紳士的なブログです

by suzukick

カテゴリ

全体
浦和レッズ
浦和レッズレディース
サッカー
日々の泡
なでしこリーグ
スフィーダ世田谷
女子サッカー
海外女子サッカー
フットサル
未分類

以前の記事

2017年 09月
2016年 06月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

リンク

フォロー中のブログ

NAKAZAWA SCの...

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧

なでしこいろいろ

なでしこジャパンは、スウェーデンでオリンピックのために。
U-20代表は大阪でワールドカップに向けてそれぞれ頑張っています。

もちろん、こういった強化の取り組みは以前からなされていたのですが…
なでしこジャパンのワールドカップ優勝以降、女子代表(U-20含む)を取り巻く環境は一転。
多くの方がびっくりしているように女子サッカーの試合を地上波でリアルタイムで流すなんてね。
なでしこジャパンの選手の名前だけでなく、U-20の選手の名前もJリーグの選手より知られたりして。既に猶本光選手や田中陽子選手のことを覚えた人多いんじゃないかな。
ただ、女子サッカーの代表は、なでしこジャパンとU-20だけじゃない。もっと下の世代や、ユニバってのもいますよーなんてね。

このなでしこバブルはもっと早くはじけると予想していた人も多いかとは思いますが、
せめてオリンピックまではなんとか頼みますよ。
そして、オリンピックの結果で人気が本物になればいいなと思います。


で本日の試合
▽キックオフ:2012/06/18(月)13:00 | 日本時間:2012/06/18(月)20:00
▽スタジアム:ハルムスタードスタジアム(スウェーデン・ハルムスタード)

なでしこジャパン(日本代表) 1 : 4 アメリカ
(得点者)
モーガン(アメリカ) :3分
ワンバック(アメリカ) :10分
永里 優季(日本):26分
モーガン(アメリカ)  :60分
ワンバック(アメリカ):90+2分

【日本出場メンバー】
GK
1 海堀 あゆみ(INAC神戸レオネッサ)

DF
5 鮫島 彩(モンペリエHSC)
13 宇津木 瑠美(モンペリエHSC)
  →78分 19 髙瀬 愛実(INAC神戸レオネッサ)
16 矢野 喬子(浦和レッズレディース)
  →81分 14 田中 明日菜(INAC神戸レオネッサ)
2 近賀 ゆかり(INAC神戸レオネッサ)

MF
8 宮間 あや(C)(岡山湯郷Belle)
10 澤 穂希(INAC神戸レオネッサ)
  →56分 4 熊谷 紗希(1.FFC Frankfurt)
6 阪口 夢穂(日テレ・ベレーザ)
11 大野 忍(INAC神戸レオネッサ)
  →56分 7 安藤 梢(FCR2001デュイスブルク)

FW
17 永里 優季(1. FFCトリビューネ・ポツダム)
9 川澄 奈穂美(INAC神戸レオネッサ)
  →70分 22 丸山 桂里奈(スペランツァFC大阪高槻)
※交代選手は、必ずしも同ポジションに入ったわけではありません…念のため


途中からしか見ていませんが、アメリカはやはり強いです。ロングボールだけでなく、前からのプレス。素早い攻守の切り替え、あたりの強さ、鋭い出足、安定感抜群のGKとさすが世界No.1チーム。
日本が互角に戦えるようになったのはつい最近の事。
選手達も誰もアメリカを格下とは思っていないのは間違いありません。
実際に今日の試合では、コンディションの不良、テスト的な選手起用と日本側に言い訳要素はあったものの、結局はアメリカが強かったから負けた訳です。

ただ、この結果は佐々木監督の中では織込み済みで、課題を各自(選手だけじゃないかもねえ)に突きつけて、さあどうすると問いを投げかけているのでしょう。
選手達もその点はわかっていると思います。試合後の表情がそれを物語っていました。
それに、今日はボコボコにやられたものの、選手それぞれは、アメリカに対し臆する事無く対峙していました。本番ではどうすればやりかえせるのか、しっかりと修正してくれそうです。

唯一、宇津木選手の怪我が心配ですね。スロー映像ではかなり足が曲がって見えましたので。軽症な事を祈ります。
[PR]
by lifewithreds | 2012-06-18 23:10 | 女子サッカー