紳士的なブログです

by suzukick

カテゴリ

全体
浦和レッズ
浦和レッズレディース
サッカー
日々の泡
なでしこリーグ
スフィーダ世田谷
女子サッカー
海外女子サッカー
フットサル
未分類

以前の記事

2016年 06月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月

リンク

フォロー中のブログ

NAKAZAWA SCの...

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

スポーツ

画像一覧

なでしこチャリティーマッチ その2

前回の続きです。
前回のあらすじ(前半で早くも3−0とリードされたなでしこ選抜、いったいどうする?)

さて、なでしこジャパンリードで迎える後半。
代表側は、岩清水や海堀を交代し、テスト体制に入ったのか。予選の初戦には岩清水選手は出れませんから、実戦で試しておこうということなんでしょう。残念ながら、ワールドカップで出番のなかった我らがやのきょん、アピールのチャンスじゃないの。
あと、丸山さんも交代しましたが、いわしや海堀と比べ、固定スタメンではないのでね。ちょっと意味合いが違うのかな。
選抜側は、木龍と米津を投入。一部スタンドで期待されてた小林弥生の投入はまだでした。

すると、後半開始4分で、選抜側1点返す事に成功。でも、選抜側が劇的に良くなったわけではないのですが・・・そう、なでしこジャパンは明らかにスタメンメンバーと控えが入ってからの力の差は歴然。なんというか、個々人の自信が違うのかなと見受けられるような。そこをついた交代選手の木龍選手のクロスからの得点でした。
なでしこジャパン側はその後、大野、澤が交代で退くと、ますますチーム全体に落ち着きを感じなくなる状態。前半は憎いくらいのチーム落ち着きぶり、選手ひとりひとりの自信に裏付けられた余裕が見られたのに。主力選手の存在の大きさを目の当たりにしました。
このまま予選に突入し、何らかの理由で澤が出場できなくなった場合には、どうするのか?ま、監督もなにか考えているでしょう。

その落ち着きのなくなったチームにあっても、さすが代表陣。個々の能力は高い。途中交代で入って来たアッサーノ(永里妹)なんかも、アピールする気満々で積極的にゴール前に入り込みます。
ゴール前でなんとか踏ん張るなでしこ選抜。追加点はなんとか許しません。こちら側(アウェイ)のゴールにはボールが入らないような仕様にでもなっているのか?という展開もありましたね。
一番ヒヤヒヤしたのが、ツッチーがゴールそばで、ボールを奪われたとき。ウチの選手が失点に絡むっ!と思ってしまいました。

そんなこんなのなでしこ選抜チームは、ようやく小林弥生が投入され、中盤にリズムが出はじめることに。ヤナギのプレーにも落ち着きが出て来たかな。
でも、一番目立っていたのは、左サイドを切り裂く木龍選手。ゴールへの意識高く。なでしこジャパンのディフェンスラインを脅かします。客席からも、アレは誰だ?名前読めないけど、スゴいねなど言われていました。
なでしこリーグにも見に来てくれれば良いですね。木龍選手は、ベレーザ所属ですよ。
試合終了間際に、選抜チームは3枚替え。オールスターの代わりの試合でもあることを星川監督も忘れてなかったようでね。
そして、魅せてくれました我らがやのきょん!盛り上げどころを心得ている。なんと終了間際にPK献上。ジャッジが怪しいということもありやなしや。それを言えば、前半のなでしこジャパンが得点したFKのときも怪しかったしね。このPKを交代したばかりの狭山の渡辺選手が決め、スコアは3−2に。チャリティーマッチとしては良い感じのスコアになりました。正直、この渡辺選手は、もう少し早く投入してほしかった選手なのですが、星川監督にあまり評価されていなかったのでしょう。
そのままのスコアで試合終了。監督や澤選手の楽しい?挨拶もあり、なごやかでややグダグダな中、みんなでスタジアム一周して終わり。ノリオコールがまきおこるなど、チャリティーマッチにふさわしい終わり方でした。試合以外のところでは、こういう雰囲気大事です。殺伐とするのは、一部の公式戦だけでいいでしょ。
b0162674_13285335.jpg

ともかく雨が弱くて助かりました。
ぎりぎりに到着したので、各チームのブースが見れなかったのが残念・・・
かろうじて浦女のブースだけのぞいて、安田選手の浴衣姿を確認。サインをいただきました。
もちろん、浴衣姿は素敵でしたが、安田選手のポテンシャルを考えるとピッチにいないとね。がんばってください。
b0162674_13325147.jpg


最後に、川澄選手の人気がワールドカップ以降スゴいですが、人気出るのもわかるな。
柏木選手に似ていると言われてましたが、プレースタイルは違えど、最後まで走りまくる姿は似ているのかもね。なでしこの太陽になれるか。好感の持てる選手でした。(今年の元日の時点では大嫌いでしたがw)


▽東日本大震災復興支援チャリティーマッチ
 ▽2011年8月19日 ▽国立競技場▽観衆 22049人  ▽主審 深谷 悦子
なでしこジャパン 3ー2  なでしこリーグ選抜
前15分 近賀(神戸)               後4分 菅澤(新潟)
前18分 川澄(神戸)               後46分 渡辺(狭山)
前23分 阪口(新潟) 
[PR]
by lifewithreds | 2011-08-27 13:35 | 女子サッカー