊藤
MF 岸川、藤田、安田、柴田、後藤(77分堂園)
FW 吉良(84分栗島)
(SUB)
田尻、竹内、泊

入場者数:2,116人


田中美南を捕まえきれずに献上したPKでの1点が決勝点となるなんとも見所の少ない試合でした。
1点を追う白熱した好ゲームとならなかったことは残念です。

確かにジャッジにちょっと不可解な部分はありました。
負けた原因をそこに求めることは簡単なことだし、気持ちも楽になるのかもしれません。
ただ、勝てなかった理由はジャッジにないことは間違いなしです。勝てない理由は明らかにチームにあります。

ベレーザの方も特に好調というようにも見えませんでしたが、局面ではきっちり浦和のキーマンをつぶすなどしっかりと守備をし、勝つべくして勝ったなという印象でした。ここが開幕から4連勝のチームであるゆえんでしょう。

浦女はというと、どのように攻撃していきたいのかがサッパリ…
個々人の能力で守り、攻撃しているだけの印象。ボールが入らないからか、1トップの選手がかなり下がってきてボール奪取していたり、マイボールになった時の連動が見られないようでは、なかなかシュートにすら持っていけないのは当然(>_<)
悪い時の浦女の伝統は監督が変わっても引き継がれてしまったようです。
岩倉さんのコラムでスペインと日本のプレーの違いが書かれていましたが、まさに浦女のことだなと思って読んでいたのですが、この試合でもコラムを思い出してしまいました。

『選手はみんな頑張っている、だから拍手で迎えてあげよう。まだ、4試合じゃないか』
このような考えもわからなくはないですが、ホントに拍手でいいの?試合数の少ないなでしこリーグで4試合ってのは、もう4試合なんじゃないの?
監督やスタッフはどうしたいのか選手達に方向性示せているのか、疑問です。連敗でも方向性がハッキリしていての中ならば、この雰囲気になるのかな?ならないのでは?なんだかモヤンとした敗戦でした。
というわけで、試合後の挨拶に来た時は拍手無しで迎えました。

b0162674_1523825.jpg


矛盾しているようですが、その後選手が引き上げていく際には、拍手を送りました。選手を鼓舞する気持ちは伝えたかったからです。

もちろん負けた原因は、監督・スタッフ、選手たちのせいだけではありません。後押しするサポーターの応援はどうだったのか?明らかにチームを乗せてやることはできませんでしたね。ジャッジに対する不満とか罵声ばかり届けてるようじゃ力にはなれないね。こちらも一人ひとりが反省しないといかんのではないかと思います。
[PR]
by lifewithreds | 2013-04-14 15:41 | 浦和レッズレディース