紳士的なブログです

by suzukick

カテゴリ

全体
浦和レッズ
浦和レッズレディース
サッカー
日々の泡
なでしこリーグ
スフィーダ世田谷
女子サッカー
海外女子サッカー
フットサル
未分類

以前の記事

2017年 09月
2016年 06月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

リンク

フォロー中のブログ

NAKAZAWA SCの...

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧

浦和レッズレディースホーム最終戦は勝利(対伊賀FC)

試合前のウォーミングアップでヤナギにトラブル発生。気づいた時には、目の前をスタッフとともに通り過ぎるところでしたので、何があったのか詳しくわかりませんが、波乱含みのままキックオフ。
ヤナギ欠場に伴い、急遽庭田選手がボランチで先発。スタメン紹介が一時中断するという珍しい事態となりました。

スタメンを見てみると、当ブログ前回の記事でご紹介した注目選手がことごとくスタメンに入っていなかったり…一押しの吉良選手はベンチスタートでした。ワントップ採用だと、吉良選手のベンチスタートは予想できましたが、ヤナギのアクシデントと岩倉のベンチスタートは読めなかった…
ベンチといえば、良き報せも。ガンちゃんこと荒川選手がベンチ入り!ついにキタ━(゚∀゚)━!
b0162674_193232.jpg

試合はというと、終わってみれば3-0での勝利。
しかし、開始早々の安田選手の先制点以降ジリジリする展開でしたよ。
浦女自慢の左サイドの彩乃・安田両選手からの攻撃はきっちりマークされ、ワントップの後藤選手もしっかり抑えられていました。
そんな中、右サイドハーフで先発出場した柴田選手と1.5列的な位置の藤田選手の攻撃が光りました。ふたりとも上手いし、引かない。体は小さくとも果敢に闘っていました。
右サイドといえば、サイドバックの齋藤あかね選手もうまかったなあ。前節アイナック神戸戦では、なでしこジャパンの川澄選手とマッチアップして奮闘していましたが、今節はやや余裕があるのか、落ち着きのあるプレーを見せ、ただ守備するだけでなく攻撃につなげていこうという意思がみてとれました。CB2戦目のツッチーとの相性も良さげ。全体的にディフェンスラインは安定していたように思えます。GKの池田選手との意思疎通がちょっとズレている場面もありましたが、すぐに矢野キャプテンが修正していました。ただ、やはり左サイドがちょっと弱いかなあ…
前半は、浦女がそれなりに攻撃するも膠着状態が続きました。見せ場は、庭田選手のポストを叩いたシュートぐらいですかねえ。
それにしても、伊賀の宮本選手はさすがだったなあ。かなり広い範囲で浦女の攻撃を潰し、攻撃の起点となっていたものねえ。
ジリジリドキドキしつつ前半終了。はたしてこのまま後半も緊張感漂ってしまうのか。
後半スタート時は前半と同じメンバーでしたが、最初の交代は庭田→吉良。追加点を取りにいくということですね。
庭田選手は久しぶりの公式戦ということで試合勘が今ひとつではありましたが、急遽のスタメンであるにも関わらずボランチでバランスを取りました。個人的には庭田選手は前目をやるよりこの位置の方がいいプレーをすると思っています。岸川選手と連携とれるようになるといいコンビかもしれないな。

吉良選手は、交代で入って早々にボールに絡むなどしてゴールを狙う気満々でしたが、なかなか難しいところ。ゴールか!と思いきやオフサイドという惜しいシーンもありました。チャント歌いかけた・・・
さて、どうする?というところで前半から走りまくっていた安田選手から岩倉選手に交代。
右サイドハーフの柴田選手がいい動きをしていたので、岩倉選手の入れどころが難しいだろうなと思っていたのですが、何度か倒されたりもして疲労している安田選手との交代とは。この交代で中盤が再び活性化。
そして、その7分後最後のカードを切ります。久々の登場、荒川選手!
交代のカードは全て攻撃的な選手。1−0での逃げ切りは考えていないという監督のメッセージですね。

さすが、荒川選手。存在感は圧倒的。ボールは収まるし、ポジショニングも抜群。そうなると俄然活きて来たのが吉良選手。ゴールだけに集中できます。荒川選手が入ってすぐに追加点をゲット!
その後も、残り10分ではありますが、守りに入る事無く攻め続けました。時間稼ぎに入った試合もありましたが、ホーム最終でもあるし、全女につなげるといった意味もあったのでしょうか。
終了間際に、またしても吉良!このゴールでPlayer of the Matchもゲット!

<試合結果>
2011年11月12日(土)14:00キックオフ・埼玉スタジアム2002

浦和レッズレディース3-0(前半1-0)伊賀フットボールクラブくノ一
得点者:5分安田、80分・89分吉良

<浦和レッズレディース・スターティングメンバー>
GK:池田
DF:土橋、矢野、堂園、齋藤
MF:藤田、安田(70分岩倉)、岸川、柴田、庭田(59分吉良)
FW:後藤(77分荒川)
SUB:山郷

入場者数:1824人


試合終了後には、ホーム最終節ということで簡単なセレモニーがあり、監督、キャプテンともに全女への意気込みを語っていました。

b0162674_193299.jpg

b0162674_1935747.jpg


最後は、選手全員でのお見送り。
単純なイベントかもしれませんが、ポスターやグッズ配布よりも良かったと思います。
なんと言っても、選手から直接「ありがとうございます。また応援お願いします」と言われれば、このチームを応援しようって気になりますからね。この距離の近さがなでしこリーグの魅力でもあるからね。こういうところからWe are REDS!という空気は生まれてくるんだろうねえ。
特に初めてなでしこリーグに来た人なんかには印象に残るはず。来たときにはあまり選手の事を知らなくても、試合とふれあいで親近感がわいてリピーターになってくれるんじゃないかなあ。
試合後に全選手が参加というのは難しいかもしれませんが、たまには、こういう機会を作ってもらえるといいなと思います。
[PR]
by lifewithreds | 2011-11-14 19:24 | 浦和レッズレディース